アドラーの教え

20171122(水曜日:晴れ)

s_20171122

ベトナムでの光景です。路端でサトウキビを売っていました。かじって食べるようです。

■今朝は走りました。いつものコースを走り、6.13km を積み上げて、総計 89.77km となりました。目標まで、もう少しです。

昨夜は沼津医師会の理事会。月に一回の会議です。沼津市、裾野市、長泉町、清水町の二市二町の住民のために日々活動しています。とにかく様々な活動をしていることに驚きます。そして沼津医師会は、まもなく創立70週年を迎えます。

20年前に初めて理事となり、創立50週年誌の編纂に取り組んだのは、とても楽しい思い出です。当時は周年誌をCD-ROMで出そうということで、ずいぶんと大変な思いをしました。会長挨拶をビデオに撮り収録したのですが、今ならスマホでも動画は簡単に撮れるのですが、当時はそうは行きませんでした。ディスクの容量の問題もあり、ビデオの時間もかなり限られた中での収録でした。今となっては、本当に楽しい思い出です。

■いま寝る前に読み進めているのは、「幸せな小金持ちという生き方 ― 本田健初期作【完全版】Kindle 版」です。何やらお金持ちになるには、どうしたら良いか、というハウツー本かとも思ったのですが、内容はそんなところに留まりません。どうしたら幸せになることができるのか、という幸福論に近いのです。そして驚いたのは、いたるところにアドラー心理学が教えが散りばめられているように思えたことでした。

「完訳 7つの習慣 人格主義の回復 スティーブン・R・コヴィー」を読んだ時も、そう感じました。たぶんデイル・カーネギーの本を読んでも、そう感じるに違いありません。知らないうちに、その教えが織り込まれていること。それはアドラーが心から願っていたことなのです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中