腹六分

■20181005(金曜日:曇)

 

s_20181005

ベトナムの農村です。

 

■今朝はゆっくりと休みました、と書きたいところですが、熟睡できませんでした。昨夜はロータリークラブのテーブル会。クラブでは二ヶ月に一度、席が変わります。その度に夜一杯やりながら親睦を図るわけです。毎週の昼間の例会だけでは、ほとんど言葉も交わさずに過ごしてしまうことも多いので、こうした時間は大切です。普段知ることのない会員の人柄を知ることができます。

 

ところが昨日は、いささか飲みすぎました。ワインの量が私には過ぎたようです。お酒の量が過ぎると熟睡できないのが私の体質です。もともと弱いのでしょう。昨日の食事の量も、私には多すぎました。お昼の例会は、米山記念館での特別例会でしたが、お弁当が立派で量も多かった上、夜のテーブル会ですから、私の胃袋には過剰な負担だったようです。

 

前期高齢者ですから腹六分で、ちょうど適切かもしれません。その人に適切な量がありますから、人それぞれでしょうが、私の場合は、それほど胃腸が強いとは思えないので、十分な注意が必要です。少しお腹が空いている、という状態が一番健康に良いようです。頭もよく働きます。ただそれ以上お腹が空くと、イライラしてきます。まさに、「Hungry is angry. 」です。

 

今日は回復を待つ一日になりそうです。

 

 

 

広告