共に是(こ)れ凡夫のみ

20180211(日曜日:曇)

 

s_20180211

ビクトリア州立図書館です。その威容に驚きました。

 

■天気予報では午後から雨が上がる、ということでしたが、午前7時12分現在雨はすでに上がっています。昨日の夕方からの雨で富士山がさらに雪化粧をしたに違いありません。

昨日からSunとのんちゃんは旅行に出かけています。私は留守番。男というのは、いつも損な役回りです。

 

父という 静けさにいて クルミ割る

 

という句がありました。今探したのですが、どうにも見つかりません。黛まどかさんのメールマガジンで教えてもらった記憶があるのですが。

■先週木曜日の夜に、どうも背筋を痛めたようで、体を捻ると痛みが走ります。寝違えでしょうか。回復してきているのですが、年齢を考えれば無理は禁物です。今日は新沼津カントリークラブの月例ですが、天候もよくなさそうでしたので出場はせずに療養することにしました。

ということで、今朝は一人でコーヒーを飲みながら新聞をゆっくりと読みました。記憶に残したい記事がたくさんあるのですが、一つは「今週のことば」欄でした。聖徳太子の一七条の憲法の一説を解説しています。

 

彼是なるときんば即ち我は非(ひ)なり。我是なるときんば彼非なり。我必ずしも聖に非(あら)ず、彼必ずしも愚に非ず、共に是(こ)れ凡夫のみ。

 

皆自分が正しいと言い募って争ってきたのが人類の歴史です。いったい人類は少しでも進歩しているのだろうか、と嘆きたくなるのですが、ベストセラー「サピエンス」を読むと少しは救われます。争いは大局的に見れば収束へ向かっている、というのです。そうであることを祈るばかりです。

■四苦八苦しました。さくらインターネット上にレンタルサーバーを置き、新しいディレクトリーの /wp 上にワードプレスのファイルを一式掲載しました。ただこれだけですと、取得した独自のドメイン名、aiaiganka.com を指定すると、自動的にはワードプレスのフロントページに飛びません。つまりは別にフロントページを作成してルートディレクトリに掲載しておく必要がありました。

いろいろ調べました。そしてようやく自動的に目的のページへ飛ぶことができるようになりました。設定ファイルを書き換える必要があったのです。

 

ワードプレスの設定画面からドメインのディレクトリーをルートに変更します。そして、 /wp/index.php をルートディレクトリにコピーし、一部を書き換えます。

 

これで、http://www.aiaiganka.com と指定すると、そのサブディレクトリの aiaiganka.com/wp へと自動的に飛んでくれるのです。以前さくらインターネットのサポートに、この点を尋ねたのですが、こちらではワードプレスの設定については責任を持ちませんので自分で変更してください、とにべもありませんでした。

苦労しました。ファイルの書き込み権限の問題や、転送アプリ FFFTP では基本的にファイルは読み取り専用である、とか知らないことがあり、ファイル内容の変更ができませんでした。まぁ、何とか今のところは問題ありませんが、これからまた問題が出てくるかも知れません。

試行錯誤でしょうか。

 

広告

Line

20180210(土曜日:晴れ)

 

s_20180210

メルボルン大学のキャンパスです。自由に散策することができます。つい昨日のことのようです。

 

■今朝は走りました。昨日からの背部痛もあり、体調はイマイチなのですが、とにかく走っておかないと時間切れになりかねません。6.10km を走り、総計 29.39km を積み重ねました。体も重く脚も前に進みにくい状態でしたが、何とか走り続けることができました。

今日の夕方から天候が崩れる、という予報ですので、LSDもいつ敢行するか判断に悩みます。

■さてさて今使用しているスマホはツタヤが運営しているToneという銘柄のスマホです。格安スマホです。3千円弱の月間使用料ですから格安です。私は電話は殆ど使いません。仕事の関係で電話には出ることができない事が多い、という点と、電話は考えを練る時間が与えられませんから、ろくな返答ができないのです。

従って良い結論が出ることはありません。つまりは時間の無駄になることがほとんです。ということで、メールで連絡をください、とお願いしています。よく考えてから返事ができます。昔、昔は夜にメールを出してはいけない、一晩寝かせてから返信するように、と助言されたものです。今はどうなのでしょうか。

さて、そのToneのスマホなのですが、この7月でまる2年を迎えます。2年経過したスマホって、動作は鈍くなるし電池はすぐ切れるようになるし、あっという間に陳腐化してしまいます。Toneは2種類からしか選択できませんので、2年前はそのうちの性能の良い方を選んだのですが、今では自分の使っている機種は、2種類のうちの性能の劣る方になってしまいました。

ということで、殆どの作業はファーウェイ製のP10 light でこなしていますが、Wi-Fiでのみの使用ですので、Line が使えません。Sunや子ども達との連絡は、Lineが多いので、これは困ったことの一つです。そこでデーター通信だけのSimカードを購入しようかと、いろいろ調べています。

LINE はとてもユニークです。 その他のネットサービス、例えば Facebook とか Google メールなどは、元のデータをサーバーで管理していますので、どの端末からでも 同一の ID とパスワードで利用する事ができます。

ところが LINE ではこうはなりません。 別のスマホから同じ ID とパスワードでログインすると、以前のやり取りの情報が全て消えてしまいます。

データの引っ越しが結構面倒なのです。 なりすましなどの危険性を考慮した安全性の面から、このような方式を採用したようですが、 同じスマホをずっと使い続けるということは、まず考えられませんので、 私にはあまり便利な方式とは思えません。

LINEを徹底的に使い込んでるという利用者では私はありませんので、 データの移行が難しくてもそれほど今のところ実害はないのですが、 いささか困ってしまいます。

結局のところ 通話利用権なしのデータ SIM を LINE モバイルから購入してみようかと思っています。

そして2年間の縛り期間が終わったら通話番号も、こちらの P 10 Lite に移行しようかと思っています。

と思ってネットを探してみるとAmazon などでは 、simカードと P 10 Lite のセット販売が行われています。最初からそれにしておけば面倒はなかったかもしれません。

日本での iPhone の、特に若者の間での 諸外国では見られない人気というのは、いわゆる2年の縛り期間によって、本体の代金が薄められているためが大きいようです。

実はとても高い買い物をさせられているのですが、月賦販売によって、気づかない間に 支払いをさせられているのです。

諸外国には無い販売形式のようです。

 

 

南国

20180209(金曜日:晴れ)

 

s_20180209

メルボルン市内のスーパーの様子です。セルフ精算機の前で多くの人が会計をしています。

 

■昨夜は沼津西ロータリークラブのテーブル会。本来なら私はテーブルのメンバーではなかったのですが、成田さんが友人を会員候補者として誘ってくれましたので、会員増強委員長として特別参加しました。

もちろん私が参加して勧誘したからといって、はい分かりました、とはなりません。何度も交流を深めて納得してもらうしか無いのです。それでも楽しく歓談し、またいつもの仲間と様々な事柄に話が及び、いつものことながら楽しいひと時でした。

お店も値段も良心的、そして料理も美味しいとあっては、満員の盛況でした。ついつい食べ過ぎ飲み過ぎでいけません。

お酒のためでしょうか、夜中に目が覚めて動悸に苦しみました。少し体温が上がりすぎたようです。お手洗いに行って、着ているものやら布団やらを加減して、体温を下げたら、その後は無事に眠ることができましたが、ウトウトで熟睡感がありませんでした。ところが不思議なのですが、5時半に目覚ましが鳴ると、すんなりと起きることができました。

このあたりが、よく分からないところです。毎朝すんなりと起きることができるのが最高なのですが、そうは行きません。Lifesense bannd2 で集めた情報を、よく見直して、何か法則性があれば、それに基づいて睡眠を取るようにすれば、上手に日常を送ることができるかもしれません。

ということで、今朝は 4.30km を走り、総計 23.28km を積み重ねました。今朝はトイレに行きたくなり、途中で切り上げました。連休中にLSDで取り返さないと目標達成は難しそうです。

 

■さて二日前から読み始めているのが、

 

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 (集英社文庫)
水谷竹秀著 Kindle 版

 

です。様々な理由で日本を離れフィリピンで生活している日本人を取材したルポです。

立ち往生

20180208(木曜日:晴れ)

s_20180208

メルボルン動物園です。ここでアフリカの親子と会いました。母親は、まるでキリンがそのまま人間になったような、そのスマートさは人間離れしていました。

 

■今朝は走りませんでした。いちおう目覚ましを掛けたのですが、起き出す元気が出ませんでした。やはり今のところは二日続けてのランニングはきついようです。昨日の天気予報では今朝もマイナスの冷え込みで、水道管凍結がありそうでした。となると、走った後の熱いシャワーもできません。

でも幸い今朝は凍結しませんでした。微妙な気温なのでしょう。

■福井では相変わらず国道8号線での立ち往生が続いています。車で閉じ込められている人々は生きた心地がしないでしょう。雪とは恐ろしいものです。

これだけ雪が降ると、それは大量の水が貯蔵されていることになります。週末からの連休で雨が降ると、こんどは洪水が心配されています。一難去ってまた一難、ということになります。

豪雪

20180207(水曜日:晴れ)

 

s_20180207

メルボルン市内の市場で売っていたマンゴウです。果物は豊富でした。

 

■今朝は走りました。先週から服用を始めた漢方薬も、正直あまり効果が無いようなので止めました。それでも昨夜は熟睡感がありました。睡眠のサイクルと目覚ましの時刻が、ちょうど合ったようで、とてもスムーズに起き出すことができました。逆にちょうど深い眠りに入ってから目覚ましが鳴ると、これは起き出すのが難儀になります。

昨夜は Lifesense band2 によれば、睡眠時間は4時間20分、そのうち深い眠りは45分と表示されています。その前の日の記録を見ると、睡眠時間は7時間15分、深い眠りは1時間40分となっています。が、熟睡感は全く逆でした。この計測は心拍数で行っているようですが、もう少し記録を続ける必要があるようです。

さて今朝は走ったのですが、エプロンのランニング・ウォッチが時々起こす反乱のために記録が消失してしまいました。左右に2つずつ合計4つあるボタンに、どうも間違って触れてしまうようなのですが、そんなことで記録が消失してしまうようでは困ります。当てになりません。設計の不備だと思います。

何度もありました。せっかく一生懸命に走っても、記録が消失すると本当にがっかりします。その失望感は実際に走った人でないと分からないと思います。スマホのアプリで記録を取った方が確実だと思うようになりました。

■さて北陸地方では、昭和56年以来の37年ぶりの豪雪に苦しんでいます。福井では8号線で1,500台以上が雪のために立ち往生。死者も出ています。積雪が1m30cmを超えました。

今朝はこちらも冷え込みが厳しく、走った後にいつもなら昨日のお風呂の残りに浸かって汗を流すのですが、水道管が凍結してお湯が出ません。そうなると湯船に浸かると体が冷え切っていまい、あとが大変です。ヤカンでお湯を沸かし体を拭くだけにしました。

今年は、これで何回目でしょうか。例年は一冬に一度か二度なのですが、もうそれを超えたはずです。立春が過ぎても、まさに春は名のみの寒さです。

二人に一人

20180206(火曜日:晴れ)

 

s_20180206.jpg

メルボルン市内を流れるヤラ川河畔での光景です。市民の憩いの場所なのです。

 

■今朝は目覚ましをかけていたものの、起き出して走ることができませんでした。昨日の今日で連日の走り込みは無理でした。まぁ、のんびりするしかありません。4月8日に開催される焼津マラソンへの参加申込みをしました。ハーフマラソンです。4千円です。焼津マラソンは参加者にカツオを贈呈することで有名です。

2015年に参加した時には、残念ながら外れでした。あの時は二人に一人がもらえるということでしたが、駄目でした。ずいぶんと確率が良いように感じますが、実際に参加してみると、そう簡単ではありません。ゴール間近になって普段なら懸命に走ります。一人でも抜いて少しでも順位を上げようとしますが、ふと考えてしまいます。このランナーを追い越したら、二人に一人から外れやしないか、と。

逆に自分が抜かれた場合、これもまた二人に一人から外れたのではないか、と後悔するのです。ハズレた場合、なんとも後味が悪いのです。ですから二人に一人の当たりクジは、マラソンの場合はやめてくれた方がランナーの精神衛生上良いのではないかと自分では勝手に思いました。

(●^o^●)

 

深セン

20180205(月曜日:晴れ)

 

s_20180205

メルボルン市内の市場です。オージービーフが美味しそうです。

 

■今朝は走りました。そして水道管が凍結していました。玄関を出て寒いな、と感じましたが、まさか凍結しているとは思いませんでした。西日本と北陸地方では数年に一度という寒気が南下してきて、大雪になっています。今朝のNHKニュースでは富山市の様子を放映していました。大粒の雪が待っている様子です。

6.90km をキロ6分03秒で走り、総計 18.98km となりました。今月は28日しかありませんので、三日分足りません。最後に来て、この違いは大きいのです。一度はLSDを敢行しないと、どうにも間に合いそうにありません。

■週末に、

「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
藤岡 淳一 Kindle 版

 

を読みました。アイフォンを始め、名だたるスマホが中国、ことに深センで製造されていることは有名です。アップルなどは、信じられないほどの利益を挙げていながら、実はアメリカにはあまりお金を落としていません。と言って、アイフォンをアメリカで製造できるかというと、もうできないのです。それは値段だけの問題だけでなく、製造できるだけの膨大な製造現場がアメリカには無いからです。

もう日本も追いつけないほどのエコシステムが深センには出来上がっているのです。その様子を知ることができます。