議論

■20190921(土曜日、曇り)

ドラマ・北の国から・の世界です。

++++++++++

■今朝も走りました。台風17号の接近が報じられて、この連休には、また雨の予想となっています。月曜日の休日に再度 LSD を敢行しようと思いましたが、残念ながら出来そうにありません。そこで今朝も走りました。5時に目覚ましをかけたのですが、起き出す決断がなかなかできませんでした。窓を開け、雨の降っていないことを確認した上で準備を始めました。今朝は6.06kmを走り、これで通算80.28km。残り9日で19.71kmのところまで来ました。今月11回目のランでした。あと3回走れば目標の、月100kmを達成できそうです。

■昨夜は毎年出かけている、ベトナム枯葉剤被害者はればれ支援隊の定例会が行われました。今年は10月17日から22日までの予定でベトナム・ニンビン省に出かけます。参加人数は八名です。参加者の旅費や沼津西ロータリークラブからの支援金、さらには友人の皆さんからの寄付金を元に被害者の皆さんに、生活支援金を手渡す予定です。また支援してくださる、メディオ薬局からの医薬品や友人から寄付していただいた替えオムツなどを、みんなで分散して運ぶ予定です。

昨年まではバクザン省の施設を中心に活動していたのですが、今年はニンビン省で被害者支援の責任者をされているビンさんと共に活動をすることになっています。予定では、私も小学1年生の学校検診を行うことになっています。スポットビジョン・スクリーナーと呼ばれる子供達の目の屈折状態を測定できる携帯型の機器を持参し、子供たちの検診を行う予定です。今や3歳児検診における標準機器となりつつあるこの機械は、簡便さや性能においてとても優秀な製品です。ベトナムにおいて、この機器を用いた学校検診は私にとって初めての経験ですので、どのような結果が出るか楽しみでもあります。そもそもベトナムでは学校検診というものが行われていないようですので、少しはお役に立てるかもしれません。

■さて、今朝の東京新聞三面では、IR誘致予算が成立と題して、横浜市議会で統合型リゾート施設( IR )をめぐり、20日市議会が誘致に向けた調査費など2億6000万円を盛り込んだ補正予算を賛成多数で可決成立した、と報じています。議員定数の過半数を占める自民党無所属の会と公明党が賛成しました。市は今後、実施方針の策定など誘致に向けた手続きを本格化させ、2020年代後半とされる開業を目指すようです。

市のパブリックコメントで市民の9割が反対したIR誘致について横浜市議会は、誘致に向けた補正予算を可決しましたが、新聞によれば核心のカジノの是非について議論が深まったとは、とても言い難いと断じています。

新聞の解説によれば、カジノを誘致することによる功罪というものを、きちんと議論をした様子が見られないというのです。まさにその点が核心なのではないでしょうか。きちんと意見の交換をし、議論をした上で結論を導こうという意思が見られないのです。地方自治体しかり、政府しかりです。最初から結論ありきで、有識者と呼ばれる提灯持ちのような人々が集まって、お墨付きを与えるというのが定番になっています。議論の様子も公開されることは少ないようです。

結局のところ、きちんとした議論をせずに物事を決めていくという日本のシステムは、いずれ破綻することは目に見えています。一部の人々の私利私欲を満たすために行われる儀式でしかないのです。安倍内閣になってから、その傾向が一段と強まっています。お友達と呼ばれる、ごく一部の人々の利益のために、政治が行われているのです。その行き着く先は、先の大戦のように敗戦になることは目に見えています。また同じことを繰り返す、自国の悲しい習性というものに、本当に残念な思いを禁じ得ません。

広告

政治とは

■20190920(金曜日 晴れ)

ドラマ・北の国から・の世界です。

++++++++++

■今朝は走りました。今月10回目のランで、6.09kmを走り通算74.21km。残り10日で25.78kmのところまで来ました。今週は月曜日に、久しぶりの LSD を行いましたので、今週の通算走行距離は29.31kmと立派な成績です。あの暑い中、2時間以上走りましたので、その後走った時に、随分と楽に感じるようになりました。3時間の LSD を行えば、きっとハーフマラソンもずっと楽に感じるのかもしれません。

■さて、れいわ真選組の山本太郎代表によって MMT なる経済理論が注目されています。アメリカではサンダース上院議員やコルテス下院議員などの、いわゆる民主党左派と言われる人達が、この MMT 理論を基盤に、政策の提言を行っています。れいわ新撰組から、先日の参議院選挙に立候補した大西つねき氏が、山口県の萩で講演した様子が、長周新聞に掲載されています。その中で、大西氏はこのように述べています。

税とは、予算を組む(使う)ために集めると思われているが、日本の予算はこの50年間赤字国債でやっている。つまり、必要なら集めなくても借金でお金を作れる事を証明している。税制とは、予算が足りないから集めるというものではなく、所得の再配分(累進課税)や所得格差の是正(相続税)など、皆さんの思想を国の形に反映するためのものだ。それこそが政治の本質だ。

さらに金融資産や株取引による課税を所得税から分離軽減して、何の価値も生み出さないギャンブルを奨励している現在の税制の本末転倒ぶりを批判されています。

私たちが、いかにこれまで洗脳されてきたか、ということを痛感するばかりです。今のままでは社会が、両極端に分かれて崩壊しかねないという危惧もまんざら危惧だけでは、すまなくなってしまいそうです。

認知不協和

■20190919(木曜日:曇り)

「北の国から」の家に向かう途中のクイズです。

++++++++++

■今朝はゆっくりと休みました。昨日は終日雨の一日で気温も上がらず、空調を使うこともありませんでした。のんちゃんが以前から飼っていたウサギのペット、ダラが手術を受けることになり、動物病院で昨日手術を受けました。大変な一日だったようです。人間に換算するとかなり高齢のようで、色々病気が出てくるのも致し方ないんでしょう。一日も早く元気になってもらいたいものです。

■さて東京新聞に連載されている「一心不安・現代日本人の個と孤」の昨日の原稿は「すっぱいぶどう」でした。イソップ寓話の一つ、あのすっぱいぶどうです。あらすじはこうです。お腹を空かせたキツネが、おいしそうに実った葡萄の房を見つけました。食べようとして懸命に飛び上がりましたが、高いところにある葡萄には、何度跳んでも届きません。とうとうキツネは「どうせこんな葡萄は酸っぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか」と負け惜しみを言って去って行きました。

この話のように自身の考えと現実の状況が矛盾する時に、新たな信念や考えを持つことを心理学では「認知不協和」といいます。著者の名古屋大学教授、川合信幸先生があげる、分かりやすい例が喫煙者の言い訳です。

喫煙者が「喫煙する」と「喫煙で癌になりやすい」という二つの矛盾を抱えた時に、それを解消するには禁煙するか別の信念を持つかのどちらかを選ばなければなりません。禁煙すれば一番良いのですが、それは大変なので、「喫煙者でも長寿の人もいる」、「肺がんよりも交通事故で死亡する確率の方が高い」という理屈を作ったり、断片的な事実を信じることで矛盾を解消しようとする行為です。

イソップの「すっぱいぶどう」の教訓は、負け惜しみを言うな、ということでしょう、と川合先生は書かれています。でも、なんとかとハサミは使いようでして、この認知不協和も、上手に使えば不快な気持ちをやり過ごせるかもしれない、と川合先生は書かれています。例えば

「みんなと一緒にいたい」。でも「仲間外れにされる」なら、「あの人たちは、わたしが仲良くすべき人ではない」と信念を変えてしまえば矛盾は解消します。届かない葡萄に無理に飛びついて怪我をする必要はないのです。

と最後に書かれています。いじめ問題で苦しみ自殺にすら追い込まれかねない、学校での状況を考えると、こうした考えはとても大切ではないかと私には思えるのです。

民主主義

■20190918(水曜日: 曇り)

富良野産のぶどう果汁です。

++++++++++

■今朝は走りました暑さの峠もようやく超えたのか、昨夜は過ごしやすい一夜でした。とは言うものの、今朝は目覚ましを5時にかけたのですが、起き出すことができたのは5時半近くでした。ビニールゴミを持って所定の位置まで行き、置いてから準備運動を始め、走り始めましたが、涼しさのおかげもあってかスムーズに走り始めることができました。

とはいえ、4キロを走る頃までは体も重く足取りも重かったのですが、バイパスの脇を走っているとき、空を見上げると雲の合間に月が見えました。そこで一枚写真を取ったのですが、30秒ほどでしょうか、休むことができました。どういうわけかその後とても体が軽く感じられ足がスムーズに前に出るようになりました。結局今朝は6.12kmを走り、これで今月は9回走り、68.12kmを積み重ね、残り12日で31.87kmのところまで来ました。

■さて、いつも読んでいる、田中宇の国際ニュース解説無料版2019年9月17日号が配信されてきました。題名は「さよなら香港、その後」です。香港で起きている民主化運動について、分析しています。

香港は中国に英国から返還され、一国二制度の下で統治されています。私たちは、ともすると誤解しがちなのですが、香港が中国に返還される前、香港は英国の下で模範的な民主主義体制の下で統治されていた訳ではないのです。英国の植民地として統治されていたのです。中華人民共和国を嫌う人々は、香港が民主的な、まるで理想的な政治制度の下で、英国により統治されていたかのごとく考えがちですが、それは明らかな誤解なのです。

英国により植民地支配を受けていた国々では、独立はしたものの、いまだに内部紛争で争いが絶えないのです。インドとパキスタンしかり、ミャンマーしかり、そして香港しかりなのです。英国の狡猾な分割支配の置き土産によって、人々は未だに苦しんでいるのです。まるで民主主義のお手本のように、英国を崇め奉る人々がいますが、私には理解できません。あの国ほど罪深い国も数少ないのです。EU離脱問題で国際的な力が落ちている英国ですが、世界平和のためにはとても良いことのように私には思えます。

欧米式の民主主義システムを無批判に賛美する人々がいますが、少し冷静になって考え直した方が良いのではないでしょうか。日本も民主主義国家のお手本のように、自分たちでは考えていますが、たった3割程度の人々の支持を得た政権が、自分たちの利権のためにやりたい放題の状況を、よく考えてみた方が良いのです。特にマスコミと一体になって世論を誘導し、投票率を可能な限り下げ、自分たちの持つ組織票で権力を維持している今のやり方は、どう考えても民主的とは言えないように私には見えるのです。

テレビ

■20190917(月曜日晴れ)

北の国からの世界です。

++++++++++

■今朝はさすがにゆっくりと休みました。昨日は本当に久しぶりに LSD を敢行し来月のハーフマラソンに向かって1歩前進しました。とにかく暑い一日でした。一昨日の日曜日は同様の天候の下、マラソンの予選レースである MGC が東京で行われましたが、選手たちはさぞ暑さに参ったことだと思います。昨日は朝の5時半から2時間と少し走りましたが、時間帯的にはまだまだ暑さはそれほどではありませんでしたが、MGC はまさに暑さが募る時間帯に行われています。想像するだけで、めまいがしそうです。さらに来年の東京オリンピックは今よりも1ヶ月も前、つまりもっと暑さが酷い時期に開催される訳ですから、選手にとっては命がけになりかねません。

オリンピックが、これほど選手を軽々しく扱うようになったのは、いったいいつからのことなのでしょうか。1964年の東京オリンピック開会式は10月10日でした。まさに秋晴れの青空の下、オリンピックは開催されたのです。どうも、ロサンゼルスオリンピックからというのが通説のようです。経済的に行き詰まり、開催地がなかなか決まらなかった当時、商業資本を大胆に取り入れ開催されたロサンゼルスオリンピックから、テレビやマスコミの思惑に沿って、開催時期も決定されるようになりました。オリンピックの開催が決定されると、妙にはしゃいだ様子の芸能人たちや、選手たちがテレビの画面に頻出するのですが、とても奇妙に私には感じられるのです。

テレビの影響というのは、とても大きいと思います。テレビの一番の効能は何も考えずに時間を過ごせることです。友人達と話していて、「忙しいので時間がない」と言われる機会が多いのですが、これはいささかマユツバです。その人がテレビを見ない、という生活を送っているのであれば、本当に自由な時間がないのだと思いますが、そういう方は極めて稀です。

一日あたりどれだけの時間をテレビに費やしているかは、もちろん現役世代と退職した高齢者とでは全然異なるはずです。時間がないと言って困っている人は、テレビのスイッチを切れば良いのです。おそらく1日2時間以上、新しい時間が生まれるはずです。限られた時間しかない貴重な一生の中で、テレビに時間を費やすのは、本当にもったいないと思います。貴重な時間に値する番組は、もちろんあるのですが、極めて稀です。

恐らくテレビとどう付き合っているかを確認するだけで、その方の人となりのかなりの部分を知ることができるような気がしてきているのです。大宅壮一さんは、さすがに慧眼の持ち主だったようです。

一億総白痴化(いちおくそうはくちか)とは社会評論家の大宅壮一が生み出した流行語である。「テレビというメディアは非常に低俗なものであり、テレビばかり見ていると人間の想像力や思考力を低下させてしまう」という意味合いの言葉である。

電柱

■20190916(月曜日、曇り)

テレビドラマ「北の国から」の舞台です。

++++++++++

■今朝は走りました。昨日の疲れも残っていたのですが、ここで頑張って走らないと間に合わなくなる可能性がありましたので、久しぶりのLSD(Long Slow Distance)を敢行しました。今朝は17.09kmを走り、これで今月は8回走り、61.99kmを積み重ね、残り14日で38.00kmとなりました。エプソンのホームページに記録を登録すると、画面には「月間50キロ走達成おめでとうございます」と告げてくれています。途中二度ほど休憩し、少し歩いてしまいました。そして10キロを過ぎて右膝の違和感も出現し、途中で止めてしまおうかと思ったこともあったのですが、とにかくなんとか最後まで走りきることができました。

2時間11分16秒も、かかってしまいました。2時間も走り続けたのは今年の6月に出場した、JAL国際千歳マラソン以来です。2時間走り続けるというのは、やはりなかなか大変です。途中で筋肉痛や膝の痛みなど、なんやかやで走れなくなってしまう時間帯があるのです。ゆっくりしたペースならば、何時間でも走っていられる、と豪語したいところなのですが、今の私の実力では、とてもそんなわけにはいきません。たとえゆっくりとしたペースではあっても、走り続けるというのは結構大変なのです。それでも苦しかった、走り始めて1時間ほどした時を過ぎると不思議なことに、また少し楽になってくるのです。あの苦しさは何だったのだろう、と後から思うと不思議な感じがするのですが、その苦しい時には本当に苦しいのです。

その苦しい時間帯を過ぎると、しばらくの間は、なんと言いますか、無の状態とでも言いましょうか、その時間だけ何か、消しゴムで消してしまったような、そんな時間帯がしばらく続くのです。周囲の様子も記憶に残っていません。ひたすら自分が走るだけで、まるでトレーニングルームで、ただ1人で走っているような、そんな時間帯なのです。膝の痛みも屈伸運動を1回してからは、少し楽になりましたので、なんとか、だましだまししながら、最後まで走り終えることができました。

■さて、台風15号で被害を受けた千葉県では未だに停電の状態が続いているようです。様々な解説がネットに溢れていますが、同様に暴風の影響を受けた東京都では電柱を地中に敷設してあった地域が多かったために、被害が軽かったという報告があるようです。つまり、風によって電柱が倒れ、それによって停電が起こり、復旧に時間がかかっているという説明です。

強力な台風が、これからも何度も襲ってくる可能性を考えると、単に景観上の問題から電柱を埋設すすべきだ、というだけではすまない問題になってきました。安全保障の問題とすら言える状況になってきたのです。

福島第1原発の被害者に対する賠償資金を捻出するために、東京電力が電柱の維持管理費を合理化したことが被害を大きくした、という指摘もあるようです。詳細は不明です。原因はどうであれ、これだけ長期にわたり停電が続くということは、国民生活への影響を考えると、早急に原因と対策をしっかりと立てるべきだというのは当然のことです。

最近は毎年のように大型台風が上陸し、同様の被害が発生していることを考えると、政府と電力会社はしっかりと協力して、有効な対策を取らなければならないのです。政治の怠慢は国民の命を危険にさらすのです、どうも今の政府は、そうした慮りに酷く欠けるようです。

50周年記念

■20190915(日曜日、晴れ)

富良野駅にある案内板です。これで確認して、北の国から記念館を訪問しました。

++++++++++

■昨日は休診にして、三島の東レ研修センターで行われた、米山梅吉記念館創立50周年記念式典のお手伝いを午前中からしました。北は山形から南は九州まで七百人近いロータリーアンが、お越しになりました。私どものクラブが受付担当でしたので、午後1時からの受付開始に向かって、最後の確認をし来場を待ちました。浦和からも3人の方が来られましたが、高校の同期生、野辺さんがこられるかもしれないと、名簿を確認しましたが、残念ながら彼の名前はありませんでした。

会場収容能力の関係で、私どもは式典会場には席がないために、会場外のモニターで見ることになりました。長い1日でしたが無事に終了し、17時半からの懇親会で1時間ほど歓談し、早々に三島駅から電車に乗って帰宅しました。

■さすがに昨日は疲れました。朝いつものように6.2キロを走ってから朝食をとり、少し休んでから原駅まで自転車で行き、東海道線に乗って三島駅に到着、シャトルバスが運行されていましたので、式典会場までバスを利用させてもらいました。終日受付業務と式典見学ということで夕方には心底疲れてしまいました。夜の9、時過ぎには早々に床に入り、遠藤周作さんの本を読みながら眠りにつきました。

今日は久しぶりの新沼津カントリークラブBクラス月例に参加です。天気もなんとか夕方まではもってくれそうですので、これまでの練習成果を、なんとか最後の一ホールまで、粘り強く生かして、続けることで久しぶりに良いスコアを出したいものだと思っています。

■今日は午後から猛暑になりました。午前中はそれほど感じなかったのですが、午後からは気温がぐっと上がりました。いささかバテ気味になりましたが、相変わらず楽しい1日でした。今日は谷本さん、植松さん、そして甲野藤さんと4人でプレーすることができました。新しく購入したテーラーメイドM2ドライバーを初めて使用したのですが、いい時と悪い時で、波が大きすぎました。あるホールでは、今まで飛んだことのないところまで、ティーショットが届いて驚いたのですが、驚いたのはその1ホールだけでした。

まあ、そううまくはいきません。練習あるのみです。そんな1日でしたが、収穫があったとすれば7番アイアンが信じられないほど安定し、飛距離も随分と飛ぶようになりました。YouTubeにあった、あるプロのレッスンを見て、手の位置とクラブヘッドの位置が一直線になるのはおかしい、という指摘があったのですが、そのビデオで学んだことが7番アイアンでは、率直に有効だったのです。ところが、それよりも長いクラブになると、うまくいかないのです。特にドライバーショットでは全くと言っていいほど、ボールにうまく当たりません。クラブの長さとヘッドの重さの違いを、十分に処理できていないのです。それが安定していない、一番の理由のように思います。