アプリ

■20190422(月曜日:曇)

 

s_20190422

京都清水寺でのカエルです。

 

■今朝は走りました。目覚ましを5時に合わせていたのですが15分ほど前に目が覚めました。もう一度寝てしまうと、今度は起きられなくなりますので、そのまま起きだして走り出すことにしました。今日は、とにかくゆっくり長く走ることを心がけました。10.52 km を走り、これで今月は通算80.83 km 。残り8日で19.16 km の地点まで到達です。来週の日曜日には成田へ移動しなければなりませんので、走ることができるのは今週いっぱいということになります。 今週の予定をしっかり確認した上で何としても目標達成しなければなりません。

 

■今朝の東京新聞には興味深い記事が掲載されていました。「びっくり新技術」というコーナーで、「弱視の人 買い物支援 価格や色を音声に、アプリ開発」と題して解説されています。弱視の人は、店員やヘルパーの手助けなしでは買い物が難しいものです。そこで商品の電子タグの情報を読み取るリーダーと接続し、その情報をスマホで音声案内するアプリを作られたのです。東京大学工学部の嶋田紅緒さんと矢谷浩司准教授が開発されました。

 

矢谷准教授は、このアプリの対象を洋服などにも広げて数年後の実用化を目指している。

 

とのことです。 誰もが手元にコンピューターを持つ時代が来ました。スマホです。 IBM が何億円もする大型汎用機でコンピューター市場を牛耳っていた頃、 コンピューターを個人でも使えるようにしたいという夢を持って挑戦したのが、 Apple のスティーブジョブズでありマイクロソフトのビルゲイツだったのです。「 全ての情報をあなたの指先に」というキャッチフレーズを掲げたのはビルゲイツでした。その夢を実現したのは、 PC つまりパーソナルコンピューターというよりは、 むしろスマートフォンだったのではないでしょうか。 あらゆる情報はスマートフォンを通して、私たちに届けられる時代が、もうそこまで来ているのです。

 

広告

青葉

■20190420(土曜日:晴れ)

 

s_20190420

京都の東寺です。

 

■昨日は静岡の新茶の初競りでした。いよいよ、お茶の季節です。我が家の庭の柿の木も、青葉で覆われつつあります。「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」とはまさに、いまたけなわでしょうか。先月辺りから初鰹定食がメニューにも登場しています。目には緑が良薬だとすれば、これからは、どこを見ても目の薬ばかりとなりそうです。

 

■今朝は走りました。いつものように5時に目覚ましを鳴らし、準備運動をしてから走り出しました。6.09 km を走り今月は通算70.31 km。残り10日で29.68 km となり、あと30 km を切るところまで来ました。 でも、これからが正念場です。 月末には、あやちゃん達に会うためにオーストラリアに行かなければなりません。最後の詰めが肝心です。

 

今朝も走り始めてから、体の重さに参りました。なんとか足がスムーズに前に出るように感じるようになったのは、5 km を過ぎてからでした。それまではだるさばかりが感じられ、こんなことではフルマラソンはおろかハーフマラソンですら完走するのが難しそうに思われました。 原因はわかりません。単なる疲れの蓄積か、歳のせいかもしれません。この8月には66歳になってしまいます。本当に年寄りなのです。

 

同級生たちは続々と定年を迎えています。自営業である私は、自分で止めると決めない限りは、いつまでも仕事を続けることができるのですが、逆に言えば、いつまでたっても止められないとも言えるのです。 幸い子供たちも自立してくれましたし、あくせく働く必要は無くなったのですが、 地域にとって少しは役に立っているという自負もありますし、従業員の生活のこともありますから、にわかに営業停止というわけにはいきません。 いかに軟着陸させるか、ということがこれからの私の一番の課題かもしれません。

 

 

美しい国

■20190418(木曜日:晴れ)

 

s_20190418

京都の桜です。Sunが撮ってくれました。

 

■今朝は走りました。 月曜日の朝に10 km を走りましたので、疲れも残っていたのですが、今月は月末から連休ですので、走れる時に走っておかないと目標の達成が危うくなります。ということで今朝は6.08 km を走り、今月の通算距離は9回合わせて64.22 km。 残り12日で35.77 km となりました。 それにしても今朝は体が重くて参りました。とにかくゆっくりと、そして姿勢に気をつけて走りましたが、疲れがとりきれていないのでしょう。

 

昨夜はノンちゃんと3人でお寿司を食べました。それからSunと二人でニューウェルサンピア沼津に行って、ゆっくりとお風呂につかりました。 昨日の外来で、のんちゃんは咽後膿瘍を見つけて、市立病院に転送したそうです。3歳の子供だったそうですが、診断にたどり着くまでには、なかなか大変だっただろうな、と想像しました。小児科は大変です。痛いのだか痒いのだか、頭が痛いのかお腹が痛いのか、大人のようにきちんと伝えてくれません。本当に想像力を必要とする仕事だなと思いました。しっかりやっているようなので、安心しました。

 

■今朝の東京新聞には大変興味深い記事が二つありました。切り抜いて、いま熟読しているところです。一つは劇作家野田秀樹さんの「ゴーイング・マイウェイ!」。そして、もう一つは論説委員桐山桂一さんが書かれた「視点」です。どちらも新しい元号である令和について書かれています。 外務省が考えた新しい年号の英訳である「ビューティフル・ハーモニー」から、野田さんは「情緒政治の危うさ」と題して、書き始めています。

 

「令和」の訳に「beautiful harmony」は強引すぎる。今どき「令」が「美しい」の意味で使われるのは、「ご令息」「令夫人」ぐらいだ。「令」は尊敬語としての「美しい」で、言ってみれば、本当は「美しい」と思わないけど、上司の奥さんだから「美しい」みたいなことだ。普通の私たちには、「令」は「beautiful」ではなくて「命令」=「order」の方が自然だろう。

 

「この『令和』には『人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ』という意味が込められている」と安倍総理が語ったことについて、疑義を呈しています。何かが分かりにくい、というのです。意味を濁らせるのは「美しく」の一言であり、試しに、この「美しく」を省くと明快になる、というのです。
そして野田さんは最後に、こう語られています。

 

beautiful harmony にしろ「美しく」心を寄せ合うにせよ、この「美しい国」では、どうしても「美しく」ありたいらしい。「美しい」という情緒の方に、 話を持って行きたい。だが本当は「美しい」とは危ない言葉だ。寧ろ我々「芸術」に携わる側のコトバで「政治」の世界で使われるべき言葉ではない。「美しくない」という情緒的な理由で軽々しくヘイトされては困るからだ。

 

ヘイトスピーチが行われている様を見ると、ここまで日本人が軽々しく、そして品性下劣になってしまったのかと、とても残念な思いがするのです。もちろん、それは安倍総理個人の責任ではないのですが、安倍政権が誕生以来、そうした品性の下劣さが、むき出しになったのは間違いありません。ひょっとしたら、おもてなしの心に溢れた「美しい」日本人の心の中に、そうした下劣さが、戦後も変わることなく同居していたのかもしれません。

 

 

学校検診

■20190516(火曜日:晴れ)

 

s_20190416

新沼津カントリークラブの三番ホールです。

 

■今朝は走りました。5時に目覚ましを鳴らしましたが、割とすんなりと起きることができました。今朝は頑張って10.65 km を走り今月の総計が58.14 km。 残り14日で41.85 km となりました。パソコンの画面に、月間50 km 走達成しました、とメッセージが出ています。今月は月末からあやちゃんの所へ行かなければなりませんので、3日ほど走る機会が少ない計算になります。それまでに100 km を走っておかなければなりません。幸い良い天候が続きそうですので、走ることのできる日には、毎朝でも走るつもりでいないと、目標は達成できそうにありません。とにかくゆっくりと、そして少しずつ。私には、それしかないのです。

 

■今日は午前中いっぱい休診にして、担当している小学校の学校検診に出かけます。 子供たちにどの程度の近視や遠視そして乱視があるのかを計測できる、携帯できる簡易型の機械を持ち込んで、 まずは子供たちの目の状態を確認します。ピークは過ぎたものの、現在でもヒノキを中心とした花粉症、アレルギー結膜炎は決して少なくありません。子供達は症状に苦しんでいるにもかかわらず、治療も受けずにいる子供達も結構いるのです。そうした子供たちを見つけて治療を促すのも大切な検診の目的です。

 

4月と5月はこうした学校検診のために、何度も休診にしなければなりません。結局そのぶん患者さんが他の日に回ってきてくれますので、混雑するということになります。事情を話しして理解していただくしかありません。地域の子どもたちの健康を守るという意味で、こうした学校検診はとても大切なのですが、毎年、毎年目に見えて子どもたちの数が減っていくのは、 とても寂しい思いがします。以前は1学年3クラスだった学校でも、今では一クラスしかなくなってしまっている学校もあるのです。 国を挙げて少子化に取り組まないと、国の未来は大変暗いことになると実感しています。

 

 

写真展

■20190413(土曜日:晴れ)

 

s_20190413

富山市内を流れる神通川にかかる、神通大橋です。この先に、富山大学があります。

 

■今朝は走りました。昨日は雨も降り、気温も下がり一日冷え冷えした天気でしたが、今朝は快晴の朝でした。4時半に目が覚めましたが、5時に目覚ましが鳴るまで一眠りしようと思いましたが、そううまくはいきませんでした。でも5時に起きだして準備をし予定通り走り始めることができました。今朝は8.21 km を走り、今月の通算距離は47.48 km、 残り17日で52.51 km となりました。今日は午後から静岡で会合があり、仕事が終わった後一休みしたら出かけなければいけません。Sunも友人達と京都へ出かけました。新富士駅で、新幹線に乗るようです。朝の7時過ぎには家を出ました。

 

昨夜は、はればれベトナム支援隊の月に1度の定例会でした。6月にサンウェルぬまづで開催予定の、「2018ベトナム支援の旅 写真展」の準備です。 70枚から80枚の写真を準備し、会場を訪れる方に見てもらう予定です。一人でも多くの方に活動を知ってもらうことは、活動それ自体と同じぐらい重要です。ベトナム戦争の時に散布された枯葉剤の影響で、今も後遺症に苦しむ人たちがいるということすら、知っている人はとても少ないのが現状です。ベトナムでも若い人たちへの情報提供は、ほとんどされていないようです。アメリカとの関係を優先しているためなのでしょうか。人のことは言えません。原爆を落とされた日本ですら、同じような忖度がまかり通っているからです。本当に、しょうもない国です。

 

 

れいわ新選組

■20190411(木曜日:晴れ)

 

s_20190411

富山の桜です。

 

■今朝は走りました。しかし昨夜は冷え込みました。薄い毛布を掛け布団の上にかけて寝たのですが、暑いと感じることは一度もありませんでした。午前2時過ぎに1度目が覚めましたが、その後再度眠りにつき、5時の目覚ましで起きだしました。今朝は8.20 km を走り今月の通算距離が39.26 km、 残り19日で60.73 km となりました。なんとか月100 kmの目標に向かって、予定距離を超えることができました。

 

昨日は終日冷たい雨が降り続き、静岡市でも山間部では、そして御殿場では雪が降りました。私は見ることはできなかったのですが、テレビでは前橋市の降雪の様子を報道していたようです。Takuも大変だったのではないでしょうか。私のように自宅で仕事をしている人間には、大した影響はないのですが、外回りをしなければならない仕事では、交通機関の混雑に巻き込まれて移動が大変です。事故も避けられません。

 

また自衛隊の戦闘機が墜落したというニュースも流れ、今朝の時点でも墜落した飛行機は見つかっていないようです。そして何より操縦士の方が行方不明なのが心配です。緊急脱出装置も使用できないほどの緊急事態だったのでしょうか。操縦士のご家族は本当に心配だと思います。無事に見つかってくれることを祈るばかりです。

 

■さて自由党の山本太郎参議院議員が離党し新党を立ち上げるようです。党名は「れいわ新撰組」となっています。党の公約は以下のページでご覧になれます。

 

れいわ新選組公約

 

この公約を見て荒唐無稽だと否定するのは簡単です。でも私はぜひ実現して欲しいと願っています。細い内容まで、私は理解しているわけではないのですが、推測するに、世界で一番暮らしやすいと言われている北欧諸国の政策というのは、彼が目指している方向に近いのではないでしょうか。 大切なのは、みんなが少しずつ我慢をすることです。可能な限り多くの人が、少なくとも衣食住に関しては、 不安を感じることなく毎日を送れる社会こそが、政治の目指すべき着陸点ではないでしょうか。

 

自由放任に任せれば神の手が全てを塩梅よくまとめてくれると考えるのは、 残念ながら現実的ではありません。 「強欲資本主義などない。資本主義はそもそも強欲なのだ」という言葉を聞く時、資本主義という仕組みの中でしか生きられない現在、自由放任などという選択肢はあり得ないと思います。格差が拡大すれば、そこには必ず暴力が生まれます。そんな社会が住みやすいはずがないのです。山本太郎議員には、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。 私も彼の党に献金するつもりです。

 

そもそも私は小沢一郎さんの応援団です。何年前でしょうか、沼津にも来られて、日吉 雄太(ひよし ゆうた)衆議院議員の応援をされました。自由党沼津支部の開設です。小沢さんには、まさに毀誉褒貶が飛び交います。小沢さんがいればこそ、日本は左右の奈落に落ちずに済んでいる、と私は信じています。あの敗戦の苦しみを二度と日本国民に味合わせてはならない、という思いが小沢さんの政治活動の原点ではないか、と私は推測しています。

 

そして政権を取らなければ国民を守ることができない、という信念を持っています。そのとおりです。政権を取ろうとしない政治家など、まさにネズミを取らない猫のようなものです。立憲民主党の幹部たちが、結局は安倍政権を支えてしまっている現実を、変えなければなりません。現政権を右から支えているのが維新の会であり、左から支えているのが立憲民主党ということになります。そして格差が拡大し、少子化が止まりません。

 

山本太郎さんには、小沢さんから学び、ぜひとも日本の現状を変える活動を続けてもらいたいと願っています。さきほど献金をしました。彼なら、信頼できますし、行動してくれると信じています。このままでは日本は、多くの国民にとって本当に不幸な国になってしまいます。今が最後のチャンスです。

 

 

デフレ要因

■20190409(火曜日:晴れ)

 

s_20190409

夕日に映える富山城と、城址公園の桜です。

 

■今朝は走りました。昨夜は11時前に寝たのですが、12時を過ぎて寒さのために目が覚めてしまいました。驚いて薄い毛布を掛け布団の上から、さらに1枚掛けたほどでした。 大した冷え込みでもないのかもしれませんが、一旦暖かい気温に慣れてしまうと、こうした冷え込みが大変辛く感じます。ということで今朝は7.17 km を走り、今月の通算走行距離は31.06 km。残り21日で68.93 km となりました。明日は雨の上、真冬並みの冷え込みとの天気予報ですので、朝は走ることができないようです。気長に機会をみて走るしかありません。

 

■さて今朝の東京新聞3面には、働き方改革の死角ーー「低賃金正社員 デフレ要因に」と題して記事が掲載されています。

 

正社員であっても昇給制度もなく、非正規とさほど変わらない低賃金に喘ぐ人が増えている。「正社員なら将来が安心」という時代は過去のものになりつつある、とあります。正社員でも昇給制度がない業種はどんどん広がっています。長時間働いても給料はわずかの場合があり、「時給換算で非正規のアルバイトの方が高いケースも多い」ともあります。

 

結局、正社員、非正規社員のどちらにしても、ギリギリの生活をしている人が多いために、国内で消費が増えず経済がデフレ脱却できない要因になっている、と指摘されているのです。「新・日本の階級社会」を著した早大の橋本健二教授も「低賃金正社員が次世代に引き継がれる傾向もうかがえる」として「階級の固定化」に警鐘を鳴らしています。

 

要は、労働者に支払われる割合が減っているわけです。経費が減りますので、企業としての利益は当然増えることになり、一見企業の業績は好調のように思われます。しかし社会全体を考えれば、消費が減りジリ貧の状態に陥ります。とても子育てまで手が回らないわけです。当然少子化となります。どこかで負の循環を断ち切らなければなりません。どのような社会とすべきなのか。 強欲さばかりが闊歩するような社会は、必ず破綻するのです。我々は今、重大な岐路に立たされているのです。