陰謀論

20171215(金曜日:晴れ)

s_20171215

伊豆湯ヶ島温泉です。

■今朝もどうした訳か目覚まし時計に気づきませんでした。確認したら、もう6時前でした。結局走ることはなく、月の半分で、まだ40キロほどしか走っていません。これは、まずい状況です。LSDを嫌でも組み込まないと目標が達成できそうにもありません。

来週は北海道へスキーに出かけますから、今月はアテロームの切開手術と術後の管理の2つが走る機会を減らしています。致し方ありません。状況に柔軟に対応するしかありません。

■東京新聞の朝刊4面の「視点」には、ロシアのプーチン大統領の大統領選挙への出馬に関して解説しています。「発展を阻む根深い欧米不信」と題されています。300年間のロマノフ王朝では、何とかして欧州一流の大国として認知してもらうことを目指していたが、プーチン氏の欧米感は全く違っていて、

ロシアを弱体化しようと攻撃を仕掛けている、という根深い陰謀論だ

と、いうのです。そして人的資源にも恵まれたロシアの発展を阻害してきたのは、こうした発想なのだ、と結論づけています。

何も知らないで読むと、なるほどなるほどと頷きそうなのですが、田中宇さんの記事を読んでいる私には、いささか奇異に感じます。シリア内戦の解説もそうでしたが、マスコミの解説と実態は、まるでアベコベでした。マスコミの解説はアメリカが平和を目指しているのにロシアが邪魔をしている、でした。

「知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書) Kindle版矢部宏治  (著)」という本を読んでいます。この本を読んでいるとマスコミの説明は、全く核心を外していることが分かります。まさに隔靴掻痒の感です。肝心なことに触れていません。この点を日本国民が理解し変革を真に望まない限り、日本の近代が正常化することも、さらにそれを超えることもできないように思えます。

広告

次年度

20171214(木曜日:晴れ)

s_20171214

伊勢神宮の、ある路地裏です。情緒がありますね。

■今朝は走るつもりが、寝過ごしてしまいました。夜中にいったん目が覚めて、しばらく寝付けませんでした。それが寝過ごしの原因です。気づいた時には午前5時59分でした。そのまま起き出しました。コーヒー一杯とNonちゃんが買ってきてくれた名古屋のパン一切れで朝食を済ませました。

■昨夜は仲良し三人組でディナーを楽しみました。山秋先生、そして瀬尾先生です。いつものことながら山秋先生には、色々助言を頂いています。もともと学究肌で勉強家の先生ですので、知らない人は、ちょっととっつきにくい人だ、と勘違いされるようですが、本当は、とてもユーモアがあって温かい人柄なのです。

何くれと無く送ってくださる便りに込められたユーモアには、いつもSunと二人で腹を抱えて大笑い。でも普段診療する先生は、ビシっと決めたネクタイ姿で、本当にお医者様、という風情。その落差が先生らしいのです。

次年度から静岡県眼科医会の副会長を私が仰せつかり、お二人の先生にはご指導を頂かなくてはならないことになり、こんな会を急遽準備したのです。助けてもらうしかありません。

楽しい夕食会も終わり沼津駅で電車を待っていると、思わぬ人と出くわしました。大村さんです。沼津市商工会会長として八面六臂の活躍をしている大村さんは、ロータリークラブで大の仲良しでした。会長職が忙しくてロータリークラブは残念ながら離れることになりましたが、その後の活躍ぶりは以前のままです。

活力一杯の様子は、少しも変わりません。沼津の未来を熱く語る様子に、一緒に激論を交わした昔々を思い出して懐かしいばかりでした。また来年一緒に一杯やりながら語り合いましょう、と別れました。本当に楽しみです。

新たなスタート

20171213(水曜日:晴れ)

s_20171213

■月曜日にアテロームの提出手術を受けてから走ることは止めています。昨日はガーゼ交換に昼休みに出かけました。幸い経過は順調ですが、金曜日に診察を受けて許可が出てば、創を閉鎖する方向になります。

■昨日はTakuから連絡があり、司法修習の最終試験に無事に合格したとのこと。来年から、いよいよ弁護士として仕事に就くことになりました。思えば長い道のりでした。法科大学院に入ると決心してから一年間準備をし、法学部出身ではありませんから入学してから三年。そして三回目の挑戦で司法試験に合格ですから、6年間プラス一年の修習となります。

高校時代からの念願でしたが、気持ちが切れずに挑戦を続けてきたことに、我が子ながら本当に頭の下がる思いです。これからどんな人生が待っているのか、私には想像もできませんが、持っている力を発揮して社会のために貢献してほしい、と願っています。

 

長い晩年

20171212(火曜日:晴れ、強風)

s_20171212

雪の十勝平野です。

■昨日から強い風が吹いています。天気予報では、

日本付近は強い冬型の気圧配置となるため、北日本や日本海側では13日(水)にかけて大荒れの天気となる。海上を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込みだ。
また長い時間、雪が降り続くことで平野部でも大雪になるおそれがあり、交通機関が大きく乱れることが予想される。猛ふぶきによる交通障害や高波に警戒し、大雪やなだれにも警戒・注意が必要だ。

と、なっています。この時期、こうした強風が吹いていると日本海側では大雪のことが多いのです。同じ日本と言っても、まさに別世界。乾燥した風が吹き抜ける地域もあれば、周囲一面が雪景色で家の中では押し入れに除湿機が必要な地域もあるのです。

■さて昨日は友人の萩野先生に背中にできたアテロームを摘出してもらいました。麻酔もよく効いて痛みはありませんでした。体質なのです。まぶたにできる腫瘍で霰粒腫がありますが、あれと同じだな、とつくづく思いました。

歯の治療も定期的に行っています。最初は単なるクリーニングのつもりで出かけたのですが、歯肉が後退して色々不都合が生じていることが分かりました。きちんと手入れをしてもらうと、沁みることもなくなりましたし、本当に楽になりました。さすがは餅は餅屋です。

■家の大掃除をしています。昔々の写真が出てきました。

s_2017yosio01

 

退職後に長い晩年を過ごした父でしたが、こうして可愛い孫に囲まれて幸せな時間がありました。人間として立派な父でした。

連続記録

20171211(月曜日:曇)

s_20171211

伊勢神宮を泳ぐ錦鯉です。

■今朝は走りました。昨日は久しぶりの新沼津カントリークラブの月例。凸凹の激しいプレイでした。しかし何事も前向きに考えるしかありません。良かったショットを思い出して、その確率を挙げているべく鍛錬するしか無いのです。

今朝は 6.15km を走り総計 39.70km となりました。残り20日ですから余裕はあるのですが、右肩甲骨付近にできたアテロームが炎症を起こしてきています。昨日友人の先生に相談したところ切除した方が良いのでは、と言われ覚悟を決めました。今日の午後に切ってもらうつもりです。となると、数日は走ることができなくなりそうです。しかも来週は北海道へのスキーの旅が待っています。走る機会が減ります。何とか今月も目標を達成して連続記録を伸ばさなければなりません。

行きつ戻りつ

20171210(日曜日:晴れ)

s_20171210

鳥羽湾の様子です。真珠の養殖が行われていました。

■今日は久しぶりの新沼津カントリークラブの月例です。手塚さん、野口さんとご一緒でした。午後からは風が強まり、いささか辛い天候でしたが、快晴で寒さも気にならず、文句を言ったらバチが当たるような一日でした。

手塚さんに教えてもらっている改善点が、見事に修正されたかと思うと、また失敗の繰り返しということで、結局は100回を切れずに元の木阿弥でした。それでも前向きに考えて、今までできなかったショットが打てるようになった、と思えばずいぶんと成長しました。次回までに練習をするしかありません。

歴史

20171209(土曜日:晴れ)

s_20171209

■今朝は走りました。二日休みましたので疲れも取れたようです。このぐらいが自分にはふさわしい間隔なのかもしれません。6.181km をキロ6分9秒で走り、総計 33.55km を積み重ねました。一週間としては悪くありません。

■今夜は医師会の忘年会。去年の忘年会が昨日のことのように思い出されますが、本当にあっという間です。昨年思い出すことと言えば、Ayaちゃんがオーストラリアへ留学に出かけたこと。Takuが司法試験に合格したこと。そして12月に高野コーチと袋井クラウンメロンマラソンを走ったこと、などです。

そんなことがあった昨年一年間。そして平成29年です。Nonちゃんが静岡に戻ってきました。おかげで時々食事を一緒にすることができるようになりました。今は二人だけで食事をとるテーブルも、以前は家族五人でワイワイガヤガヤと食事をしていたなんて、今では想像することもできません。本当に楽しく、そしてあっという間の出来事でした。

今年一年の反省は、またゆっくりとすることにして、あと一ヶ月ケガや事故の無いようにしなければなりません。

■昨日の日米開戦についての記事の中で、以下のものに強く納得させられました。元中国大使の丹羽宇一郎さんの主張です。

こうした良質の知性が、安倍政権になってからは潮が引いたように彼方に消えてしまった気がします。私利私欲の塊か、ヤクザかゴロツキみたいな連中が幅を利かせるようになりました。本当に残念なことです。しかし、それは国民の心の反映なのです。国民がそれで良しとしていることに思いを致さなければなりません。以下のアドレスで読むことができます。

丹羽宇一郎 現代史を語る

要旨は以下のとおりです。

私は「あの戦争は正しかった」という発言があってもよいと考えている。問題は正しかったか、間違っていたかではないからだ。

アメリカは広島、長崎への原爆投下を正しかったとしている。しかし、原爆投下の判断がどんなに正しかろうとも、原爆がもたらした惨状を肯定できるはずがない。正しかろうと、正しくなかろうと、人々を不幸のどん底に突き落とす戦争をしてはいけない。戦争が引き起こす悲惨さを、戦争なのだから仕方がないで済ませるようであれば、世界は日本国民を歴史から学ぶことを忘れた愚か者と言うだろう。

戦争に近づいてはいけない。これを日本のみならず、世界各国の共通の歴史認識としていくことが、日本国民の叫びであり、われわれが現代史を学ぶ意味とすべきだ。これが開戦の日である今日12月8日に私が言いたいことである。