運動しよう!

■20210927(月曜日:晴れ)

松本城の天守閣に登る階段です。狭い上に傾斜が急で、これも防備のためでしょうか。

■今朝はゆっくりと休みました。昨日は頑張って今月2回目の LSD を敢行しました。調べてみると、今年はたった2回しか LSD をしていないのですが、その2回ともが、この9月でした。

昨年も同様に、年に2回ほどしか LSD をしていませんので、これでは大会に向けて充分な練習とは、とても言えません。

幸い昨日の気象条件が、気温も低く、適度な湿気と風もほとんどなかったので、走るには絶好でした。

昨日の雨で富士山に雪が降り、甲府気象台が再度、富士山の初冠雪を発表しました。前回の発表は規定で取り消しになったようです。先程、屋上から富士山の初冠雪の写真を撮って、あやちゃんに送ってあげました。

この冬、初冠雪の富士山です。異例の再度の初冠雪でした。

■さて、今朝の東京新聞には運動に関して記事が2つ掲載されていました。「運動しよう ! 促す企業増加、歩数ボーナス、職場内で体操、社員、経営双方に利点」。また、沼津市も「長引くコロナ禍、自宅で健康維持」と題して、簡単な運動、食事のレシピなどを市の公式YouTubeチャンネルで動画を公開したようです。最初の記事の書き出しは、こうです。

コロナ禍で外出自粛や在宅勤務が強く叫ばれる今、心配なのは運動不足からくる体や心の不調だ。

社員に積極的に体を動かしてもらおうと、企業の中には手当を出したり、勤務中に運動の時間を設けたりするところもある。

長く健康に働ける環境づくりは、社員はもちろん、企業にとってもイメージアップにつながるなど、メリットが大きい。

コロナ感染を恐れてほとんど、家から外出せずに過ごしている人も多いようです。在宅勤務ですと、なおさら一日中、家で過ごすことになりますので、動く範囲も量も限られてしまいます。

典型的な在宅勤務である私のような者にとっては、普通に過ごすと1日2000歩が限界です。意識して運動しないと、まさにメタボの塊になってしまいます。

患者さんを見ていて、つくづく思うのは、中年以降、人の一生とはメタボとの戦いだということです。高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙。この6つにさえ気をつけていれば、多くの病から逃れることができます。

しかし、それは容易ではありません。その基本対策が食事と運動だからです。どちらも、意識的に選択し、努力して取り組まないと成果が上がらないからです。薬のように、ただ飲めば良い、というわけにはいかないのです。

本当に地道な面白可笑しくもない、努力を積み重ねなければいけないのです。そうして努力して得られる一番の成果は、体型だと私は思います。つまり、見てくれです。

頭が禿げ上がってしまうのは、いくら努力しても止めることはできません。しかし、食事と運動で節制すれば、お腹が脂肪で飛び出すことは防ぐことができるのです。

旅行などに行って撮った写真を見てみると、今の自分の体型が学生時代とほとんど変わっていないことに、ある種の誇りと自信を持つことができます。

もちろん体力も同じ年齢の方より少しはあるでしょうし、怪我もしにくいのではないでしょうか。長く生きることは嬉しいことではありますが、それは健康であることが、不可欠の条件なのです。

いつまで今の目標である、月100キロ走が続けられるかどうか分かりませんが、体力に合わせて目標距離を決め直し、走り続けていきたいと思っています。

国家の成熟

■20210926(日曜日:曇)

松本城内に展示されている甲冑です。当時の日本人は小柄だったのですね。

■今朝は LSD を敢行しました。残り日数と、月100キロ走までの必要距離数を考えると、ここは1度、長距離を走っておかないと間に合わなくなりそうだったからです。

それに高野コーチの話にもあったように、フルマラソンにしろ、ハーフマラソンにしろ、きちんと完走するためには、やはり普段から、ゆっくりで良いから長い時間を走るトレーニングが、とても大切のようです。

結局今日は2時間7分2秒、17.86kmを走りました。これで今月は10回のランで、79.40kmを積み重ね、残り4日で月100キロ走までは20.60kmを残すところまで来ました。

気象条件のおかげでしょうか、思ったよりは苦しくありませんでした。少し前でしたら、高温のために、とても走り続けることはできなかったと感じました。

残り4日で10キロ強ですから、いささかきつい状況です。月末は台風の影響で雨になりそうですので、走ることのできる日数は、さらに限られそうです。思案のしどころです。

■昨日は仕事の後、少し休んでから、新沼津カントリークラブに練習に行きました。いつもの通り、アプローチの練習を、ほとんどしていたのですが、同様に練習している人がいたため、グリーンが空いていませんでした。

まずはバンカーショットから練習を始めました。それから、グリーンの脇にある、ラフからグリーンサイドの土手というか、少し盛り上がったところにバッグを置いて、そこに向かってアプローチショットを続けました。

これは大変良い練習になることに、今更ながら気づきました。つまり、その場所は地面が平らではありませんので、実際のコースでのショットに限りなく近い形で、練習できるからです。

しかも、ラフからのショットになりますので、よほどきちんと打たないと、ボールを捉えることができません。平らなフェアウェイから練習するのは、もちろん大切ですが、実際のコースではそういうところから打つことができることの方が、むしろ少ないのです。そのことに、ようやく気付くようになりました。

ということで、昨日は大変良い練習になりました。大切なのは、やはり腰の回転だ、ということに気づきました。左の腰が、しっかり切れないとクラブを振り抜くことができないのです。つまりはクラブヘッドが、きちんとした軌道上を走りませんので、ボールもまっすぐに高く飛んでいかないということです。

昨日気づいたこの点は、私にとって、とても大きな突破口になりそうな気がしています。もう少し練習を続けてみないと、わかりませんが。

■さて29日投開票の自民党総裁選に4人の方が立候補しています。自民党政権が続く限り、大きく今の社会のあり方が変わることはないと思いますが、誰を支持するかと問われれば、私は野田聖子さんが一番真っ当な保守政治家ではないかと感じています。

郵政選挙の時にも、時の小泉総理に反旗を翻し、郵政民営化法案に反対しました。これは、ものすごく勇気のいることです。信念がなければ、とてもできることではありません。

小泉総理が成し遂げたことは、結局、国民の財産を単にアメリカに売り渡したに過ぎません。公務員改革などと叫んではいましたが、実態は、そのようなものではないのです。

恐ろしいのは、そうした政治的宣伝に、国民が熱狂してしまうことです。この国の国民は、未だに近代国家の国民には、なりきれていないのでしょう。下手をすると、また愚かな戦争に突き進みかねないのです。

日本の国は明治の時代に、精神的には、いまだに立ち止まっていると言えるかもしれません。総裁選における、高市候補に対するネットからの一部の人々の応援ぶりを見ていると、つくづくそのことを痛感せざるを得ないのです。

穏やかな距離感

■20210925(土曜日:曇)

松本城天守閣から見た市内の様子です。

■今朝は走るつもりで目覚ましを合わせてありましたが、起き出すことができませんでした。昨日走りましたので、疲れが取り切れていないのでしょう。

それと何より一番の問題点は、アレルギー性鼻炎がひどいのです。この時期は、体がだるくてどうにもなりません。抗アレルギー薬を内服しているおかげで、少しは楽なのですが、やはりだるさが取り切れません。

せっかく過ごしやすい気候になってきたのですが、それもこのダルさのおかげで、ありがたさも半分ほどになってしまっています。5月のゴールデンウィークの頃も、実は同様のだるさに襲われます。春、秋と一番いい季節の頃に身体がシャキッとしないのは、大変残念なことです。

■さて、今朝の東京新聞読書欄では「記者の1冊」で「息子物語  ヤマザキマリ著」を取り上げています。

漫画テルマエ・ロマエの産みの親で、文筆家としても多忙な生活を送っているヤマザキマリさんには一人息子がいます。異国で未婚の母となり、息子と共に各国を渡り歩いた激動の日々を振り返る、異色の子育てエッセイに、この本はなっています。記者はこう書かれています。

子の内心の葛藤にしつこく立ち入らない「穏やかな距離感」が著者らしい。

血はつながっていても別個の人間で、どんな状況下でも誰にも頼らずに自立して生きてほしいと願うからだ。

17歳で日本を飛び出し、たった一人で身を立てた著者の人生訓でもある。

子育てとは、永遠の課題に違いありません。

標準規格

■20210924(金曜日:晴れ)

今年の中秋の名月です。何とか雲間から見ることができました。

■今朝は走りました。火曜日以来ですので、3日ぶりです。予定よりも、だいぶ遅れてしまっていることは、わかっているのですが、天候や体調や、いくつかの理由で、順調に走ることができていません。

今日は41分11秒、6.38kmを走り、これで今月は9回のランで61.54kmを積み重ね、月100キロ走までは残り6日で38.46kmとなりました。

残り距離はなかなか微妙な距離でして、日曜日 LSD で積み重ねをすれば、なんとかギリギリ間に合いそうな気もしますし、いささか無理のような気もします。とにかく可能性がある間は、目標達成を最優先にするつもりです。

■さて、今朝のオンラインニュースでは、「EU スマホ充電器USB Type Cに統一へ、AppleのLightning端子を排除」と報じられています。

利用者の立場からすると、様々なデジタル機器の端子がバラバラなのは、本当に困ったものです。性能の低い規格に統一されて、そのまま進歩がないというのも困りますが、よほど革新的な技術以外では、統一してもらった方が、よほど利便性が高くなります。

デジタル機器の端子などは、その最たるものだと思うのですが、これからの時代、もう一つの重要な統一規格は、電気自動車の充電プラグではないでしょうか。

世界初の量産EVを発売した、日産自動車が、チャデモという形式の充電プラグを開発し、現在でもヨーロッパではこのチャデモ企画の充電器が、どこの充電ステーションにも、必ず一台は設置されているようです。

しかし、性能の改善に企画が追いついておらず、高い性能を持った充電プラグ規格が、今や主流になりつつあります。

標準規格を握ったものが最も有利な立場に立つのは、デジタル時代には自明のことなのです。メーカーを超えて、いかに標準規格を抑えるかが、国家間の盛衰を決定すると言っても過言ではないのです。今や日本はすっかり、電気自動車後進国になってしまいました。

トヨタ自動車は、充電設備の充実に、お金を使おうとしません。テスラやフォルクスワーゲンとは正反対の姿勢です。

安倍内閣以来、円安誘導によって輸出企業は、努力をしないで利益が上がる状況を、謳歌してきました。その間に技術革新に対する投資を怠ってきたのです。円安誘導と外国人労働者の安い賃金で、史上最高益を上げてきたのです。

しかし、それが永遠に続くほど世の中は甘くありません。今やすっかり日本は、貧しい安っぽい国に落ちぶれてしまったのです。

円安に振れるということは、円の価値が下がるということです。つまり円を持っている日本人の購買力が下がるということは、日本が貧しくなっていくということです。

なぜ円安を、マスコミを含めそれほど大喜びするのか、私にはよく理解できませんでした。野口悠紀雄さんによれば、野党もその点をしっかりと理解していなかった、と書かれています。

秋分の日

■20210923(木曜日:晴れ)

松本城です。国宝です。

■今日は秋分の日。木曜日が休日だと、一週間がとても早く感じます。

今日は大の仲良し、大村さん、久松さんとゴルフを楽しみました。なかなか皆さんの都合が合わずに、日程調整が大変なのですが、何とか三人で時間を取ってプレイをしました。

今日は快晴の一日で、むしろ暑いほどでした。三人で楽しく語らいながらのプレイは、本当に至福の時です。持つべきものは友です。

今日は5番ショート・ホールでバーディーを奪えたり、16番のロングで2メーターほどのバーディーパットを外したりと、自分としては上出来でしたが、叩くところはしっかりと叩いて、上がってみれば、96回と大したことはありませんでした。

それでも、試したきたフォームが少しずつ形になってきたようで、迷いが少なくなった分だけ進歩した、と言えそうです。

次回が楽しみです。