運動しよう!

■20210927(月曜日:晴れ)

松本城の天守閣に登る階段です。狭い上に傾斜が急で、これも防備のためでしょうか。

■今朝はゆっくりと休みました。昨日は頑張って今月2回目の LSD を敢行しました。調べてみると、今年はたった2回しか LSD をしていないのですが、その2回ともが、この9月でした。

昨年も同様に、年に2回ほどしか LSD をしていませんので、これでは大会に向けて充分な練習とは、とても言えません。

幸い昨日の気象条件が、気温も低く、適度な湿気と風もほとんどなかったので、走るには絶好でした。

昨日の雨で富士山に雪が降り、甲府気象台が再度、富士山の初冠雪を発表しました。前回の発表は規定で取り消しになったようです。先程、屋上から富士山の初冠雪の写真を撮って、あやちゃんに送ってあげました。

この冬、初冠雪の富士山です。異例の再度の初冠雪でした。

■さて、今朝の東京新聞には運動に関して記事が2つ掲載されていました。「運動しよう ! 促す企業増加、歩数ボーナス、職場内で体操、社員、経営双方に利点」。また、沼津市も「長引くコロナ禍、自宅で健康維持」と題して、簡単な運動、食事のレシピなどを市の公式YouTubeチャンネルで動画を公開したようです。最初の記事の書き出しは、こうです。

コロナ禍で外出自粛や在宅勤務が強く叫ばれる今、心配なのは運動不足からくる体や心の不調だ。

社員に積極的に体を動かしてもらおうと、企業の中には手当を出したり、勤務中に運動の時間を設けたりするところもある。

長く健康に働ける環境づくりは、社員はもちろん、企業にとってもイメージアップにつながるなど、メリットが大きい。

コロナ感染を恐れてほとんど、家から外出せずに過ごしている人も多いようです。在宅勤務ですと、なおさら一日中、家で過ごすことになりますので、動く範囲も量も限られてしまいます。

典型的な在宅勤務である私のような者にとっては、普通に過ごすと1日2000歩が限界です。意識して運動しないと、まさにメタボの塊になってしまいます。

患者さんを見ていて、つくづく思うのは、中年以降、人の一生とはメタボとの戦いだということです。高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙。この6つにさえ気をつけていれば、多くの病から逃れることができます。

しかし、それは容易ではありません。その基本対策が食事と運動だからです。どちらも、意識的に選択し、努力して取り組まないと成果が上がらないからです。薬のように、ただ飲めば良い、というわけにはいかないのです。

本当に地道な面白可笑しくもない、努力を積み重ねなければいけないのです。そうして努力して得られる一番の成果は、体型だと私は思います。つまり、見てくれです。

頭が禿げ上がってしまうのは、いくら努力しても止めることはできません。しかし、食事と運動で節制すれば、お腹が脂肪で飛び出すことは防ぐことができるのです。

旅行などに行って撮った写真を見てみると、今の自分の体型が学生時代とほとんど変わっていないことに、ある種の誇りと自信を持つことができます。

もちろん体力も同じ年齢の方より少しはあるでしょうし、怪我もしにくいのではないでしょうか。長く生きることは嬉しいことではありますが、それは健康であることが、不可欠の条件なのです。

いつまで今の目標である、月100キロ走が続けられるかどうか分かりませんが、体力に合わせて目標距離を決め直し、走り続けていきたいと思っています。

穏やかな距離感

■20210925(土曜日:曇)

松本城天守閣から見た市内の様子です。

■今朝は走るつもりで目覚ましを合わせてありましたが、起き出すことができませんでした。昨日走りましたので、疲れが取り切れていないのでしょう。

それと何より一番の問題点は、アレルギー性鼻炎がひどいのです。この時期は、体がだるくてどうにもなりません。抗アレルギー薬を内服しているおかげで、少しは楽なのですが、やはりだるさが取り切れません。

せっかく過ごしやすい気候になってきたのですが、それもこのダルさのおかげで、ありがたさも半分ほどになってしまっています。5月のゴールデンウィークの頃も、実は同様のだるさに襲われます。春、秋と一番いい季節の頃に身体がシャキッとしないのは、大変残念なことです。

■さて、今朝の東京新聞読書欄では「記者の1冊」で「息子物語  ヤマザキマリ著」を取り上げています。

漫画テルマエ・ロマエの産みの親で、文筆家としても多忙な生活を送っているヤマザキマリさんには一人息子がいます。異国で未婚の母となり、息子と共に各国を渡り歩いた激動の日々を振り返る、異色の子育てエッセイに、この本はなっています。記者はこう書かれています。

子の内心の葛藤にしつこく立ち入らない「穏やかな距離感」が著者らしい。

血はつながっていても別個の人間で、どんな状況下でも誰にも頼らずに自立して生きてほしいと願うからだ。

17歳で日本を飛び出し、たった一人で身を立てた著者の人生訓でもある。

子育てとは、永遠の課題に違いありません。

思い出

■20210922(水曜日:曇)

八ヶ岳ICでの様子です。

■今朝は走るつもりで、昨夜目覚まし時計を合わしたつもりだったのですが、合わせるのを忘れていました。おかげで今朝は目が覚めた時に、もうそろそろ起きる時刻だなと感じてはいたのですが、寝過ごしてしまいました。

今朝は風もなく曇り空で、天気予報では、これから突然激しく雨が降ることもある天候となりそうです。

■長野県で買ってきたリンゴを、昨日から朝食に食べています。大きなりんごですので、いくつにも切り分けて2人で食べています。

一日りんご一個で医者要らず、とは昔から言われていますが、子供の頃、私がお腹を壊した時に、よく母がりんごをすって食べさせてくれたことを思い出しました。

あの頃は、ジューサーなどはありませんでしたので、食べやすくするために使えるのは下ろし金です。すりおろした後で、ガーゼのようなもので、こしていたかもしれません。とにかく昔は、何をするにも手間がかかったのです。

病弱だった私のために、母は大変な思いをしたに違いありません。もう数年で、古希になろうかという自分が、何かの時に、ひょっと両親のことを思い出し、子供の頃面倒をかけたことに対して感謝している、自分に驚くのです。

逝ってしまった人が、この世に戻ってくるのは、なにもお盆の時だけではないのです。記憶の中で、何度も蘇っているのです。それで、よいのではないでしょうか。

台風

■20210918(土曜日:雨)

北海道、大雪・森のガーデンの花々です。暑い一日でした。

■今朝はゆっくりと休みました。昨夜は空調を暖房22度に合わせました。室温の変化が睡眠に、どの程度影響するか確認したかったのです。夏から秋に季節が移り、室温と睡眠の関係も、また変化していたのです。

試しに一晩だけやってみたのですが、その結果は良好でした。掛け布団も薄手の毛布一枚にして、ゆっくりと眠ることができたのです。しばらく続けてみる予定です。

昨日は午後休診にして、新型コロナウイルス・ワクチン接種のお手伝いをしました。午後2時から始めて5時15分までの受付で、1,480名ほどの方が来られたようです。今では高齢者ばかりでなく、中学生や高校生もワクチン接種を受けています。

午後1時15分に家を出ましたが、パラパラと雨が降り始め、これでは帰りは土砂降りに違いないと思っていたのですが、幸い家にたどり着いた18時には、雨は降っていませんでした。

今、朝の7時15分ですが、時々激しく雨が打ち付けています。台風14号が和歌山県に再上陸した、とニュースに流れています。福岡県に台風が上陸したのは、観測史上初めてだということでしたが、確かに、南からやってくる台風が、九州北部である福岡に上陸するのは、いささか奇妙です。それだけ、台風の進路が特別だったのでしょう。

それにしても九州は本当に、台風の銀座中央通りです。災害が起きないはずがありません。地震はあるし、台風はしょっちゅう来るし、本当に日本は災害列島だと、一年中感じざるを得ません。

馬が合う

■20210917(金曜日:晴れ)

北海道、大雪・森のガーデンの花々です。暑い一日でした。

■今朝は走るつもりで、目覚まし時計を合わせてあったのですが、起き出すことができませんでした。疲れが溜まっていたのか、理由はよく分からなかったのですが、起き出してから気づいたのは、アレルギー性鼻炎がひどいことです。

体がだるくて仕方がないのです。どうやら、この秋のアレルギー性鼻炎のための体調不良が原因のようです。しばらくは続きそうですから、なんとか付き合っていくしかありません。

台風14号が接近するために、今日の午後から、こちらも雨がひどくなりそうです。土曜日は一日、大雨の予想です。

日曜日からは、天候も回復するようですが、走る事が出来る日は、だんだん限られてきました。月100キロ走を達成するためには、どこかでまとめて走らないと追いつかなくなりそうです。

■先日、高校時代の同期生に誕生日のメッセージを送ったところ、近況についての返事をもらいました。一代で上場を果たした、あるベンチャー企業のオーナーです。

自分の力で社会を良くしたい、便利にしたい、という強い思いを持って、企業活動を行っているようです。いい加減そろそろ引退したら、と奥様には言われてるようですが、やはり仕事をしている時が一番楽しいようです。

高校時代には全く付き合いもなかったのですが、高校同窓会の総会幹事を還暦年度が務めるのが通例だったことから、そのための集まりで付き合いが始まりました。

帰りの電車の中で色々話す時間ができ、お互いを知ることができました。まぁ、簡単に言えば馬が合ったのでしょう。その後も、何かと交流が続いており、ぜひ、また会って、色々話してみたいものだとお互い思っています。