逆転の発想

20180113(土曜日:晴れ)

s_20180113

メルボルン動物園での光景です。平和の有り難さは、どれだけ強調してもし過ぎることはありません。

■今朝も走りました。5時半にタイマーを鳴らし目覚めたのですが、なかなかすんなりとは起き出すことができませんでした。それでも何とか床を離れ、今日まずしたことはお湯が出るかどうかの確認でした。昨日は水道管が凍結してお湯が出ずに、走ったあと本当に困りました。

ということで、蛇口を捻ったのですが、残念ながらチョロチョロ水が出てくるだけで、待てど暮らせどお湯は出てきません。とりあえず出しっぱなしにしておき着替えなどの準備をしました。すると数分後にようやく勢い良くお湯が出始めました。安心してランニングに出かけました。

今日も 6.15km を走り、総計 49.95km を積み重ねました。順調に目標の月 100km に向かっています。

■さて昨年のテレビドラマ「陸王」で取り上げられたランニング・シューズが注目を浴びています。今年の箱根駅伝では、厚底のシューズを履いた往路優勝の東洋大学と、薄底の青学の対決が注目を浴びました。

ナイキが開発した、これまでより1センチ薄く、それでいて10グラム軽量という新シューズの威力に日本中が注目したのです。結果は青学の勝利でしたが、これから長い戦いが続くのでしょう。新しい素材を使った靴のおかげで、マラソンも夢の一時間台が出るかもしれません。

可能な限り薄く、軽くというこれまでの常識を覆す逆転の発想が、とても興味深いものでした。そしてやがては、我々市民ランナーにも、その恩恵が及んでくるに違いありません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中