戦争

■20190715(月曜日:雨)

 

s_20190715

メルボルンの町並みです。トラムが来ました。

 

■さて今朝は雨が降っています。午前7時56分現在、雨は小康状態で一時的に止んでいるようですが、今日は降ったり止んだりでしょうか。一日おとなしく溜まっていた仕事を片付けるしかないようです。

 

7月9日火曜日にジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が亡くなりました。正直芸能界に疎い私などは、 雑誌の見出しにある「ジャニー喜多川 芸能界の巨星、墜つ」という意味がさっぱり分かりません。テレビを見ないというのは、本当に置いてきぼりを食うものです。芸能界で起こっていることは、まるで銀河系の外で起こっていることと同じ程度に、私にとっては縁遠い存在です。東京新聞の記事によれば、ジャニー喜多川さんの死去に際して、「晩年戦争の悲惨さ伝える」と題されています。 1931年生まれの喜多川さんは、実際に戦争を体験しているわけです。Wikipedia によれば、

 

第二次世界大戦中、和歌山に疎開していたジャニーは和歌山大空襲に遭遇して必死に逃げ回り、防空壕に入れずに橋の下に逃げ込んで九死に一生を得たこともあった[7]。またアメリカ陸軍軍属として朝鮮戦争に赴いたこともあり、その自身の体験を2017年に自身が演出した舞台『ジャニーズ YOU&ME アイランド』で描いたが、それも「(自分が体験した)本当のことを(みんなに)伝えたい」という思いであったという。ジャニーも自社の若手タレントや舞台の出演者たちに自身の戦争体験を話して聞かせるなど『平和』を願い、それを強く訴え続けて来た人物でもあった[7]。

 

劇団四季を創設した浅利慶太さんもそうでしたが、戦争を実際に体験した世代の方が結局最後に言い残しておきたい言葉が、必ず戦争のことになるようです。戦争を実際に体験していない私のような世代には、想像もつかないのですが、戦争とは本当の地獄であったに相違ありません。

 

以前テレビである報道を見ていて驚きました。敬老の日の特集でしたでしょうか、静岡県の100歳を迎えた方のお祝いをするために、市長さんが訪問されたニュースでした。その際にご本人がインタビューの中で、「皆さんに伝えておきたい1番のことは、二度と戦争してはいけないということです」と答えられていた場面に、本当に驚きました。それまでの応答が少し要領が得ずに分かりにくかったのですが、 その場面だけは、まるでに眠りから覚めたかのように、滑舌もはっきりし、シャキッと生まれ変わったかの如く、力強い言葉で語ったのです。 まるで別人が、ご本人の体を借りて 、皆さんに向かって語ったかのごとく、力強いメッセージだったのです。

 

これは私の勝手な想像なのですが、政治家の小沢一郎さんの活動の根っこにあるもの。それも、あの戦争そして敗戦によって日本人が味わった塗炭の苦しみではないかと思っています。日本人に二度とあのような苦しみを味あわせてはいけない、それが原点ではないでしょうか。冷静、緻密な小沢一郎さんのことですから、あのような愚かな行動に走った原因を、一部の政治家や軍人だけに押し付けて済ませているとは考えられません。 多くの庶民が戦争に熱狂していたという事実はあるのです。マスコミの責任も大きかったに違いありません。そうした日本社会の脆さ、危うさといったものを深く危惧しているのが、政治家小沢一郎ではないでしょうか。安倍政権が目指す日本の方向の危険性を誰よりも知り、そして心から危ぶんでいるのが小沢一郎さんなのです。

 

4割に近い国民が、その事に気付かず投票にも行かないという今の状態は、 戦争前にとても似ているのかもしれません。ここで立ち止まって、しっかり考えないと、また同じことを繰り返す可能性が高いのです。そうした意味でも、れいわ新選組の山本太郎さんには、是非頑張ってもらいたいのです。 小沢一郎さんの、そうした歴史への危惧は、しっかりと山本さんに伝えられているはずですから。

 

広告

肩の荷

■20190712(金曜日:雨)

 

s_20190712

メルボルン市内の交差点です。

 

■今朝は走るつもりで目覚ましを5時にセットしていました。起き出して準備していたゴミ袋を持って、所定の場所へ持って行きました。今朝は燃えるゴミの日です。玄関を出てみて気づきました。雨が降っているのです。窓から外を見たときには、本当の霧雨程度にしか見えませんでしたので、これなら何とか走ることができると思ったのですが、残念ながらそこそこ雨が降っていました。走るのは諦めてゴミ出しだけをして、新聞を取って家に戻りました。今朝の朝食は、コーヒー一杯とスイカ一切れ、ヨーグルトと納豆ひとパックです。

 

昨夜は第11回沼津ベイエリア眼科フォーラムが開催され、昭和大学教授恩田先生と神戸アイセンター・ネクストビジョン理事長三宅先生が講演されました。 恩田先生は眼窩骨折についてお話をされましたが、私の眼科の師匠であった中村先生は、この眼窩骨折の手術がご専門でしたので、大学病院勤務の頃は、よく助手を務めさせていただきました。 眼窩骨折の手術というのは、井戸の底で手術をしているようなもので、助手をしている身には、術野の中における位置関係の把握が難しく、苦労したことを思い出しました。三宅先生は日本の眼科研究におけるドンのような存在の方で、ご自分の名前の付いた病名をお持ちの数少ない先生の一人です。その発見に至る過程は、まさに一つのドラマのようでした。とても貴重なご講演でした。

 

私自身も開演の挨拶をしなければならなかったのですが、無事に終えることができ、これでまた一つ肩の荷を降ろすことができました。あと残るは明日の高度医療機器管理者講習会です。この任務を無事終えれば、しばらくは日常に戻れそうです。

 

数字

■20190711(木曜日:晴れ)

 

s_20190711

メルボルン市内の交差点です。ホテルから15分ほど歩くと、交差点にメルボルン銀行がありました。

 

■今朝は走らずに、ゆっくりと朝食をとりました。2日続けて走りましたので、今日は中休みです。今夜は第11回沼津ベイエリア眼科フォーラムが開催され、東部眼科医会長として挨拶をしなければなりません。そして今週土曜日には、静岡で講習会を担当する予定です。 今週が終われば一息入れることができそうです。

 

今朝の東京新聞には、首相「バブル期超え最高税収」PRするけどーー、と題して記事が掲載されています。 安倍晋三首相が参院選の演説でアピールする「過去最高の税収」 について解説しています。

 

この演説自体は嘘ではありません。財務省が2日に発表した2018年度の一般会計決算概要では、税収総額はピークだったバブル期の1990年度を超えて過去最高を更新しました。60兆3564億円です。 しかしその内訳を見てみると、1990年には1割にも満たなかった消費税収入が3割を占めるまで膨れています。つまり法人税と所得税が減った分を、消費税が穴埋めしているということなのです。 消費者心理を示す消費者態度指数は9カ月連続で悪化し、個人消費も冷え込んでいます。実質賃金も5か月連続で前年同期を下回っているのです。

 

政治ジャーナリストの鈴木哲夫さんはこう語っています。

 

統計不正をはじめ、安倍政権と関わる数値、データは根本的に問題が多い。数字自体は間違っていなくても、都合のいいところだけを PR する傾向がある。

 

この記事を読むと思い出すのは、政治アナリスト伊藤惇夫(あつお)さんの言葉です。

 

数字は嘘をつかないが、嘘つきは数字を使う。

 

こうした政治家の言葉を、どう受け止めるか。それが有権者の見識というものでしょう。れいわ新選組代表 山本太郎さんの演説を聞いていると、安倍総理の演説の仕掛けが見破れます。 いけしゃあしゃあと、という言葉がありますが、 類義語を探すと、「厚かましい、 悪びれる風もない、 恥じる様子もない 」とあります。たぶん安倍総理の政治家としての姿勢を一番わかりやすく示している言葉が、これではないでしょうか。本当に残念なことです。 

 

 

一票

■20190708(月曜日:晴れ)

 

s_20190708

いつものコースの途中で撮りました。

 

■今朝は走らずに休みました。昨日は朝走り、午前中休息を取り、少し早めの昼食を軽く取ってから、電車で静岡に向かいました。年に1回の大学時代の同窓会総会に出席するためです。 蒸し暑さにいささか、げんなりしました。電車の中は空調が効いていましたが、 静岡駅で降りて会場である駅前のホテルに入るまでに、 いささか疲れました。 特別講演では、脳の老化についてお話がありました。 脳細胞は再生しないということ、また老廃物が溜まりやすいという脳の特徴などから、歳とともに脳は萎縮し老化が避けられない、という内容でした。それに対して細胞移植などの新しい治療法なども紹介されていました。

 

懇親会では仲間の先生と親しくお話することができました。しばし楽しい時間でしたが、来年はもう少し多くの仲間が集まってくれるように工夫をしてみようと話し合いました。帰ってきてから、Sunと二人で日帰り温泉で、ゆっくりとお風呂に入り、その後で一杯やりました。歩いていけるところに、こうした施設があることに、いつもながら感謝するばかりです。こうして一日が終わりました。

 

■さて昨日は参院選が公示されて初の日曜日でした。与野党7党首らは東京都内など都市部の街頭に繰り出し、大票田での集票へ熱弁をふるいました。 安倍晋三首相は待機児童の減少に努めているとして、子育て支援を重視する姿勢を強調しました。 首相は JR 蒲田駅前で街頭演説し、旧民主党政権下、悪化した保育士の待遇改善を進めたと説明し「言ったことは必ず実行する」と述べたそうです。

 

悪い冗談というのは、こうした発言を言うに違いありません。首相に就任して以来の発言を思い出してみると、 TPP への参加にしても、増税分の使い道にしてもそうなのですが、「言ったことは必ず実行する」と公衆の面前で言い切れるその神経には、 本当に驚き呆れるしかありません。政治に対する信頼、という言葉は、たぶん頭の片隅にも無いのでしょう。これでは政治が成り立つはずがありません。本当に恐ろしいことです。

 

とはいえ、こうした現状を変えることができるのは私たちの1票しかないのです。軍事クーデターを起こすわけにはいきません。投票することでしか現実を変えることはできないのです 。 残念ながら今の既成政党には、現実を変革する力を見出すことができません。そうした意味で、山本太郎が代表を務める「れいわ新選組」に期待しているのです。

 

山本代表の毎日の演説をFacebook や YouTube で確認しているのですが、一般有権者にもわかりやすく、今何が必要かを力強く訴えているその演説には、本当に感心するばかりです。 とはいえマスコミや新聞が、れいわ新選組の活動を報道することはほとんどありません。 七つの与野党の中に入っていないからです。もし今度の選挙で10人の仲間全員が当選すれば、マスコミもその活動を報道しないわけにはいかなくなります。

 

今までのような、馴れ合いの退屈な政治に緊張が走るに違いありません。 そうなることを心から願っています。私も献金だけでなく、いく人かの友人に彼らの活動を紹介し、投票を呼びかけているところです。一票でなく、二票、三票にすることで、日本が少しでも良き未来に向かって前進できるのです。

 

山本代表の演説です。ぜひご覧ください。クリック

 

無関心

■20190706(土曜日:曇)

 

s_20190706

メルボルン市内を流れるヤラ川を走る遊覧船です。

 

 

■今朝は走らずに休みました。昨日は朝10キロ以上走りましたが、さすがに一日中疲れが取れずに困りました。 木曜日は午前中、雨模様のために、外来は閑散としていました。その反動で昨日の午前中は混雑しましたが、10キロ以上走った後の仕事は、 忍耐力が切れるギリギリでした。

 

その代わりと言いますか、昨夜はよく眠れました。 走ったための疲労が、丁度良い睡眠薬代わりだったのでしょう。そう考えると早朝に走るのではなく、 夜に走ってお風呂に入り眠りにつく方が、熟睡できるのかもしれません。しかし夜走るのは、危険です。 暗闇の中を走るのは、車を運転する人から見ると、 ランナーを見分けるのは困難なために、とても危険なのです。 現在私が走っているコースは、それほど交通量が多いわけではないのですが、 走る方も足元が不安なのです。というわけで、当分は早朝に走るしかないようです。毎日10 km を走れば熟睡できるのかもしれませんが、今の私の体力では、それは無理な相談です。

 

■参議院選挙が始まりました。様々な論評が見られますが、

 

もう国家に意味はない。安倍一強を支える「無関心」という恐怖

 

は、大変興味深いものです。普通に考えると、安倍総理がこれほど長く政権を維持できる理由は、見当たりません。安倍総理が振りまいているのは、よく言われるように「やってる感」に他ならないからです。つまり国民生活を豊かに、 一人一人が生き生きと生きることができるような社会を構築しようと、日夜知恵を絞っているような、ふりをしているだけなのです。次から次へと、キャッチフレーズを繰り出しますが、どれもこれも中途半端で立ち消えたものばかりです。結果として残っているのは、本当にごく一部の人にとってのみ恩恵がもたらされる政策ばかり。日本の国益は切り売りされています。残るのは焼け野原ばかりです。 それにもかかわらず何度選挙をしても、批判票が上回ることはありません。実に不思議なことです。

 

そんなことを思いながら上記の記事を読むと、なるほどと納得するのです。つまり多くの国民が、ウトウトと居眠りしている間に、運転手はとても危険な道を突っ走っているということです。有権者としての無力感が大きいのかもしれません。

 

そんな中で、「れいわ新選組」を立ち上げた山本太郎代表の演説は、魂を揺さぶるのです。昨夜の街頭演説では、山本代表の演説を聞いた蓮池透さんが、「この人のためなら死んでも良いと初めて思った」と語っていましたが、あながち大げさではないと私も感じました。普通の常識を持った人間であれば、息苦しく、弱いものが住みづらい今の社会を、おかしいと感じるのが普通です。ところが残念ながら選択肢が無いのです。魂が揺さぶられる選択肢がなかったのです。したがって何をして良いかが分からなかった。れいわ新選組は 、そんな私たちに残された「最後の砦」のように見えるのです。立ち上がって間もなく私も献金しましたが、さらに何かできることはないか考えています。

 

参議院選挙

■20190704(木曜日:雨)

 

s_20190704

梅雨といえば、この花です。

 

■今朝は走らずに休みました。午前7時28分現在、窓の外では激しく雨が降っています。九州地方に豪雨をもたらした梅雨前線が、東海地方にもやってきたようです。まさに梅雨のど真ん中です。天気予報では午前中大雨のようです。災害が発生しないことを祈るばかりです。本当に日本は災害列島に違いありません。

 

■参議院選挙は今日公示されます。これからの日本の行方を左右する大事な選挙です。10月には消費税率が10%に引き上げられることになっています。 通常でしたら選挙前に税金を上げるとは公言しないのが普通ですが、安倍総理はそんなことはお構いなしです。どう転んでも負けはないと踏んでいるわけです。そうした政治状況、そして国民の心理状況があることは間違いありません。

 

そのような状況を的確な言葉でわかりやすく、私たちに語りかけてくれているのが山本太郎参議院議員です。彼の言葉を聞いていると、 なるほどそうなのか、と頷くことばかりです。 多くの国民は不安定な雇用の元で、生活に追われています。 教育にお金をかけない、ドケチ国家の日本は、 学生時代から奨学金という名の借金を背負わされ、社会に出ても4割の人々は、派遣労働という不安定な雇用の下で生活に追われています。 しかし社会を覆う空気は、努力が足りないからだという自己責任論により、巧妙なカモフラージュがなされています。マスコミを利用した巧妙な世論操作が行われているのです。

 

安倍総理の政策を的確に表現した言葉といえば、「やっているふり感」です。つまり、 いつもなんらかの政策に懸命に取り組んでいる、というふりをすることで、国民に期待感を持たせるのです。北朝鮮による拉致問題にしても、北方領土の返還にしても、国民に期待を持たせる言葉を、次から次に連発するのですが、もとより命をかけてでも問題を解決しようという気持ちはさらさらないのです。いやむしろ解決してしまえば自分の出番がなくなりますので、解決されては困るのです。解決するぞ、解決するぞと唱えていれば、国民は永遠に期待して、頑張っていると誤解し続けるのです。まことに巧妙です。

 

消費税率が10%に増税されれば、社会保障制度は健全化し、より不安の少ない将来が待っているのだと、またしても私たちは誤解しているのです。もしも生活に不安を感じているのなら、安倍総理の言葉ではなく、山本太郎参議院議員の言葉に耳を傾けるべきです。

 

Ayaちゃんの誕生日

■20190701(月曜日:曇)

 

s_20190701

 

 

■今日からいよいよ7月です。つまりは1年の半分が終わったということです。そしてAyaちゃんの誕生日でもあります。ここ5年ほどで我が家の状況も激変しました。いつまでも子供だと思っていた3人が、知らない間に家庭を持ったのです。それぞれの環境も激変しました。 変化する時というのは、何か立て続けに順番を待っていたかのように起こるものです。親はそれをただ、じっと見つめているしかないのです。それで良いのですし、それしかありません。 3人が元気でそれぞれの道で、真面目に取り組んでいることは分かっていますので、それ以上望むことは私にはありません。

 

■今日から7月ですので、また一から100 km の積み重ねを始めなければならなかったのですが、今日は疲れのために起き出すことができませんでした。空は黒い雲に覆われてはいるものの、今朝は雨は降っていませんので、走ろうと思えば走ることはできたのですが、 無理をしませんでした。

 

昨日は朝7時に集まって、競技委員の皆さんで検討した後、新沼津カントリークラブ理事長杯1回戦、そして2回戦を滞りなく終了させることができました。スタートの時点で競技者にルールを説明し、スタートした後は、競技者がビジターの皆さんを追い越す形で競技を続ける場面がありますので、ビジターの皆さんに理由を説明して、待っていただくことを了解してもらうのです。昨日は雨風、そして霧がひどい一日でした。こんな天候でも決行するのかと、疑問を投げかける競技者もいましたけれども、日程がとても厳しい中での競技会ですので、今回は委員長の判断で決行しました。午前中の1回戦では、濃霧の中で 、50ヤード先が見えないほどの状況でした。ティーグラウンドに立っても、グリーンは全然見えませんし、フェアウェイとラフとの境目も、まるで判別がつかない状態でした。

 

ということで、打ったボールを探すのも時間がかかりますし、決着がつくのが平生よりもかなり遅くなりました。結局私共競技委員の仕事が終わったのが午後の2時を過ぎていました。霧は晴れず、風も吹いていましたが、幸い雨は一時的に止んでいましたので、競技委員の皆さんで9ホールだけプレイをしました。しかし予想通り、霧と風で往生しました。グリーンが全然見えずに、大体この辺だろうとショットをすることが何度もありました。

 

■お風呂に入って、1日の仕事が終わったのが17時過ぎでした。急いで家に帰り、今度ははればれ支援隊の写真展終了ご苦労さん会に出席するために駅に向かいました。6時半から9時近くまで、5人の仲間で酒を飲みながら楽しく歓談しました。今のところ10月の支援の旅には、8名の参加が見込まれています。支援隊の大釜会長ご夫妻は、今年の活動でちょうど25周年、四半世紀の活動となるそうです。まもなく80歳になろうとするお二人の頑張りは、本当にすごいとしか言いようがありません。ただ皆さん高齢化が進み、体調の問題などもあり、来年からの継続は、なかなか難しい状況になってきています。私も様々な役が舞い込み、ここ数年で雑用が重なってしまい、日程の調整がなかなかに大変です。残された時間を、有効に活かすにはどうしたらいいかを、しっかりと考える必要がありそうです。