言葉で生きる

20180423(月曜日:曇)

 

s_20180423.jpg

昨年4月29日の建長寺です。牡丹の花が満開でした。

 

■今朝は走りました。残り21キロとなりましたが、ゴールデンウィークが待っています。Nonちゃん、そしてTakuと四人で韓国へ行く予定です。となると、走る機会が減りますので、今のうちに積み上げておかないといけません。しかも今日から天候は下り坂。

 

今朝も5時に起き出して走りました。午前7時3分、こうして書き込みをしているのですが、階段を上がってくる時にランニングウォッチを落としてしまいました。パソコンと繋ぐためのアダプターに装着した状態だったので、大丈夫と高をくくっていたのが間違いでした。データーが消えていたのです。

 

エプソンのランニングウォッチですが、これは本当にいけません。こんなことでデーターが消失しては危なくて使えません。もう何度もこうしたことを経験しました。せっかく走って記録を積み重ねた、と思いきや全てがゼロになっているのです。やはりこれからはスマホのアプリでしょうか。

 

■今朝のNHKニュースでは、福島県南相馬市に書店フルハウスを開店した作家 柳 美里さんの様子を報道していました。地元の高校生との交流の様子、そして友人の作家たちの選んだテーマに沿って選ばれた本の数々。電車は一時間に一本なので、乗り遅れた学生たちが安全に心地よく過ごせる空間を作りたい、という柳さんの言葉も語られていました。

 

こうした報道を見ていて思い出したのが、実は昨今喧しい英語教育です。小学校時から英語教育を始めるなど、学校は更に力を入れようとしていますが、私は懐疑的です。まるで子どもたちをアメリカ人のようにしたいかのごとくですが、どんなの時間を増やそうが彼の地の人々のように話せるわけがないのです。

 

となると、子ども達は自由に操れない英語に嫌気が差して、劣等感を持ちかねないし、少なくとも英語が嫌いになるのは目に見えています。そんなことより私達が生きていく上で大切なのは、母国語で心に渦巻く思いを語ること。それに尽きるのです。人は言葉によって生きているのです。操ることのできる言葉が豊かになればなるほど、人生は豊かになるのです。そこを無視しての外国語教育など有害無益だと私は思います。

 

 

広告

人間模様

20180421(土曜日:晴れ)

 

s_20180421

北海道の爽やかな初夏です。北海道大学の中では牛が草を食んでいます。

 

■今朝は走りました。6.11km を走り総計 78.14km を積み重ねました。残り9日で 21.85km です。今月もLSDをすることは、難しそうです。 高野コーチに叱られそうです。

 

(●^o^●)

 

今が一番爽やかな気候なのかもしれません。日陰にいれば少し肌寒いほどですが、30分も走れば汗が滴り落ちます。花粉症も、それほど辛くなくなりました。走っていても鼻づまりで苦しくなるということもありません。酷いときはマスクをして走ろうかと本気で考えるほどでした。

 

もう少しするとゴールデンウィークで連休となります。休日が多いのは大いに結構なのですが、明日がそうであるように、開業医には休日当番が待っています。当番表を作る立場の私には、休日が少し恨めしくなることもあります。休日が増えると誰かが、その日に当番をしなければならないからです。人が休んで楽しんでいる時に仕事をするというのは、誰にとっても気の進むことではありません。

 

休日当番をしたからといって、その分平日に休めるわけでもありません。2週間続けて仕事をする、というだけのことです。今日は午前中仕事を終えてから、14時より市民向けの講演をしなければなりません。「2017ベトナム枯葉剤支援の旅報告会」です。サンウェルぬまづで、明日まで写真展を開催しています。その一環としての報告会です。

 

パソコンを用いてのプレゼンです。購入した LED のプロジェクターが活きてきます。こうしたものは自宅で映画を楽しむために購入する人が多いようですが、私はもっぱらプレゼン用です。クロムブック+ASUSのプロジェクターという組み合わせです。光量が個人向けなので、大きな部屋で大人数相手には向きません。それほどのパワーは残念ながら無いのです。致し方ありません。

 

地味な内容ですからタレントの講演会のようなわけにはいきません。人が集まりません。面白くないからです。それでも毎年、毎年、写真展を開催し、報告会を続けていくことで一人でも多くの人に枯葉剤被害者のことを知ってもらう。それも大切な活動の一環です。知らない人が、ほとんどだからです。

 

こんな地味で報われない活動をしている仲間たちは、本当に尊敬に値します。一円の得にもならないからです。金のために人を殺す人もいれば、一円にもならないのに他者のために活動する人もいる。それで、いいのでしょう。シェークスピアが描くとおりです。

 

 

歳時記

20180419(木曜日:曇)

 

s_20180419

昨年の4月16日(日曜日)の桜です。去年は開花が遅かったのですね。

 

■今朝は走りました。6.06km を走り総計 72.03km となりました。残り11日で27.96km です。今日のペースを振り返ると、ずいぶんと凸凹です。1キロから1.5キロまでの間に、ペースがキロ1分ほども下降しましたが、その後上がったり下がったりで、最後までノコギリの歯のようでした。

 

面白いのは心拍計の記録です。次第に心拍数が上がって、最大で160弱のところでピークとなり、後は平衡に推移する、ということが一番多いのですが、今日のようにちょうど半ばの3キロ付近で、いったん心拍数が次第に減少し、そのまま100程度で推移する、という日もあります。

 

何が違うのか、私には分かりません。ペースの記録と比較してみると面白いかもしれません。

 

■さて今日は学校検診です。小学校二校を回ります。昔に比較すると、生徒数は文字通り半減していますから、昔なら同日に二校はとても無理でした。午前中は休診にして行います。学校検診が始まると本格的な春がやってきた、という気がします。私達にとっては一種の歳時記です。

 

 

 

 

ボストン・マラソン

20180417(火曜日:曇)

 

s_20180417.jpg

朝の東の空です。日の出が近づいています。

 

■今朝のビックニュースは、第122回ボストン・マラソンで川内優輝選手が初優勝した、という知らせです。87年の瀬古選手以来31年ぶりの快挙です。

 

川内優輝選手とは、2014年JAL千歳国際マラソンで一緒に走りました。と言っても、私はハーフの部で川内選手はフルの部です。倍の距離を走っていながら、ほとんど同じタイムで駆け抜けるのは、さすがに凄いとしか言いようがありません。スタート前の様子を見ていると、綺麗な客室乗務員の女性のみなさんに囲まれて笑顔に包まれた川内選手は、爽やかな青年そのものでした。

 

ボストン・マラソンのことは、あの村上春樹さんが著書「走ることについて語るときに僕の語ること」の中で語っています。村上さんが初めて走ったマラソンコースが、あの野口みずきさんが駆け抜けたギリシャのコースだったことや、走ることについての様々な思いが語られているこの本は、私のような市民ランナーでも読んでいて飽きることがありません。

 

マラソンを走ることと、長編小説を書くことの類似性を指摘されている点が、とても印象に残っています。

 

何にしても川内選手の優勝は、とても嬉しい知らせでした。

 

■さて今朝も走りました。6.07km を走り、総計 65.96km となりました。残り13日 34.03km です。今朝は体が重くて参りました。それでも何とか走り終えた後は、達成感があります。小さな達成感ですが、その積み重ねが大切なのでしょう。

 

 

教養

■20180416(月曜日:晴れ)

 

s_20180416

三河安城駅駅前の様子です。午前中の大荒れから一転、青空となりました。

 

■今朝は走りました。いつものコースを走り 6.12km を積み上げました。これで総計 59.89km となりました。残り14日で 40.10km です。

 

先日の人間ドックでの結果では、LDLコレステロール値が高く、ちょっと驚きました。LDL/HDL が2未満ですので、ギリギリセーフということのようですが、運動が足りていないのか、食事を工夫する必要があるのか。再検討しなくてはいけません。

 

昨日はTomo君に会うために名古屋に出かけました。新富士から新幹線で三河安城駅に行きました。三河安城駅には初めて降りました。いかにも駅に合わせて作られた街という感じの、整った町並みでした。

 

SunとTomo君のお父さんと三人でレストランで昼食を食べながら、楽しく歓談することができました。いよいよ新しい一歩をNonも踏み出したことになります。親としては応援してあげるしかありません。

 

■先日の東京新聞の「時代を読む」欄での貴戸理恵さんの指摘は大切だと思いました。題して、「弱者の敗者化」です。

 

「所得の多い家庭の子の方が、より良い教育を受けられる傾向」をどう思うか?、というアンケート結果について、10年前には「問題だ」だ多数派だったのですが、「やむを得ない」、「当然だ」という回答が6割を超え多数になった、というのです。

 

教養とは何かという、根源的で、とても大切な事を、最後の一節は私たちに問いかけている、と私には思えるのです。

 

「自分が将来有利に生きるため」とするならば、教育は個人を豊かにするだけの私的財に過ぎなくなる。かつては「国や社会の役に立つ人間になるため」という答えがあったが、そうした言い方のリアリティーは、教育が大衆化した現在では失われている。

 

現代において、教育を、個人の利害を超え、他者や社会へ個人をつなぐものとして捉えなおすにはどうしたらよいか。考えていかなくてはならない。教養とは本来、「不当さ」をその身に引き受けさせられた他者への想像力を、可能にするものであるはずなのだから。

 

 

法と秩序

20180414(土曜日:曇)

 

s_20180414

隅田川の屋形船です。川沿いに家が立ち並んでいます。

 

■今朝は走りました。6.11km を走り、総計 53.76km となりました。パソコンの画面が「50km達成しました」と祝ってくれています。最近は高野コーチの指導に従ってLSD、つまりはゆっくりで良いから長い時間走る訓練を怠っています。走っているうちに、こんな状態でハーフを始めフルマラソンを完走できるのだろうか、と不安が募ります。

 

今日は午後から静岡で会議があり、明日はTomo君のお父さんに会うために名古屋に行かなければなりません。なんだかんだと言い訳がましく鍛錬を怠っています。なんとかしなければいけません。

 

■さて昨日の東京新聞には、「平成のことば」としてタイガー・ウッズ選手の言葉が取り上げられていました。

 

昨夜、父から「明日はおまえの人生で一番大変な日になる」と言われた。その大事な日に頑張れたことがうれしい。

1997年(平成9年)4月13日、マスターズ・トーナメントをマイノリティー(人種的少数派)として初制覇。白人主体の競技に風穴を開けた。「これまでの黒人のパイオニアがいたおかげで、今ゴルフができる」と差別撤廃を訴えた。

 

と、あります。アメリカにおいて人種問題がいかに大きな問題かは、テレビ番組を見ているとよく分かります。「 Law and Order 」という番組は、人気シリーズだったこともあり、とても良い教材です。

 

異例の長期番組だったようですが、アメリカという社会を理解する上で、とても分かりやすい内容になっています。法というものが社会の土台になっている、ということがよく分かります。全ては法に照らしてどうなのか、という視点から日常生活の問題が判断されます。

 

そして驚くのは、やたらに司法取引が行われることです。検事が容疑者とまるでポーカーをするように駆け引きを繰り広げるのです。日本では、ちょっと考えにくいやり取りです。

 

もっとも日本では刑事事件は、99.9% は裁判で有罪になるそうですので、あまり弁護士の活躍する余地がありません。これは人権という点からは、あまり自慢できることではないように感じます。アメリカでは被疑者の有罪を検事が証明する必要があるの対し、日本では被疑者は犯罪を犯していない、ということを弁護士が証明する必要がある様に見えます。

 

やっていない、ということを証明するのは至難の業です。「12名の怒れる男」の中で、ヘンリー・フォンダ演じる陪審員が、有罪であることを検事が証明する必要があるのだ、容疑者は何も話す必要すらない、それは憲法で認められている、と発言する場面があります。彼我の違いを痛感する場面です。

 

■グーグルドライブの容量が制限に近づいたために、新たに年間 2,500 円で100GBの容量を購入しました。今まではクロムブックを購入した際に賦与される 100GB でやってきましたが期限が切れそうなのです。これなら決して高い買い物ではありません。

 

 

曲がり角

20180412(木曜日:曇)

 

s_20180412.jpg

JR川口駅東口からの風景です。まるで藤沢駅か仙台駅の様です。

 

■今朝は走りました。いつものコースを 6.14km 走り、総計 47.65km を積み重ねました。残り18日で 52.35km です。昨日の今日で体も、いささか重かったのですが、昨夜の講習会も無事に終わりストレスが無くなったためか、思ったよりも熟睡ができて、途中からは足取りも軽くなったように思いました。

 

昨夜は医師会館で、「学校保健講習会」が開催され、加藤医師会副会長の司会のもと、4名の小児科医と最後に私も眼科医医会から養護教諭の皆さんに、学校検診における注意点をお話させていただきました。

 

■さてパソコンのSSD換装も無事に成功し、今ではウインドウズ・ノートパソコンが、まるでクロムブックのように俊敏になりました。快感です。一度キビキビしたパソコンを使ってしまうと、反応の悪いパソコンは使う気がしません。イライラして待っていることができないのです。

 

こうしてみるとパソコンの処理速度に占めるHDDの役割は結構大きいことがわかります。速度というとCPUが直ぐに頭に浮かびます。そうしてインテルは次々と新製品を発売して巨大な企業に成長してきたのです。しかしここまで来ると、私達が使うようなレベルでは、これ以上力任せに巨大化するよりも、周辺機器の改良をした方が、ずっと実りが大きそうです。曲がり角です。