医療保険制度

■20180922(土曜日:雨)

 

s_20180922

 

■今朝は走りました。5.90km を走り、総計 74.07km 残り8日で 25.92km となりました。今朝は久しぶりに右腿の痛みが、ほとんど気にならずに走ることができました。ただ心肺機能が追いついていないようです。本当に困ったものです。

 

昨夜は妙に寝付けませんでした。原因が分からずイライラしたのですが、どうしてなのか気付きました。布団が厚すぎたのです。一昨日は、その布団でちょうど良かったのですが、昨夜の気温では厚すぎたのです。去年辺りから体温調節機能が低下しているようで、布団が厚すぎても薄すぎても、寝付けません。これからは布団との戦いです。

 

■木曜日に出席した小学校での学校保健委員会は興味深いものでした。子ども達が小グループに分かれて、それぞれが課題について議論してまとめていくのです。課題はメディアとの付き合い方です。メディアとは、テレビ、パソコン、ゲーム、スマホなどを総称しているようです。

 

平日でも3時間以上どれかのメディアと向き合っているのですから、上手に自分をコントロールすることは、人生そのものと言っても過言ではありません。親たちがパチンコでギャンブル依存症になっていれば、子ども達はメディア依存症に陥っているわけです。

 

上手に付き合うことです。100かゼロか、というのではなく、上手に楽しみながら必要な情報は取り入れていく、ということが大切です。もちろん、それは言うは易く行うは難しの典型ですが、取り組まない訳にはいきません。

 

■私もかつては、夢中になってインターネット電話に取り組みました。とにかく面白かったのです。世界中の人と無料でお話ができる、ということが、魔法のように感じられたのです。インターネットを利用するには、電話回線への接続料が高額だった当時は、定額になる朝の時間帯だけが活動時間でした。確か朝の5時から7時まででしたでしょうか。

 

早起きしてパソコンの前で画面を見ながら、接続している人で英語で会話が可能な人を狙ってインターネット電話をかけるのです。時間差の問題で、オーストラリア、香港などの人が多かったと思います。もちろんアメリカの人とも何度も話をしました。

 

もう20年近く前でしたが、カリフォルニアの外科医の先生と話をしました。当時でもアメリカでは医療保険の問題から、医者の裁量よりも保険会社の査定の方が優先される状況らしく、その先生は、ほとほと嫌気がさして、もう引退したい、なんてぼやいていました。

 

日本では考えられないのですが、アメリカでは保険会社が法律を作成する段階から担当者を議会に送り込むのです。つまりは保険会社の意向に沿った法律が出来上がるわけです。そうして出来上がった法律は、莫大な富を保険会社にもたらします。もちろん民間保険制度がなくては困りますから、全てが悪いわけではないのですが、誰のための医療保険制度なのか、という原点が、私に言わせればずれてしまっているのです。

 

そのあたりは、ジャーナリスト堤未果さんの本が、とても分かり易く教えてくれます。ぜひ読まれることをお勧めします。

 

 

 

広告

It’s the economy, stupid.

■20180921(金曜日:雨)

 

s_20180921

 

■今朝はのんびりと休みました。昨日よりも厚めの掛け布団を使用しました。ぬくぬくと暖かな布団の中で過ごす、起き出すまでの時間は至福の時です。天気予報では朝から雨の予想だったのですが、パラパラ程度でした。まずは生ゴミを所定の位置に置いてきました。

 

昨日は自民党の総裁選挙が行われ安倍総理が三選されました。テレビでは新橋のサラリーマンにインタビューをしていましたが、国際的にも国内的にも安倍総理でないと難局は乗り切れないのでは、と述べていた内容に驚きました。そう信じている人が結構多いのです。マスコミによる報道の成果です。

 

安倍総理チームは、前回の失敗によく学んでいると思います。私が思い出すのは、クリントン元大統領です。時の現職ブッシュ大統領に挑んだ戦いで打ち出したのが、経済優先でした。湾岸戦争に勝利して一時は90%近い支持率を誇ったブッシュ大統領も景気の落ち込みで人気も落ち込みます。Wikipediaによれば、

 

“It’s the economy, stupid”(日本語訳:経済こそが重要なのだ、愚か者)は、アメリカ合衆国の政治においてビル・クリントンがジョージ・H・W・ブッシュに対して勝利を収めた1992年アメリカ合衆国大統領選挙の最中、広く使われた言い回しである。

当時、冷戦の終結や湾岸戦争における勝利といったような、外交政策で大きな成果をもたらしたブッシュに勝つことは難しいと考えられていた。この言い回しは、正確にはクリントンの選挙参謀を務めたジェームズ・カービル(英語版)が作った言い回しを少々変更したもので、近年景気後退がみられるもかかわらず経済に対して的確に取り組まないブッシュより、クリントンのほうがよい選択肢であるというイメージを作った。

クリントン陣営はブッシュを落選させるため、選挙運動で景気後退を利用した。1991年3月、多国籍軍によるイラクへの地上侵攻の数日後、世論調査ではアメリカ人の90%がブッシュ政権を支持した[1]。しかし翌年、アメリカ国内の世論は急激に変わった。1992年8月の調査では、アメリカ人の64%がブッシュ政権を支持しないと答えたのである[1]。

 

国民の実質的な所得は増えていないにも関わらず、株高に見られるように過剰演出による好景気感を、多くの人が信じているのです。今こそ野党は陽炎のような実態のないアベノミクスではなく、安定した国民生活をもたらす経済対策を打ち出すべきなのです。いずれバブルが弾けます。安倍総理は逃げ切れるかどうか、ギリギリのところでしょう。

 

ところが野党は、加計・森友問題に終始しているように見えます。国民が一番求めている肝心な点を外しているのです。まさに今こそクリントン陣営の選挙対策に学ぶべきなのです。

 

 

ランニングの良い点

■20180920(木曜日:曇)

 

s_20180920

 

 

■今朝は走りました。もう、どのくらいになりますか、右太ももの痛みに苦しみ始めてから、結構な時間が経ちました。ようやく、その重苦しさから解放されたかもしれない、という今朝のランニングでした。が、今度は左太ももの外側に違和感を覚えるようになりました。右をかばって走ったためでしょうか。

 

6.13km を走り、これで総計 68.17km となり、残り10日で 31.83km です。とにかく積み重ねしかありません。幸い暑さは、さすがに峠を超えましたので、その点は随分と楽になりました。

 

昨日はネットで、ある記事を読みました。「一度走ったらきっと好きになる|福島和可菜さん」です。タレントの福島和可菜さん、と言っても私はテレビはあまり見ないので、残念ながら、よく知りません。タレント最速のマラソンランナーだそうです。詳しくは以下のページをどうぞ。

 

「一度走ったらきっと好きになる|福島和可菜さん」

 

福島さんは週に100キロ、月に400キロを走るそうです。想像できない数字です。Wikipedia で調べてみると、

 

福島 和可菜(ふくしま わかな、1982年12月2日 – )は、日本のタレント、女優、予備自衛官、マラソンランナー、ウルトラマラソンランナー。愛称は『ワカナン』・『ワッカーナ』。エヌフォースプロモーションを経てサンミュージックプロダクション所属。

北海道函館市出身。北海道函館工業高等学校卒業。

 

Nonちゃんと、ほぼ同じ年です。記事を読むと、最初から速かったわけではなくて、初めて走ったフルマラソンは5時間を超えていたそうです。それから10年かけて3時間を切る、いわゆるサブスリーを達成しています。福島さんは、ランニングは良いことずくめだ、と言われています。

 

つまり体重が減り(彼女の場合は4年間で10キロ)、風邪をひきづらくなる、食事やお酒をセーブする必要がなくなりストレスが溜まりにくい、ラン仲間を通じて世界が広がる、などなどです。私の場合も、殆どが当てはまります。ここ数年は風邪をひいた記憶がありません。

 

福島さんのようにランニングに取り組んでいる方のお話を聞くと、自分も少しは近づきたい、と思うのですが、もちろん30歳も高齢ですから、同じようにはできません。自分なりの目標を立てて、それを達成していくしかないのです。

 

今朝のランニングで、ようやく右太ももの痛みから解放されたかもしれないので、次回からは少し楽に走ることができるかもしれません。それも楽しみなのです。レベルの違いはあるものの、何かに取り組み続ける、というのは、とても良いことです。それが健康に繋がれば、それこそ、良いことずくめです。

 

自分の体と対話をしながら、これからも少し上のレベルを目指して鍛錬を続けていこうと思っています。

 

 

 

バランス

■20180919(水曜日:晴れ)

 

s_20180919

 

■爽やかな朝です。昨日は朝、頑張って10キロ走りました。ところが気温も高く湿度も高かったのでしょう、一日のどが渇いて大変でした。右太ももの痛みを避けるために、走る姿勢も、骨盤の角度など工夫しながら走りましたが、そのために帰って腰の筋肉に負担をかけたようで、いままで感じたことの無い筋肉痛を背部に覚えました。

 

とにかく苦しい1時間余でした。まるでフルマラソンの最後の2キロのような様相でした。一日体がだるくて参りました。日中も暑くて職場には冷房を入れました。それに比較すると今朝は、実に心地よい朝です。

 

■東京新聞の「家族」という欄には、なるほど、と頷く記事が多いのです。今回は「台湾・駐日代表 謝 長延さん」のインタビューです。題名は、

 

「バランスをとれ」肝に

 

です。父親は台北で漢方医をしていたそうです。お金に困っている患者さんからは治療費を取らない、まるで赤ひげのような方だったようです。その父の口癖が「バランスをとれ」でした。

 

1946年に生まれ、台湾大学で弁護士、裁判官の資格を取り、京都大学大学院で学び、高雄市長や行政院長(首相に相当)を歴任した与党 民主進歩党の重鎮として知られています。

 

お父様は人生の節目節目で謝さんの背中を押しています。

 

父は「先進的な知識を学び、台湾に帰って仕事に生かすように」と送り出してくれ、京都大大学院法学研究科に入りました。

留学中の1976年、父ががんで倒れ、日本から病院に駆けつけると、父は「大丈夫。早く(日本に)戻って学位を取れ」と言います。病状は重く、ほぼ一か月後に「母さんの面倒をよろしく」と言い残して亡くなりなりました。

留学を終え、台北で弁護士の看板を掲げました。日本で学んだことは「法律は弱者のために存在する」でしょうか。弱者を助けよう。父もそうしていたじゃないか。いつしか人権派の弁護士と知られるようになりました。

着任した2016年6月から、台日間の地方交流に力を入れ、四十七都道府県を全て訪れました。新たに台日の52組の県市が姉妹都市など提携協定を結び、累計110組に。また台日の地方議員の交流会を台湾で開催し、日本から323人の地方議員が参加しました。

母も亡くなり、父母が眠る墓を毎年、墓参りします。駐日代表になった私を、父母は誇りに思ってくれているでしょう。もっと頑張れと励まされてもいます。

 

この両親にして、この子あり、ということでしょうか。いつも日本を応援してくれる台湾を大切にすることが大切です。ただし同じ民族である中国とのバランスを取ることを忘れてはいけませんが。

 

■今日はTakuの法廷デビューの日でした。志を高く持って、仕事を続けてほしいものです。

 

 

 

マグレブ

■20180918(火曜日:晴れ)

 

s_20180918

 

 

■今朝は走りました。昨日は久しぶりに気温が30度を超えて、暑い一日でした。とても走る気にはならず、一日家にいて、読書に励みました。今朝は頑張って 10.85km を走り、総計 62.03km 残り12日で 37.96km となりました。

 

今朝は走っていて苦しい時間帯が長く続きました。右太ももの痛みも少しはあったのですが、それよりも筋力自体が悲鳴を上げている、という感じでした。要は走る力が衰えている、ということです。土曜日にも10キロ走り、今朝も10キロを走ったのですが、今朝のほうがずっと辛く感じました。

 

これでハーフマラソンが完走できるのか不安になってしまいます。今年の予定では、あとは12月のお伊勢マラソンにTakuと一緒に走る予定が残っているだけです。それに向けて何としてもきちんと完走できるように鍛錬しておかないと、義父の威厳を保てなくなります。

 

(●^o^●)

 

■さて昨日は読書に一日だったのですが、読んだのは無田口義郎著「地中海のほとり」でした。もう何度も読み返した本なのですが、久しぶりに、また読んでみました。私の原点のような本なのです。

 

牟田口 義郎(むたぐち よしろう、1923年5月11日 – 2011年1月22日)は、歴史家・中東地域研究者、朝日新聞特派員・支局長を歴任した。

 

と、あります。この本が出発されたのは、1971年(昭和46年)とあります。私が初めてこの本を読んだのは、確か大学時代だったと思います。70年台の終わり頃だと思います。朝日新聞の記者だった牟田口さんが、地中海沿岸地方を旅しながら、歴史に思いを馳せる構成です。

 

地中海とオルテガと聞いて、まずわれわれの頭に浮かぶのは、あらゆる意味で彼の思想の旅の起点となった『ドン・キホーテに関する思索』(1914)の中の、あの有名な地中海文化論であろう。「地中海文化がひとつの現実であった時に、ヨーロッパもアフリカも存在していなかった」。この言葉は牟田口義郎氏の『地中海のほとり』の冒頭にも引用されているが、私にとってこれは地中海文化理解への啓示のようなものであった。

 

とは、佐々木孝評論集にある言葉です。

 

本の中で語られていた中では、マグレブと呼ばれる北アフリカに関する部分が印象深いのです。マグレブとは、モロッコ、アルジェリア、そしてチュニジアです。チュニジアは、当時ブルギバ大統領が観光立国を目指して陣頭指揮を取っていた時代のようです。最近ではアラブの春という運動によって、リビアをはじめ多くの北アフリカの国々が、かつての安定から混乱の真っ只中に陥っています。

 

この本から、半世紀近くの時が流れマグレブの人々は繁栄を、そして幸せを手に入れることができたのか。アジアの国々は、この半世紀で繁栄を手にしましたが、アラブの人々には、その恩恵は届いていないようです。

 

旧暦

■20180917(日曜日:曇)

 

s_20180917

 

 

■今朝は、さすがに疲れました。ゆっくりと6時まで眠りました。風も今のところなく、天気予報では今日の静岡は32度まで気温が上がるようです。Sunはスクールカウンセラーとして勤務している学校の運動会。雨で何度も延期されたようです。今日は何とか実施できそうです。

 

■9月15日の東京新聞、「あの人に迫る」は、美学者の金田 晉さんのインタビューです。題して、「旧暦と併用なら四季と結び付く」です。

 

四季を大切にする日本では、テレビでも盛んに二十四節気を取り上げます。しかしこうしたものは、新暦を採用した明治の時点から、ズレが生じて実感と程遠いものになっています。西洋歴が一直線なら、旧暦は時間が循環している、と言われます。日本人は、それ以来、月を見なくなったし、星も見なくなった、と言われます。

 

インタビューを終えて記者は、こう語っています。

 

 十年以上前になるが中国で一年間生活し、中国人の生活に旧暦がいまだに生きていることに驚いた。

当初は「やはり遅れているのか」と考えたが、一年後には「旧暦の方が人間の時間に合っている」と思うように。真冬の正月より、春が目の前に来ている春節(旧正月)の方が新しい一年が始まる気がする。

帰国してからも新暦一本槍の生活に違和感を感じた。そのうちに、金田さんについて知った。多様性を重んじる考えなのは言葉の端々から感じた。ひとつの考えに凝り固まるより、さまざま思想が入り乱れている社会の方が住みやすくて深い。

暦の問題に限らないと思う。

 

記者の考えに私も賛成です。金田先生の言われる、新暦は時間が一直線なのに対して旧暦は時間が循環している、という考えなどは、なるほどな、と得心します。

 

また暦と季節が新暦ではずれてしまっていて、何かとてもチグハグな思いをしています。暦の季節と生活実感が寄り添ってくれたほうが、私達の生活も、より豊かに、そしてより美しく過ごせる気がするのです。

 

 

米山梅吉記念館

■ 20180916(日曜日:曇時々雨)

 

s_20180916

九州大学キャンパスです。

 

■今朝は雨模様です。しとしとと雨が降っています。新沼津カントリークラブのBクラス月例です。本当に久しぶりに大学の先輩である金元先生と、ご一緒にプレイする予定です。夏の間は暑さが堪えて、あまり出かけることもありませんでしたが、涼しくなってくれば緑の中を歩き回るのは心地よいものです。

しかし、何にしても練習量が足りません。月焼き場でユーチューブでレッスンをかじっても、実際は混乱するだけで良い結果が出ることは稀です。今日もその通りでした。55回の53回の108回。大晦日でもないのに、除夜の鐘のようです。

(●^o^●)

最近このスコアが多いのは、どうしたものでしょうか。べつだん計算して打っているわけでもないのですが、不思議とこの回数になってしまいます。煩悩が多すぎるのでしょうか。困ったものです。

今日はたまたまご一緒した方が、PTA会長をされていた時に、同様にPTA会長をしていたSunと交流があったようです。そんな昔話に花が咲きましたが、私は頷くしかありませんでした。

■土曜日は米山梅吉記念館の秋季例祭。多くのロータリアンが全国から来られていました。北は北海道から、南は奄美大島まで、本当に驚きました。来年は記念館が開館してから満50年になります。記念式典を行う予定なのですが、段取りは大変です。

土曜日は12時から評議委員会が開催され、私も本来なら参加すべきなのですが、いかんせん、土曜日の診療は休むのは難しいのです。暇な土曜日は、まず無いからです。ということで、勘弁してもらって仕事が終わって、すぐに車に飛び乗り記念館に駆けつけました。