アプリ

■20190422(月曜日:曇)

 

s_20190422

京都清水寺でのカエルです。

 

■今朝は走りました。目覚ましを5時に合わせていたのですが15分ほど前に目が覚めました。もう一度寝てしまうと、今度は起きられなくなりますので、そのまま起きだして走り出すことにしました。今日は、とにかくゆっくり長く走ることを心がけました。10.52 km を走り、これで今月は通算80.83 km 。残り8日で19.16 km の地点まで到達です。来週の日曜日には成田へ移動しなければなりませんので、走ることができるのは今週いっぱいということになります。 今週の予定をしっかり確認した上で何としても目標達成しなければなりません。

 

■今朝の東京新聞には興味深い記事が掲載されていました。「びっくり新技術」というコーナーで、「弱視の人 買い物支援 価格や色を音声に、アプリ開発」と題して解説されています。弱視の人は、店員やヘルパーの手助けなしでは買い物が難しいものです。そこで商品の電子タグの情報を読み取るリーダーと接続し、その情報をスマホで音声案内するアプリを作られたのです。東京大学工学部の嶋田紅緒さんと矢谷浩司准教授が開発されました。

 

矢谷准教授は、このアプリの対象を洋服などにも広げて数年後の実用化を目指している。

 

とのことです。 誰もが手元にコンピューターを持つ時代が来ました。スマホです。 IBM が何億円もする大型汎用機でコンピューター市場を牛耳っていた頃、 コンピューターを個人でも使えるようにしたいという夢を持って挑戦したのが、 Apple のスティーブジョブズでありマイクロソフトのビルゲイツだったのです。「 全ての情報をあなたの指先に」というキャッチフレーズを掲げたのはビルゲイツでした。その夢を実現したのは、 PC つまりパーソナルコンピューターというよりは、 むしろスマートフォンだったのではないでしょうか。 あらゆる情報はスマートフォンを通して、私たちに届けられる時代が、もうそこまで来ているのです。

 

広告

おフランス様

■20190421(日曜日:晴れ)

 

s_20190421

京都の清水寺です。

 

■今日は新沼津カントリークラブの B クラス月例です。 B クラスに陥落してからは、ゴルフの調子もさっぱりで、100を切るのは難行苦行になっていました。 昔はどうやって80台を出していたのか不思議でならないほど、調子の悪いことが続きました。どうしたらいいのか、さっぱり分からなくなってしまったのです。

 

ところが先日練習をしていて、あることに気づきました。クラブヘッドのソールというのでしょうか、底の部分が地面と平行になるようにスイングをすると、クラブを格段にスムーズに振り切れることに気づいたのです。手首を今までよりも、手前ではなくて向こう側に折るような気持ちでボールを捉える、と言えば分かりやすいかもしれません。 そのように意識してスイングをすると、打った球の方向が格段に安定しました。 前半では残念ながら一ホールだけ OB をたたき、スコアが9となってしまいました。これがなければ、というやつです。フェアウェイからの第2打だったのですが、つま先上がりの傾斜がありました。ここでもやはり平行に振ればよかったのですが、それが出来ずに、ボールは大きく右に曲がりOBになってしまいました。しかしそれ以外のホールでは、本当に安定していました。ボールを捉える時のクラブヘッドの角度が、安定していたからでしょう。 私にしてみれば大きな進歩です。結局のところスコアは50回と49回、合計99回となんとか百回を切ることができた程度なのですが、その内容は明らかに今までとは異なっています。

 

もう一点の注意点はスイングのトップの位置で、左肩越しに右足つま先を見るようなイメージ。今日はこの二つで、格段の進歩を遂げたように自分では思います。合計4つのショートホールのうち、続けて3ホールがパー。最後のホールもパットが数センチ外れてボギーとなりましたが、こんなことはめったに起こりません。 しかも驚くことに、一度もワンオンしていないのです。 つまりは寄せて1パットだったわけです。これも私にしてみれば驚くべき進歩です。次回がとても楽しみです。

 

■先日の東京新聞「週刊 ネットで何が・・」という記事では、「おフランス様」高まる反感、と題して書かれています。ネットでは「たたいて OK な対象」のコンセンサスが生まれたらバッシングが加速する、フランスにその役が回ってきてしまった、とあります。

 

先端的な考えを持つ日本人は、何かにつけてフランスを引き合いに出し、日本は遅れているという主張を展開します。「女性は40代以降からより素敵とされ若い女性だけをちやほやする日本とは違う」「夫婦はデートをする」「移民に寛容」などと同国の先進性や日本との違いを述べるのですが、これに反発する人もいます。

 

ガソリン価格の高騰から大暴動になった際、マクロン氏が「ガソリンが高いなら電気自動車を買えばいい」と発言したとの記事が拡散。マリー・アントワネットの発言とされる「パンがないならケーキを食べればいい」を連想させ、「さすがフランス人が言うとリアリティーがあるな」との声が出る。

 

確かにマクロン大統領は、いかにもエリート然としていて、お高くとまっていると多くの人が感じるのではないでしょうか。 大統領としてのその発言は、どこかの国の首相とは違って、格調高く、教養にあふれていることは間違いありません。しかし、どうも鼻につくことも間違いないのです。何か嘘っぽく感じるのです。 しかしこれは何もマクロン大統領に限った話ではありません。先日 NHK BS で放映された、映像の世紀において、19世紀末から20世紀初頭におけるパリの様子を映し出していました。 当時、万博も開催されています。英国留学に向かう途上で、夏目漱石もこの万博を見学しているのです。

 

動く歩道に象徴される、科学技術の進歩が、まさにバラ色の未来を感じさせていた時代だったのです。 しかし同じ頃、フランスはベトナムを始めアジアで過酷な植民地支配を行っていました。どれほど多くのアジアの民が彼らのために悲惨な生活を送っていたかを考える時、彼らが誇らしげに語る、自由・平等・博愛は、まさに偽善以外の何ものでもないのです。欧米諸国が繁栄と発展として語る19世紀から20世紀にかけての歴史は、 まさに身勝手な、偽善に満ちた歴史に他ならないのです。私たちはそのことを、しっかりと見つめなければなりません。

 

 

青葉

■20190420(土曜日:晴れ)

 

s_20190420

京都の東寺です。

 

■昨日は静岡の新茶の初競りでした。いよいよ、お茶の季節です。我が家の庭の柿の木も、青葉で覆われつつあります。「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」とはまさに、いまたけなわでしょうか。先月辺りから初鰹定食がメニューにも登場しています。目には緑が良薬だとすれば、これからは、どこを見ても目の薬ばかりとなりそうです。

 

■今朝は走りました。いつものように5時に目覚ましを鳴らし、準備運動をしてから走り出しました。6.09 km を走り今月は通算70.31 km。残り10日で29.68 km となり、あと30 km を切るところまで来ました。 でも、これからが正念場です。 月末には、あやちゃん達に会うためにオーストラリアに行かなければなりません。最後の詰めが肝心です。

 

今朝も走り始めてから、体の重さに参りました。なんとか足がスムーズに前に出るように感じるようになったのは、5 km を過ぎてからでした。それまではだるさばかりが感じられ、こんなことではフルマラソンはおろかハーフマラソンですら完走するのが難しそうに思われました。 原因はわかりません。単なる疲れの蓄積か、歳のせいかもしれません。この8月には66歳になってしまいます。本当に年寄りなのです。

 

同級生たちは続々と定年を迎えています。自営業である私は、自分で止めると決めない限りは、いつまでも仕事を続けることができるのですが、逆に言えば、いつまでたっても止められないとも言えるのです。 幸い子供たちも自立してくれましたし、あくせく働く必要は無くなったのですが、 地域にとって少しは役に立っているという自負もありますし、従業員の生活のこともありますから、にわかに営業停止というわけにはいきません。 いかに軟着陸させるか、ということがこれからの私の一番の課題かもしれません。

 

 

隔世の感

■20190419(金曜日:曇)

 

s_20190419

京都の二条城です。

 

■今朝はゆっくりと休みました。昨日は朝6 km を走り昼休みにはロータリークラブの例会があり、その後少しゴルフの練習をしました。次の日曜日には、 B クラスの月例があります。何としても、また A クラスに戻れるように、少しずつ技量をあげていかなければいけません。

 

坂口さんに誘っていただいて新沼津カントリークラブのメンバーになったのは、資料を調べてみると、2005年2月でした。つまりはもう14年も経ったということです。もう35年ほど前に、新沼津カントリークラブでプレーをしたことがあったのですが、当時はメンバーになるのは容易ではありませんでした。メンバーの方の推薦がないと会員にはなれなかったのです。当時、私は単なる一見さん(いちげんさん)でしかなく、知り合いも全くいませんでしたので、まさに高嶺の花でした。 ですので会員になった時には、とても感慨深かったことを覚えています。この地に根付いて着実に 地域に溶け込んで行ったことを実感したものです。 そして今年からは競技委員にも加えていただきました。まさに隔世の感です。 だてに年はとってこなかったと、自分を褒めても良いかもしれません。

 

 

美しい国

■20190418(木曜日:晴れ)

 

s_20190418

京都の桜です。Sunが撮ってくれました。

 

■今朝は走りました。 月曜日の朝に10 km を走りましたので、疲れも残っていたのですが、今月は月末から連休ですので、走れる時に走っておかないと目標の達成が危うくなります。ということで今朝は6.08 km を走り、今月の通算距離は9回合わせて64.22 km。 残り12日で35.77 km となりました。 それにしても今朝は体が重くて参りました。とにかくゆっくりと、そして姿勢に気をつけて走りましたが、疲れがとりきれていないのでしょう。

 

昨夜はノンちゃんと3人でお寿司を食べました。それからSunと二人でニューウェルサンピア沼津に行って、ゆっくりとお風呂につかりました。 昨日の外来で、のんちゃんは咽後膿瘍を見つけて、市立病院に転送したそうです。3歳の子供だったそうですが、診断にたどり着くまでには、なかなか大変だっただろうな、と想像しました。小児科は大変です。痛いのだか痒いのだか、頭が痛いのかお腹が痛いのか、大人のようにきちんと伝えてくれません。本当に想像力を必要とする仕事だなと思いました。しっかりやっているようなので、安心しました。

 

■今朝の東京新聞には大変興味深い記事が二つありました。切り抜いて、いま熟読しているところです。一つは劇作家野田秀樹さんの「ゴーイング・マイウェイ!」。そして、もう一つは論説委員桐山桂一さんが書かれた「視点」です。どちらも新しい元号である令和について書かれています。 外務省が考えた新しい年号の英訳である「ビューティフル・ハーモニー」から、野田さんは「情緒政治の危うさ」と題して、書き始めています。

 

「令和」の訳に「beautiful harmony」は強引すぎる。今どき「令」が「美しい」の意味で使われるのは、「ご令息」「令夫人」ぐらいだ。「令」は尊敬語としての「美しい」で、言ってみれば、本当は「美しい」と思わないけど、上司の奥さんだから「美しい」みたいなことだ。普通の私たちには、「令」は「beautiful」ではなくて「命令」=「order」の方が自然だろう。

 

「この『令和』には『人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ』という意味が込められている」と安倍総理が語ったことについて、疑義を呈しています。何かが分かりにくい、というのです。意味を濁らせるのは「美しく」の一言であり、試しに、この「美しく」を省くと明快になる、というのです。
そして野田さんは最後に、こう語られています。

 

beautiful harmony にしろ「美しく」心を寄せ合うにせよ、この「美しい国」では、どうしても「美しく」ありたいらしい。「美しい」という情緒の方に、 話を持って行きたい。だが本当は「美しい」とは危ない言葉だ。寧ろ我々「芸術」に携わる側のコトバで「政治」の世界で使われるべき言葉ではない。「美しくない」という情緒的な理由で軽々しくヘイトされては困るからだ。

 

ヘイトスピーチが行われている様を見ると、ここまで日本人が軽々しく、そして品性下劣になってしまったのかと、とても残念な思いがするのです。もちろん、それは安倍総理個人の責任ではないのですが、安倍政権が誕生以来、そうした品性の下劣さが、むき出しになったのは間違いありません。ひょっとしたら、おもてなしの心に溢れた「美しい」日本人の心の中に、そうした下劣さが、戦後も変わることなく同居していたのかもしれません。

 

 

愛・地球博

■20190417 (水曜日:曇)

 

s_20190417

新沼津カントリークラブの桜です。もう、ほとんど散ってしまいました。

 

■今朝は走らずに休みました。昨日の朝、頑張って10 km 走りましたので、今朝は休息です。昨日は忙(せわ)しない一日でした。朝5時に起きて10 km 走り、シャワーを浴びた後に朝食を取り、 8時10分には迎えのタクシーに乗り学校検診に出かけました。 昨日出かけた小学校は、総数が約600人。検診が終わり、家に帰ったのが正午少し前でした。 慌ただしく昼食をとり、12時15分からはラジオ英会話を聞き始めました。

 

無線イヤホンを購入してからは、その度に線をスマホに繋がなくても良いので、楽になりました。 Bluetooth で繋ぐ無線イヤホンは、今ちょっとしたブームのようです。それこそ何十種類もの製品から選ぶことができるほどです。 Bluetooth の接続距離は10メートルが限界でしたでしょうか。 壁などの関係で途中に邪魔が入ると接続が途切れることがありますので、その階の中で、どこへ行ってもつながるというわけにはいきませんが、 コードのつながったスマホを、常に持ち歩かなければいけない、という面倒臭さはありません。

 

NHKラジオ英会話は、以前ならばトランジスタラジオから聞くのが当たり前だったのでしょうが、今ではスマホにアプリを入れれば、ラジオは必要ありません。スマホを利用する一番の利点は、音声が綺麗で、途切れることが無いということです。 FM 放送ならば音声がとても綺麗ですが、 AM 放送では雑音がひどくて聞きにくいことが多いのです。 スマホであれば、安心して聞くことができます。ほとんど全ての人がスマホを持っている現在では、 AM 放送の存在価値というのは、ほとんど無いと言っても良いのではないでしょうか。 また聞き逃してしまった回を、 あとから聞くこともアプリを使えば簡単にできます。これも大きな利点の一つです。

 

昼休みもあっという間に終わり、午後の診療の開始です。午前中休診でしたので、当然混雑することになります。5時に診療も終え、慌ただしく夕食を取ってから、今度は沼津医師会の理事会に出かけました。 帰ってきて一休みしてからお風呂に入ると、もう寝る時間になってしまいます。本当に忙しない一日でした。

 

■今日の東京新聞の「平成出来事川柳」は、平成17年(2005年)を取り上げています。この年の2月17日には、中部国際空港(セントレア)が愛知県伊勢湾沖に開港しています。そして3月25日、人と自然 愛・地球博 未来見る、と題して愛知万博「愛・地球博」が開幕し9月25日まで開催されました。

 

もう14年も前になるのです。のんちゃんが愛知にいましたので、家族みんなで愛・地球博を見るために出かけたことを覚えています。長久手駅からリニア電車に乗って会場まで行きました。夜花火を見て帰ったことを覚えています。その後何年経ってからでしょうか、名古屋で会合があり出かけた折に、一人で会場跡を訪れたことがありました。あの人混みでいっぱいだった会場が、閑散としているのです。冷たい風が吹いていました。「おもしろうて やがて悲しき 鵜舟かな」という句を思い出しました。

 

 

学校検診

■20190516(火曜日:晴れ)

 

s_20190416

新沼津カントリークラブの三番ホールです。

 

■今朝は走りました。5時に目覚ましを鳴らしましたが、割とすんなりと起きることができました。今朝は頑張って10.65 km を走り今月の総計が58.14 km。 残り14日で41.85 km となりました。パソコンの画面に、月間50 km 走達成しました、とメッセージが出ています。今月は月末からあやちゃんの所へ行かなければなりませんので、3日ほど走る機会が少ない計算になります。それまでに100 km を走っておかなければなりません。幸い良い天候が続きそうですので、走ることのできる日には、毎朝でも走るつもりでいないと、目標は達成できそうにありません。とにかくゆっくりと、そして少しずつ。私には、それしかないのです。

 

■今日は午前中いっぱい休診にして、担当している小学校の学校検診に出かけます。 子供たちにどの程度の近視や遠視そして乱視があるのかを計測できる、携帯できる簡易型の機械を持ち込んで、 まずは子供たちの目の状態を確認します。ピークは過ぎたものの、現在でもヒノキを中心とした花粉症、アレルギー結膜炎は決して少なくありません。子供達は症状に苦しんでいるにもかかわらず、治療も受けずにいる子供達も結構いるのです。そうした子供たちを見つけて治療を促すのも大切な検診の目的です。

 

4月と5月はこうした学校検診のために、何度も休診にしなければなりません。結局そのぶん患者さんが他の日に回ってきてくれますので、混雑するということになります。事情を話しして理解していただくしかありません。地域の子どもたちの健康を守るという意味で、こうした学校検診はとても大切なのですが、毎年、毎年目に見えて子どもたちの数が減っていくのは、 とても寂しい思いがします。以前は1学年3クラスだった学校でも、今では一クラスしかなくなってしまっている学校もあるのです。 国を挙げて少子化に取り組まないと、国の未来は大変暗いことになると実感しています。