転換点

■20180610(日曜日:曇のち雨)

s_20180610.jpg

千歳駅前のタンポポです。先日の千歳マラソンに参加した際に撮りました。

■今日は新沼津カントリークラブのBクラス月例です。4月からハンディキャップの改定でBクラスの転落しました。それでも仲間がいてくれますので、楽しいこと子にはかわりありません。今日は植松さんと、そして以前からの静岡市の友人 赤井さんと小長井さんとご一緒でした。赤井さんとご一緒するのは何年ぶりでしょうか。本当に楽しいひと時でした。赤井さんの息子さんは九州で麻酔科医をされています。そんなこともあって、話が合うのです。

何より赤井さんは紳士です。人間として、こうありたい、という目標でもあります。そういう方と一緒にゴルフができることは、本当にありがたい事です。

■さて歴史的な米朝会談が間もなく開始されます。毀誉褒貶という言葉がありますが、トランプ大統領に対する評価も、その名に恥じません。いわゆるリベラルと言われる人々は、トランプ大統領をこき下ろします。溜飲を下げる、というわけです。私自身は、以下のサイトで展開される田中 宇さんの解説記事を愛読しているためか、その手の評価には胡散臭さが鼻についてしまいます。

ヒラリー・クリントンさんが女性であることもあって、トランプ候補を応援してヒラリーさんを応援しないのは、知的レベルが低いからだ、と言い出しかねない勢いでした。しかし、この手の意見は眉唾です。

ヒラリーさんが影でどれほど戦争を煽ってきたか、そしてウォール街から、どれほど多額の献金を受けてきたかは、あまり語られることがありません。

以下の記事は、無料版ですので、ぜひともお読みください。世界を見る目が変わる、と言っても大袈裟ではありません。

田中宇の国際ニュース解説 無料版 2018年6月9日

■世界は、まさに変わろうとしているのです。

 

広告