就学時検診

20171113(月曜日:晴れ)

s_20171113

落合楼村上の我楽多亭の様子です。ゆったりと椅子に座りながら目の前を流れる川の様子を楽しむことができます。

■今朝は走りました。先週の木曜日以来ですから4日ぶりです。三日間どうした訳か走る元気が出ませんでした。昨夜は、その原因が一つ判明しました。寒さです。つまり昨日までは薄い羽毛の掛け布団一枚で寝ていたのですが、どうも寒さで熟睡ができなかったようです。昨夜は、さらに毛布を一枚追加して寝ました。原則我が家はコタツ以外の暖房は使用していません。そのおかげか風邪をひかずに済んでいます。

毛布のおかげで今朝はすんなり起きることができました。6.15km を走り、総計58.98km を積み重ねました。キロ6分47秒の速度ですから、ずいぶんとゆっくりですが、久しぶりですから仕方ありません。少しでも積み重ねができたことを喜ぶべきです。

■さて今日は就学時検診。来年の一年生の検診です。諸外国で、こうした制度があるのかどうか私には分かりませんが、子どもたちの健康を守るためには大切です。ましてや親御さんたちが自分たちのことで手一杯のために、子どもたちの事まで手も気も回らない、という事態が頻発しています。子どもたちは問題を抱えながらも、放置されがちです。こうした検診で問題が見つかることも多いはずです。

少なくともベトナムには、こうした制度は無いようです。私達が枯葉剤支援の旅で行った、小学校の眼科検診の際に伺った限りでは、こうした学校検診はない、ということでした。いわゆる発展途上国が、こうした制度を取り入れることで子どもたちの健康を守ることができれば素晴らしい、と毎回思いながら検診をしています。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中