今日より明日

■20200926(土曜日:雨)

北海道の稲作です。背丈の低い特産の品種です。

■今朝も走りました。これで三日連続の早朝ランニングです。今朝はいつものコースを少し長く走り6.63 km を積み重ねました。今月は10回のランで69.56 km を走り、月100キロ走までは残り4日で30.43 km となりました。

明日の朝は走ることができませんので、結局来週の平日3日間で30 km 超を走らなければなりません。なかなか厳しい目標です。

今朝は4時半に目覚ましを合わせて起き出しました。玄関を出てみると雨が降っています。ぱらついている程度でしたので、そのまま軽く準備運動をして走り始めました。

しかし走っている間、雨足は衰えるどころか、むしろ強まってきました。5時前にはまだ真っ暗ですので、ヘッドランプを点けて久しぶりに走りました。あちらこちらに水たまりもできていますし、街灯だけでは危なそうでしたので、用心のために帽子に取り付けて走りました。

帰ってきてからシャワーを浴び体組計で計測すると、体重は55.90 kg、 体脂肪率は12.10%、 BMI は20.5と出ました。

とにもかくにも継続することが一番大事ですし、自分なりの目標を設定して、それを達成していくことが一番大切です。

そうすれば明日には今日より成長していますし、より良い日になるに違いありません 。そう信じて毎日を送る以外に、充実した人生を送ることはできないはずです。 

漢方薬

■20200925(金曜日:曇のち雨)

玉ねぎが所狭しと並んでいます。富良野の畑です。

■今朝も走りました。天気予報では午前中はなんとか曇り空で持ちこたえ午後から雨が降り始めるようです。朝のテレビニュースでは、東京ではもうすでに雨が降っていました。日中の最高気温がようやく30度を下回る日が続きそうです。

今朝は5時に目覚ましを合わせて起き出し歩くだけでも良いという気持ちでスタートしました。結局いつものコースを6.08 km 走り、これで今月は9回のランで62.93 km を積み重ね、月100 km 走まで残り5日で37.07 km となりました。

8月に67歳の誕生日を迎えてから、心なしか急に気力が衰えてきたように思います。 走りだそうという気持ちが、なかなか起きないのです。

そうなるとなんとか自分を宥めながら、あるいはだましだましと言っても良いでしょうか、とにかく走り始めないことにはどうにもなりません。以前よりもそこへ至るまでが、ずっと難儀になってしまいました。

計算してみると明日7 km を走ったとしても30 km が残り、日曜日は走れませんので月、火、水曜日と毎日10 km を走らないと目標に到達できません。これはかなりの難事業です。とりあえず明日7 km 以上走って残りを30 km にしておくことが絶対の条件です。

■さて5月から漢方専門医・上馬場先生の指示に従って二種類の漢方薬を内服しています。私の体質あるいは症状を勘案して、処方してくれたのです。

熟睡感が得られない。ふくらはぎを中心に冷える。夜トイレに行くことが多い。体のあちこちが痛くなる。自律神経失調のためか体温調節機能が不安定になる。

などなど高齢者の症状としては決して珍しいものではないのですが、本人にしてみればそれなりに辛いのです。そこで八味地黄丸と柴胡加竜骨牡蛎湯を飲み始めたのです。

漢方薬ですからすぐに著効が現れるというわけではありません。3ヶ月飲んでみて感じたことは、本当に効果があるのかなという疑問でした。

ところがしばらく内服を止めてみると、気づいたのです。二つの漢方薬が私の体の体質を改善していたのだということを。ということで、ここ一週間はきちんと朝晩飲み続けています。

韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」を見ていると、昔の医療従事者の苦労がよく分かります。 私を診察して二つの漢方薬を処方するまでには、何千年という時間が必要だったことを考えると、しっかりと飲み続けることが大事なのでしょう。

松本清張

■20200924(木曜日:晴れ)

富良野の農家が玉ねぎを収穫していました。

■今朝は本当に久しぶりに走りました。先週の木曜日以来ですので、ちょうど一週間ぶりということです。

天候の関係もありましたが、何より走る気力がありませんでした。起きだして走るという、 これまで何度も繰り返してきたことが急に大きな重荷に感じるようになってきました。

エプソンのランニングウォッチで記録を取り始めてから、今日のランニングで1046回目になります。今日はいつものコースを6.09 km 走り、これで今月は8回のランで56.85 km を積み重ね、月100 km 走までは残り6日で43.15 km となりました。

あと6日残っていますので計算上は目標達成ができないわけではありません。しかし今週の週末は仲間で泊まりがけのゴルフが予定されています。つまり日曜日は走ることができないのです。

まとめて長い距離を走るのは休日が良いのですが、ここのところ休日がすべて予定が入ってしまっています。結局早朝しか走る機会がないのですが、天候や体調の関係で以前のように帳尻を合わせることが難しくなってきました。

■さて先週から松本清張の短編集を Kindle で読み始めています。傑作短編集5「張り込み」は読み終えました。今2冊目を読んでいるところです。松本清張の作品は「点と線」などいくつか読んではいるのですが、改めていくつかの作品を読み直しています。

松本清張は決してエリートではありません。下積みの生活が長かったと言っても過言ではありません。九州で朝日新聞に勤めましたが、司馬遼太郎とは異なり、縁の下の力持ち的な仕事を長年続けられました。

私が読んだ範囲内では、登場人物たちは決して英雄や豪傑、そしてエリートが主人公として出てくるわけではありません。本当に市井の人々が繰り広げる人間模様を描いています。

つまりは自分だって、いつその事件に巻き込まれたり、あるいは自分自身が事件を引き起こしてしまう可能性も充分にあるわけです。 そこが本当に恐ろしいところなのです。

誰にでも、そして明日にでも我が身に降りかかりそうな出来事が描かれているのです。事件に巻き込まれたり、あるいは引き起こした登場人物たちの心情が私にもよく分かります。特別な人々ではないのです。

金銭欲であったり名誉欲であったり、あるいは男女の愛憎の問題であったり、 作品の中で描かれている問題は、誰もが生きていく上で遭遇しないはずがないものばかりです。

これまで自分がそうしたことに巻き込まれなかったのは、ただ運が良かっただけなのです。克己心が強かったり道徳心が特別強かったわけではありません。ただ運が良かったのです。松本清張の作品を読むたびに、そう実感するのです。

日常

■20200923(水曜日:雨)

オホーツク海の様子です。

■また今日から日常が戻りました。先週の土曜日から旅行に出かけていましたが昨日戻ってきました。始まってしまえば連休もあっという間に終わってしまいます。

帰ってきて天気予報を見ると台風12号が静岡県を直撃するのではないかと警告していました。明日はロータリークラブの例会がいつもの場所とは異なり、米山記念館での開催となりますので、大荒れの中急いで出かけるのは危険と判断し欠席と連絡しました。昼食数の問題がありますのでドタキャンというわけにはいきません。

ただし夜になって天気予報がだいぶ変更されており台風は東よりのコースを取り、静岡県は直撃を免れそうです。どうやら大山鳴動して鼠一匹という結果になりそうです。被害が出ないのですから、それが何よりです。

■今月はまだ50 km ほどしか走っていませんので、月100 km 走の目標を達成するのは、かなり困難になってきました。今朝も4時半には目が覚めたのですが、窓を開けてみると雨が降っていました。これではダメだと再度眠りについたのですが、6時に起きてみると雨は止んでいました。

天気ばかりはどうにもなりません。明日の朝、雨が降っていないようでしたら少しでも積み重ねしていかないと、今年の1月から続いている月100 km 走の目標も達成が途絶えてしまいます。目標達成に向けて、可能な限り努力してみるつもりです。

帰沼

■20200922(火曜日:曇り時々晴れ)

今朝の新千歳空港です。多くの観光客で混雑していました。ただし外国人観光客は見ませんでした。

■楽しかった北海道の旅も今日で終わりです。クラブメッド・サホロはコロナウイルス禍での営業でしたので、利用する私たちも不便なのは致し方ありません。

例えば食堂では通常でしたら、バイキング形式で自由に盛り付けを行うことができるのですが、今回は一切出来ませんでした。係の方が注文を聞いてから一皿ずつ盛り付けるか、既に出来上がった皿を頼んでもらうしかなかったのです。

これでは時間がかかりますので混雑もしますし、かなり勝手が違いました。いつもよりも結果としてかなり量的には少ない量で食事を終えました。高齢者にはこちらの方が良かったのかもしれません。

■朝食は7時から開始ですので6時15分に目覚ましを合わせて起き出し、準備をしてからフロントにてキャリングバッグを預かってもらいました。

以前と異なりクラブメッドでは宿泊者に IC チップの付いた布製の腕輪を配布します。部屋の出入りや全ての会計がこの腕輪で済みますので、最後のチェックアウトの際も、することはただ IC チップを機器にかざすだけです。1秒で会計が終わりました。

部屋は夕張棟の7階にあり、食堂までも、そしてフロントまでも少し距離がありますので再度部屋に戻るのは時間が無駄になります。

7時前には食堂前に着きましたが列に並んで、しばらくして食堂に入ることができました。朝食ですから一番最初に目の前にあったカウンターから鮭の焼きもの、納豆、味噌汁、そしてご飯と、いつもの定番をもらいテーブルに付きました。20分ほどで食事を済ませて駐車場に向かいました。

7時半には車に乗り込み新千歳空港へ出発しました。サホロ・インターチェンジから道央自動車道に乗って 1時間ほど。カーナビに従って千歳東インターチェンジで降りましたが、レンタカーを返す前にガソリンを満タンに戻さなければなりません。いつもそうなのですがガソリンスタンドを探すのが一苦労なのです。

正解は千歳東ではなく千歳インターチェンジで降りて、レンタカーのお店に行く途中でガソリンスタンドに寄るのが無駄がなかったようです。スマホで調べて最寄りのガソリンスタンドに寄り、満タンにしてからレンタカーのお店に戻りました。

送迎用のバスに乗り込んだのが9時半頃でした。空港までは5分ほどです。 新千歳空港に到着し搭乗手続きを済ませ出発ロビーに到着したのは40分ほど前でした。 10時半出発の ANA便で富士山静岡空港に戻りました。ほぼ満席でした。

空港で車を停めておいた無料駐車場は 空港ビルからは少し離れていましたので、自分の車を見つけるには少し手間取りました。空港ビルから近い駐車場はほとんど有料に変わっており、最大24時間で500円です。

今回はたまたま無料駐車場が空いていましたので止めることができましたが、次回はかなり難しそうです。東名高速道路で我が家までは1時間15分ほどでした。我が家に到着し荷物を整理し終わったのが14時でした。

こうして900 km 近い3日間北海道ドライブの旅が終わりました。レンタカーとして借りていたトヨタのアクアは実に優秀です。これだけ走って満タンにしても消費したガソリンはたったの33リットル でした。1 L あたり30 km 近い走行燃費となります。いつもながら感心するばかりです。

いつも思うのですが北海道の道をドライブするのは本当に楽しい時間です。私たちがドライブするのは、市街地はほとんどありませんので、オロロンラインのように信号もほとんどない箇所が多いのです。周囲の景色を楽しみながら、時々道の駅に立ち寄り地元の名産品や素晴らしい景色を眺めてドライブを続けるのです。

普段運転することはほとんどない私は、本来あまりドライブは好きではないのですが、 北海道だけは別です。

■夜はふたりで日帰り温泉に入ってゆっくりと疲れを取りました。最近はこのコースが定番になってきました。歩いて5分ですので一杯飲んでも何も心配はありません。本当にリラックスできる楽しいひと時です。

食堂もありますので二人でいっぱいやって、量的には少ないのですが好きなものを食べて、そして家に帰ってきてゆっくり休むというのが定番メニューです。本当にありがたいことです。

旅行の間は道の駅での昼食がほとんどでしたが、夕食に備えて量的には少なめにしていました。結局のところ帰ってきても体重はほとんど変わっていませんでした。

次回の旅行の予定は11月の草津温泉です。また孫を抱っこできそうです。