眠りを殺した

20151130(月曜日:晴れ)

s_20151130

■昨日は楽しいゴルフとSunと二人で美味しい夕食でした。ひろ繁で毎月のディナーです。

 ところが夜中に目が覚めました。気分が悪くなって頭痛が襲ってきたのです。夕食では生ビールを一杯と鰭酒を 1.5 杯飲んだだけですので、飲み過ぎということは無さそうです。ラウンド後にお風呂に入り、帰ってきてから喪中のはがきを印刷しましたが、どうも湯冷めをしたようです。

 疲れも溜まっていたのでしょう。お爺さんが毎朝のように5時に起きてランニングをする、というのは、どう考えても年寄りの冷や水です。

 それにしても苦しい一晩でした。何より横になって休めません。嘔気と頭痛が襲ってくるからです。立っている方が楽なのです。これは辛いことです。こうした場面で、いつも思い出すのが、マクベスのセリフです。Wikipedia によれば、

王を殺したマクベスは茫然自失となり、「マクベスは眠りを殺した。もうマクベスに眠りはない」と言う幻聴を聞き、殺害に使った短剣を持ってきてしまい、マクベス夫人が慌てて短剣を戻しに走る。

 と、あります。眠れないことほど辛いことはありません。マクベスも自滅するしかなかったのでしょう。

 ということで、一晩の悪戦苦闘も5時には、ようやく終わりを告げましたので、7時までゆっくり休んで、今朝は走らずに過ごしました。

 朝食後にコタツで休んでいると、今度は以前テニスで肉離れを起こした左脚のフクラハギが痙攣し始めました。これが痛いのです。泣きっ面にハチです。電解質のバランスが崩れたのでしょうか。

 今日の仕事の長く感じたこと。本当に長い長い一日でした。いよいよ明日からは師走です。そしてフルマラソンが待っています。

広告

仲良し四人組

20151129(日曜日:晴れ)

s_20151129

■今日は久しぶりのゴルフ。仲良し三人組だったのですが、これまた仲良しの長倉さんが、たまたまご一緒してくれました。本当にラッキーです。ということで、尾島さん、植松さんと四人で楽しくラウンドしました。

 絶好のゴルフ日和。新沼津カントリークラブもコンペが入っていて混雑していましたが、8時前の早いスタートだったので、スムーズに回ることができ、14時前には上がることができました。

 尾島さんも長倉さんもシングルの腕前。植松さんと私は、どんぐりの背くらべ。まぁ、楽しい四人組でした。長倉さんには、パットの指導を受けました。本当にパットは難しいです。バーディーチャンスに付けながら、結局ボギーを叩いたり、本当に情けなくなりました。

 でも教えてもらったことが少し試すことができ、有意義な一日でした。

 今朝も出かける前に、3.7 Km を走りました。準備運動代わりです。これで今月は、105 Km 走ったことになります。今月は13日の日曜日に、いよいよ袋井クラウンメロンマラソンに出場予定です。とりあえずは天候が心配です。雨だけはダメです。風邪をひいて肺炎になる可能性があるからです。

 雨以外なら問題はありません。去年から積み上げてきた鍛錬の成果が、どう出るか。怖い反面、楽しみでもあります。

東京物語

20151128(土曜日:晴れ)

s_20151128

■今朝は久しぶりに鶴ちゃんとのウォーキング日。いつものように走るならTシャツ一枚で良いのですが、昨日からの寒さでは完全防備で出掛けないと、風邪をひいてしまいます。

 今日の写真は、途中のお寺にある銀杏の木です。ほぼ手の届くところまで色づいてきました。

■昨夜はアマゾンのビデオで、「東京物語」を観ました。BSではNHKが、同様に今夜放映するようです。原節子さんを偲んでです。

 以前見た時には、自分は子どもたちの立場だったのですが、昨夜観た時には、今度は親の立場で観てしまいますから、それだけ時間が経過した、ということです。

 一昨年には父を亡くし、今年には義母を亡くすという経験を経ると、次は我が身だというひしひしとした実感が湧いてきます。

原節子さん逝去

20151127(金曜日:晴れ)強風

s_20151127

■今朝の富士山です。すっかり雪化粧を済ませました。もう溶けることは無いでしょう。北海道でも、62年ぶりの積雪を記録して、今日も大荒れの予報です。Sunと二人で二年続けて出かけた、あの宗谷岬は今頃どうなっているでしょうか。

■今朝は走りました。昨日休んでいた分、走りも軽くスタートできたのですが、風に参りました。ちょうど去年走った袋井クラウンメロンマラソンを思い出しました。Tシャツ一枚でも寒いというわけでもないのです。走っていれば寒いということはありません。

ところが空っ風の中を走っていると、呼吸が苦しくなります。口を開けずに鼻呼吸、鼻呼吸と念仏のように唱えながら走り続けました。苦しい時は、とにかく基本に帰ることが一番です。前傾姿勢、腕を振る、腰回りの大きな筋肉から脚を動かしていく。

これで今月は、19 回走って、 105.28 Km を走りました。今日は、5.21 Km をキロ 5.47 分で駆け抜けられたのは、望外の喜びでした。集計ソフトによれば、今月走った中では、一番良いペースだったようです。この風を考えれば上々です。それだけ力が付いた、という証です。

■さて伝説の女優 原節子さんが亡くなった、というニュースが今朝の新聞で持ちきりです。

御用学者

20151126(木曜日:曇)

s_20151126

■今朝の写真は東京大使館巡りランで見た、これは確かフランス大使館の塀の写真だと思うのですが。

■今朝はのんびり休みました。札幌では、11月としては62年ぶりの40センチ以上の積雪を記録しました。つまりは私が生まれてた年以来、ということになります。そんな昔だったのですね。

■さて以下のメルマガを読むと慄然とします。学者というのは、良心に従って発言し、行動しているものかと、我々は思っています。主張が異なっても、それは当然です。異なる考えがあるからこそ、社会は安定しているのです。某国のように、大将様の考えだけが正しい、という社会では安心して暮らせません。

 しかし、以下のメルマガを読むと、世の中には単に私利私欲のために、学問的な良心を蔑ろにして少しの後ろめたさも感じない学者がいる、ということを国民は知っておいた方が良い、ということです。本当に恐ろしいことです。

御用学者

目標達成

20151125(水曜日:曇)

s_20151125

■今朝の写真は、今年のベトナム支援隊の旅で泊まったバクザン省のホテルのフロントです。立派なホテルです。昨年から定宿になっています。ベトナム外務省勤務のホンサン、タインさんの顔でしょうか、だいぶ安く泊まれたようです。

■今朝も走りました。これで今月は、18 回走って合計 100.07 Km と目標を達成です。一日に走った大使館巡りランが大きく貢献しています。

今朝は戻って来て、郵便箱を見てみると、袋井クラウンメロンマラソンからの書類が届いていました。来月 13 日開催の退会のゼッケンなど、一式送られてきました。いよいよです。

昨年は、走り終わってからの方が大変でした。何しろ初めてのことですので、さっぱり要領が分かりませんでした。遠州の空っ風が吹く中を、アホのように口を開けて走っていたので、気管支を天日干しにしているようなものです。

帰ってきてからは気管支炎で往生しました。年末年始は病院通いでした。いまは走る時には、決して口を開けずに鼻呼吸だけで走ることを心がけています。

 

 

音声入力ソフト

20151124(火曜日:曇)

s_20151124

■今朝は走りました。昨夜は雨。夜明け前から上がるというのが、昨夜の天気予報でした。今朝も5時に起きて、外を確認すると雨は上がっています。着替えて外へ出ました。

場所によっては水溜りがあり、道路は気をつけないと、暗い中では靴がびしょぬれになってしまうことがあります。ペンライトを持ってはいるものの、暗い中で走るのは危険もあります。

なるべく道路の真ん中を走るようにしています。凸凹が少なくて、一番安全だからです。歩道は暗い中では、とても危ないのです。躓いて転んでは、元も子もありません。健康のために走っているのに、救急車で搬送されては笑い話にもなりません。

■さて昨夜はテニスのツアー・ファイナルが放送されていました。ジョコビッチ選手が、史上初の四連覇を成し遂げました。私も少しばかりテレビを見ましたが、フェデラー選手に勝ち目は無さそうな展開でした。

鉄壁の守りが彼の強さの源泉なのでしょう。フェデラーが一見つまらないミスを連発しているように見えますが、もちろんそれはジョコビッチ選手の守りを破ろうとしての、結果なのでしょう。

勝ち相撲鬼のごとし、と言いますが、勝った試合というのは鬼のように強く見えるものです。

■Sunから譲り受けたアイフォンを使って、音声入力ソフトを試しました。これが驚くほど便利なのです。メール、Line 。スマホでの入力は、まだるっこしいのですが、ほとんど補正すること無しに入力ができるのですから大したものです。

もう何年になるでしょうか。朝日新聞の夕刊に取材を受けた記事が掲載されたことがあります。このホームページに書いた音声入力ソフトの事を、まだ珍しかったのでしょう、朝日新聞の記者が読んでくれていて電話取材を受けました。音声入力ソフトは視覚障害者をはじめ、パソコン利用者にとって今後大きな福音になるだろう、とお話したことを覚えています。

当時は、まだまだ音声入力ソフトが出鼻の頃でした。天下の IBM もビアボイスという製品名でしたでしょうか、発売をしていたのです。今では IBM はソフト開発からは、すっかり足を洗いました。

その後、様々な企業が音声入力ソフトを発売しました。現在、どのソフトが事実上の標準なのかは、私は知りません。いまではスマホには、どの機種にも搭載されています。ただ今までのシャープのアンドロイド・スマホでは使ったことがありませんでした。

しかしアイフォンになって使用してみると、その便利さに、いまさらながら驚きました。高齢者にとって、キーボードは未だに鬼門でしょうから、音声入力ソフトは、そうした意味でも、大きな助けになるに違いありません。ようやく、本当に使い物になる時代が来たのでしょうか。