水道法改正と「華氏119」

■20181213(木曜日:晴れ)

 

s_20181213

2017年の伊勢神宮です。

 

■今朝は走りました。冷え込みが強いとの予想のもと、昨夜は掛け布団を一番厚めのものにしましたが、逆に暑さのために朝方に目が覚めてしまい、一段薄めの掛け布団に換えました。今週に入ってからは寒さのためもあってか、睡眠導入剤の服用などしなくても、15分ほど Kindle で読書をすれば速やかな睡眠が得られています。途中1度か2度、目が覚めますが、トイレに行って再び床に戻れば、すぐにまた眠りにつけますので、朝になって床を離れる時には十分な熟睡感が得られています。今朝は6.15キロを走り、これで今月の通算走行距離は51.74 km となりました。パソコンの画面が50 km 到達おめでとうございます、と告げています。 足裏の違和感も消えているわけではないのですが、なんとかだましだまし今朝も最後まで走ることができました。 落ち着いてくれることを願うばかりです。

 

■今朝の東京新聞「大波小波」欄は、とても示唆に富むものです。水道法改正案が可決しました。公共事業が民営化される流れに乗ったように見えるけれども、諸外国ではむしろ逆の流れになっているのです。1984年にパリ市で導入され、その結果、「水メジャー」と呼ばれる企業の下で、水料金は25年間で3.5倍に高騰しました。 現在では水道事業を再公営化する都市が多く、世界の趨勢に逆行する時代遅れな方式なのです。 同時に著者は、マイケル・ムーア監督のトランプ批判の記録映画「華氏119」について触れています。

 

トランプに支持されたミシガン州知事が水道事業を民営化した。その結果、水道会社のコスト削減策によって、飲料水に鉛が混入し、子供たちに深刻な知能や遺伝子的な障害が出た。その事実を当局は医師や下級官吏に圧力をかけ、隠し続けた。

 

著者はこうも述べています。

 

公益の福祉には当然費用がかかる。ここに企業と同じ利益第一の原則を導入すれば、福祉という考えそのものが根本から傷つけられる恐れがある。今こそ立ち止まって再考すべき時だ。

 

私もその通りだと思うのです。

 

 

広告

中傷CM

■20181211(火曜日:曇)

 

s_20181211

2017年の伊勢神宮おはらい横丁です。

 

■今朝は走りました。ただし寒さのためか、昨日も走った疲れのためか、起き出すのにとても苦労しました。つまりは布団の中で、ぐずぐずとなかなか床を離れることが出来なかったのです。とにかく冷えました。この冬一番の冷え込みではなかったでしょうか。夜中に一度起きて掛け布団を、もう一枚追加した程です。 通常よりは15分ほど起きだすのが遅くなりました。もういいか、とも思ったのですが、今日は天気が下り坂。明日の朝は雨の予報ですので、今朝は走っておかないと後が大変になります。ということで今朝も6.10 km を走り、総計45.59 km 残り20日で54.40 Km となりました。2018年そして平成最後の年の師走ですから、目標の100 km を、しっかりと走り切らなければいけません。

 

今朝の写真は昨年平成29年にTakuと一緒に、初めてお伊勢さんマラソンに参加した時の様子です。走り終わってから二人で伊勢神宮を参拝し、その日は伊勢志摩のホテルに宿泊したのです。もうあれから1年が経ちました。その間に、Takuは仕事を始め、そして7月には結婚式を挙げ、新しい家庭を持ったのです。平成最後の年、まさに大きな人生の転機でした。そして1年後の平成30年度お伊勢さんマラソンには、Takuと二人きりでなく、YukoさんとSunと四人で伊勢神宮にやってきました。1年の月日を実感しました。

 

■今朝の東京新聞「太郎の国際通信」は大変興味深い内容です。先日亡くなったジョージ・ブッシュ(父)氏が、レーガン政権の副大統領として大統領選挙に立候補した時の事を書かれています。木村太郎さんが1988年当時の、この大統領選挙を取材し始めた頃には、民主党のデュカキス候補が圧倒的にリードをしていたのですが、9月に再び米国で取材を再開した時には、ブッシュ候補が逆に大差でリードしていることに大変驚いたそうです。その支持率の逆転に大きく影響したのが、あるテレビ CM だったのです。この CM は米国の選挙で相手候補を中傷する「ネガティブ・キャンペーン」の中でも最も「えげつないもの」として知られるようになったそうです。

 

この CM では、まずブッシュ候補の顔写真が現れ「ブッシュは死刑を支持する」と言い、今度はデュカキス候補の写真と共に、「デュカキスは死刑に反対するだけでなく殺人犯に週末の仮出所を認めた」。すると、いかにも怖そうな黒人の顔が現れる。それはデュカキス候補がマサチューセッツ州知事時代に、同州最高裁が週末仮出所を認めた、殺人罪で終身刑になったある黒人男性(ウイリー・ホートン)であり、その仮出所中に男女を襲い、男性を刺し女性をレイプした、と訴えたのです。ここで画面がデュカキス候補の顔に戻り、こう訴えたのです。「デュカキスの犯罪対策は凶悪犯に週末の出所を認めることだ」。

 

同氏が30日に亡くなり全米が喪に服したが、木村さんはこのテレビ CM のことが思い出されて、同氏をたたえる米マスコミの報道がむなしく思えてならなかったそうです。そう思ったのは木村さんだけでなく、ある保守派の論客が、こう寄稿しました。

 

ブッシュ氏は(無能とされた)デイヴィッド・スーター最高裁判事の任命したり、不必要な(湾岸)戦争を始めたり、増税しないと言いながら増税しただけなのに、今や聖人のようにあがめられている。(中略)しかし、ブッシュの最高の瞬間はウイリー・ホートンの CM だったのだ。

 

この寄稿によってブッシュ大統領の影の部分に光を当てることは、今の米国政治の教訓とするためにも必要だと思う、と木村さんは書かれています。米国は懐の深い国なのです。

 

統合

■20181210(月曜日:曇)

 

s_20181210

 

■寒い朝でした。昨夜は冷え込みが予想されたので、新たに掛け布団を一枚余計に用意しました。眠り始めは良かったのですが、とちゅうから今度は暑くなりすぎて外しました。それでも、さすがに朝方の冷え込みは厳しかったようです。床を抜け出すのが、なかなか億劫で時間ばかりが過ぎていきます。えいや、とばかりに、起き出しましたが、布団の中は、やはり心地よいものです。

 

ということで、今朝は 6.13km 走り、総計 39.48km 残り 21 日 60.51km となりました。今月は日曜日に出かけることが多くなりそうなので、LSDの機会が最後の最後になりそうです。何とか、それまでに積み上げておかないと、最後に継続していた月100キロ走が途切れかねません。油断大敵です。

 

■現在使用しているエプソンのランニング・ウォッチは、記録によれば2014年の11月から記録を取り始めました。合計4回28.35 km が最初の記録です。そして翌月の2014年12月には84.02 km を走っています。初めて月100 km を超えたのは2015年3月に記録した100.38 km です。2014年11月からですから四年余り使用していることになります。 私もいくつかの製品を使ったことがあります。例えば Garmin 社製のランニングウォッチを、この EPSON 社製のものの前に使用していました。それぞれ良い点、悪い点がありました。 Garmin 社製のランニングウォッチは、とても人気がありますし走った様子を示す地図が Google 社製の地図を使用しています。一方 EPSON 社製のランニングウォッチは Microsoft の地図を使用しています。エプソンは、いつものことながら Microsoft べったりなのです。二つの地図を比較してみると分かりますが、マイクロソフトの提供している地図は Google 社製のものに比べて、ちゃちなのです。それだけは、いただけないと思いました。

 

たださすがに EPSON 社製の製品は作りがしっかりしていますので四年以上経った今でも、きちんと使えることができます。こうした製品の多くのものは充電するために取り付けるアダプターの接触が悪くなって使用できなくなることが多いように思います。結局記録を取り出すことができなくなって使用できなくなるのです。こうして四年以上走った記録を EPSON 社のサイトに記録を残していますので、例えば他のメーカーの製品を新たに使い始めると記録の集計が途絶えてしまいます。 つまりは囲い込まれているという状態です。もちろん EPSON の製品を使い始める前の記録も表計算に残してありますので、厳密には記録が無くなってしまうというわけではありません。 しかしできることなら記録をそのまま続けるほうが楽には違いありません。

 

ただ最近はいわゆるスマートウォッチと呼ばれる製品がたくさん発売されています。私の左腕にも装着されているのですが、心拍数、睡眠の質を含めて、様々な情報を取り出して集計してくれます。これはランニングウォッチにはない機能なのです。最近のスマートウォッチの中には、ランニングウォッチ的な機能も持ち合わせている製品がありますので、私のようにランニングの記録を残したいという人も、スマートウォッチだけでランニングの記録も、健康状態のチェックも、両方できるようになってきています。これから、この二つの分野の製品は多分統合されていくのではないでしょうか。技術の進歩は 製品分野の消滅につながるのです。

 

 

開幕宣言

■20181208(土曜日:曇)

 

s_20181208

おはらい横丁にて。子どもたちの応援が、とても力になりました。ハイタッチしてもらっています。

 

■今朝は走りました。今月は日曜日にハーフマラソンを走りましたので、今のところ余裕があります。6.18km を積み重ね、残り23日で 66.64km とエプソンのサイトが教えてくれています。33.35km を走りましたので、このペースで行けば、120キロは走ることができる計算ですが、そうは行きません。でも今年最後の月ですし、どの程度積み重ねができるか試してみるのも悪くありません。

 

■東京新聞「この道」では現在 Jリーグ元チェアマンの川淵三郎さんの連載です。昨日の題名は「開幕」でした。1993年5月15日、国立競技場で Jリーグの開幕セレモニーが行われました。記事によれば当初、川口さんは開会宣言をするつもりはなかったそうです。格式ばったものが好きでなく、大学の入学式や卒業式にも出ていない、というのですから筋金入りです。それでも親しい記者からは歴史的なものだからやった方が良い、と言われて考えを変えたのです。広告代理店の博報堂があいさつまで考えていたようですが、さすがにそれは断って自分で原稿を作られました。それでも川口さんらしく、長いものにはしたくなかった、30秒で終わろう、後に特集などで流される時に、半分で切られてもいいように、とまで考えていたそうです。

 

スポーツを愛する多くのファンの皆さまに支えられまして、 Jリーグは今日ここに大きな夢の実現に向かってその第一歩を踏み出します。1993年5月15日、 Jリーグの開会を宣言します。 Jリーグチェアマン、川渕三郎

 

あえて「サッカー」という言葉を使わなかったのは、スポーツファン全体のための Jリーグという思いを伝えたかったからだそうです。 この簡潔明瞭な開会宣言は、いかにも川口さんの人柄を表しているのでしょう。映像に残るから宣言は原稿を見ながらやろうと考えていたそうですが、原稿は見ているようで、見ていなかったというのです。原稿には「夢の実現に向けて」とあるのに「夢の実現に向かって」と言ったことに、後になって気づいたそうです。後に映像を見て、読み終えた原稿を手に持ったままにしていたが、ポケットにしまうのが普通だとすれば、やはり緊張していたようだ、と書かれています。川口さんといえども歴史的な舞台で、やはり平常心ではいられなかったのでしょう。とても興味深い記事でした。

 

 

出会い

■20181205(水曜日:曇)

 

s_20181205

お伊勢さんマラソンに出場するために準備をするランナーたち。三重県営サンアリーナです。

 

■今朝は走りました。二日間休んでの再開です。5.9km を走り、これで今月は 27.2km となりました。残り27日で一日あたり 2.7km が必要だ、とパソコンの画面が告げています。昨日の雨で道路に水溜りがあり、いつものコースを迂回しました。少し疲れも残っていたのですが、やはり体を動かすのは気持ちのよいものです。

 

■今朝の東京新聞、「私の東京物語」は興味深いものでした。役者の高泉淳子(あつこ)さんが第4話を書かれています。題して、「ため息 、ぶら歩き 高田馬場」。浪人して早稲田大学に入っては見たものの、自分の場所を見つけられずに、焦燥感に近い苛立ちすら感じていた頃のことを書かれています。私自身にも、そんな時期がありました。そんな時に、高泉さんの人生を変える出会いがあったのです。まさに人生は人との出会いです。その三國連太郎さんは、沼津にも別荘を持たれて、よく来られていました。その家をミーハーよろしく、友達夫婦と一緒に私も見学に行ったことがありました。

 

ジャズか映画か芝居をしたいと早稲田大学に入ったけれど、なかなか自分の場所が見つからない。何を読んでも、何の映画を見ても高揚感がない。なんだかなぁ、ため息ついてぶらぶらしていると、郵便局の向かいにACTミニ・シアターという看板を発見。中に入ると客席に椅子はなく、靴を脱いでカーペットに座って見る。「灰とダイヤモンド」「自転車泥棒」、小津安二郎、成瀬巳喜男ーー、名画座ならではのラインナップ。 通うようになり、気がつくと会員に。会員の投票でその年の主演男優賞、主演女優賞を選ぶ。男優賞は三國連太郎、女優賞は左幸子。受賞記念に「にっぽん泥棒物語」「飢餓海峡」を上映した。終わって場内が明るくなると、なんと隣に三國連太郎が座っているではないか!円座を組んで一緒に酒を交わす。大きながたいを丸くしてあぐらをかいて、穏やかに映画の話をしてくれた。感激して眠れなかった。東京に来て、初めて感動した晩だった。「ぶらぶらなんかしていられない」。そう思った決意の晩だった。

 

何度も「飢餓海峡」を観ました。悲しい映画です。なぜ人を信頼できなかったのだろう、と悲しくなります。でも、それが人間なのでしょう。

 

 

鉄橋

■20181126(月曜日:晴れ)

 

s_20181126

こちらも川口の荒川沿いの土手です。右手の奥に見えるのが、京浜東北線が走る鉄橋です。これまでに何度往復したことか。50年前には、土手の左手には鋳物工場のキューポラが、いくつも見えていました。

 

■今朝は走りました。いよいよ今週末には伊勢に行かなければなりません。昨日はTakuが土曜日に乗る電車の時刻表を送ってくれました。つまり土曜日に仕事が終わって何時の電車に乗って静岡、名古屋、伊勢市駅まで何時に、どのようにたどり着くか、ということです。

 

本当に助かります。待ち合わせの方法も決まりました。あとは、それまで怪我や風邪をひいたりしないように気をつけることです。今朝は 6.12km を走り、95.43km を積み重ね、残り4日 4.56km  となりました。水曜日に最後の6キロを走って、100キロの目標を達成し、日曜日までは休息です。大会前の三日間は休息するのが私の決まりです。疲れを取る必要があります。

 

 

 

働く喜び

■20181123(金曜日:晴れ)勤労感謝の日

 

s_20181123

川口市立西中学校の前の道、「環状線通り」沿いです。この道を、よく歩きました。

 

■今日は走りました。LSDに挑戦です。7時から走り始め、18.92km を2時間10分10秒かけて走りました。残り7日で 10.68km まで来ました。来週の月、水曜日で目標の100キロを超える予定です。帰ってきてシャワーを浴びた後に体重を測ると、なんと 55.45kg で、体脂肪率は 12.20%の痩せ、となりました。脱水です。朝食の美味しかったこと。これも走った後の、ご褒美です。

 

■昨日は午後から保険の再契約手続きがあり、その後、夜は勉強会があり、座長を務めました。これで一つまたお役目が無事に終わり、あとは明日の静岡での眼科医療従事者講座の座長と、その後の講師との懇談会です。さらに来週木曜日に、東部眼科医会役員会が終われば、とりあえず今年の役割は無事に終了となります。その後は、お伊勢マラソンで完走することだけを考えれば良くなります。

 

(●^o^●)

 

■さて今日は勤労感謝の日。休日ですから、ホット一息なのですが、働くことについて考える機会でもあります。働くことは当然、生活のためでもあります。生活できなければ何も始まりません。それでは生活できればよいか、というと働くことには、それ以上の意味があります。今日の東京新聞の社説の題名は、

 

誰かの役に立つ喜び。働くって何だろう。

 
です。 一つの例を挙げています。京都にある一澤信三郎帆布(はんぷ)という根強い人気を誇る老舗カバン店です。一点一点職人が手作りし、修理を受け、長く使い続けるかばんを提供する。京都の店でしか売らない。「目の届く範囲、責任をとれる形で売る」からです。もうけを考えれば、70人いる職人に残業を求め、人数を増やしたほうが良いのでしょう。だが、そうはしないのです。

 

一澤信三郎社長は平然として言います。

 

世間は利益率やら投資効果、利便性のことばかり。だが暮らしに何十年と役立つものは、そんなもんからは生まれまへん。だから、とことん時代に遅れ続けような、って言うてんです。

 

最後に社説は、こう結んでいます。

 

職人の生活を守り、品質を守り、いいものを作り続ける。それが使う人の役に立つ。働くとはつまり、人をつなぎ、人を守るものではないでしょうか。

 

私が一番大切だと思うのは、長く続くことではないでしょうか。ゴーンさんのようにコストをカットして利益を出すことは、もちろん大切です。しかし利益を出すことは目的ではないと思うのです。なぜ利益を出さなければ駄目なのかと言えば、利益が出なければ会社を継続させる事ができないからです。一時的な利益だけでは会社は続きません。短期的な利益と長期的な展望。経営とは、本当に芸術だと私は思います。優れた経営者は、芸術家なのです。

 

数字は大切なのですが、数字だけでは文化は生まれません。長く続く会社には、必ず文化があります。人を引きつける文化があるのです。消費者だけでなく、そこで働く人々にも喜びを与えることができるのです。先程の一澤信三郎帆布も、京セラも、ソニーも、日本電産も、優れた会社には、人を引きつける文化があるのです。一時的にもてはやされる経営者も、長い時間に耐えるのは、並大抵ではできません。

 

やはり時間が最良の篩(ふるい)に違いないのです。