昭和の終わり

20180127(土曜日:晴れ)

 

s_20180127

メルボルン市内の様子です。あやちゃんとの日々を懐かしく思い出しています。

 

■今朝も走りました。今週から飲み始めた漢方薬である抑肝散が効き始めたのか、二日前から睡眠の質が向上したように思います。昨夜の睡眠を解析した結果では、深い眠りが1時間50分、浅い眠りが3時間5分と出ていますが、実感としてもよく眠れた、という感じです。

まぁ、様々な条件が重なりますから、記録を取り続けてみないと分かりません。

というわけで、今朝はいつものコースを 6.66km 走り総計 94.92km となりました。あと一回で目標の月100キロを達成です。

■さて今朝の新聞は、元官房長官野中広務氏の死去を報じています。57歳で中央政界入りした野中氏の国会答弁などのビデオを観て感じるのは、今の政治家の皆さんの発言と異なり、一生懸命、誠実に発言しているということです。安倍総理の言い間違いを始め、今の与党幹部の発言に重みが無いというか、緊張感が無いというか、いい加減というか、適当というか、とにかく雑です。

要するに緊張感がないの一言です。仕事に対する緊張感が無いので、いい加減でもいいや、という腹づもりが見え見えなのです。恐ろしいことです。まさに落ちるところまで落ちた、という実感です。それは日本人全体が劣化していることの現れです。

昭和の終焉の一幕です。

■さて今朝も寒くてお湯は出ませんでした。水道管の凍結です。昨日はさいたま市で朝の冷え込みで、氷点下9度を超える冷え込みだったようで驚きました。高崎に住むTakuが心配になりました。

(●^o^●)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中