タイガー

■20190415(月曜日:晴れ)

 

s_20190415

新沼津カントリークラブ2番ホールの様子です。

 

■今朝は走る予定でしたが、さすがに昨日の疲れが残り、起き出すことができませんでした。目覚まし時計を5時に合わせてあったのですが、起き出したのは5時半になってしまいました。ということで、今朝は走らずにテレビでゴルフのマスターズトーナメントを観ることにしました。

 

タイガーウッズが14年ぶりに、メジャータイトルを獲得するかもしれなかったからです。腰の手術を4度も受けたり、私生活でもトラブルに見舞われ、一時はどん底にまで落ちましたが、さすがはタイガーウッズ選手です。昨年PGAで久々ぶりに勝利を挙げ、メジャータイトル獲得まで、もう一歩のところまで来ていたのです。

 

今回のマスターズトーナメントを見ていて惹きつけられたのは、12番と16番のショートホールでした。12番のショートホールでは、二打差を保っていたモリナリー選手が、まさかの池ポチャ。 その一方2番目に打ったタイガーウッズ選手は、ピンの方向には打たず、バンカーを越えてグリーン中央に乗せました。 このホールで首位に追いつき、そして流れは一気にタイガーウッズ選手に傾きました。 16番のショートホールではグリーン右奥に乗せ、傾斜を利用してピン下につけて、見事にバーディー。この一打が、18番ホールでボギーを叩いたタイガーに勝利をもたらしたのです。まさに手に汗握る戦いでした。昔のようにぶっちぎりで優勝するということは、もう今のタイガーには無理なのかもしれませんが、見ている私たちにとっては、スリル満点の展開でした。

 

 

広告

失われた世代

■20190414(日曜日:曇)

 

s_20190414

沼津市松川沿いの桜と菜の花です。

 

■今日は新沼津カントリークラブの 桜花杯Aクラス月例です。 昨年 A クラスからB クラスに私は陥落してしまいましたので、出場することはできないのですが、今年から競技委員を仰せつかりましたので、そのために参加です。スタートする前に参加するメンバーの方々に、ルールなどを説明する役割です。 気温も低く風もありましたので、いささか寒かったのですが、念のために少し余分に着て行きましたので、無事に役割を終えることができました。最後の3組だけ、松本副支配人のやり方を真似て、競技委員としての役割を初めて務めることができました。先月初めて立会いをしたのですが、その時はただ一緒にいただけで、何の説明も自分ではしなかったのですが、今日は松本副支配人に促されて役割を無事終えることができました。 そして月例競技参加者が全員スタートした後で、甲野藤さん、船戸さんの3人で、ラウンドすることができました。

 

自分自身のプレーについてみれば、去年からの最悪の状態からは脱したようです。49、47回で合計96回と、90の目標を切ることはできませんでしたけれども、何より嬉しかったのは、1度もトリプルボギーを叩かなかったことです。全ホールをボギー以下で回れば90回を切ることができるのですが、それは今の自分にはなかなかの難事です。トリプルボギーを叩かなければ、そこそこのスコアで回ることができるのです。

 

パーは2度しか取れませんでした。3番のショートホールでティーショットを右の崖下に落としてしまったのですが、2打目のリカバリー・ショットが30cm に寄っての OK パーでした。もう一ホールのパーは、8番のミドルホールで、第二打をバンカーに入れてしまったのですが、リカバリーショットがこれまたピンそばに寄ってオッケーパーでした。 グリーン周りのアプローチは、一度だけ9番アイアンでのアプローチがオーバーしてしまい、2パットしてしまいましたが、それ以外は1パット圏内に寄ったのは収穫でした。短いパットを外してパーを逃したのは、今後の課題です。

 

■東京新聞「時代を読む」欄には、ーー「失われた世代」の声聞いてーーと題して関西学院大学准教授 貴戸理恵さんが書かれています。 団塊ジュニア世代(1970年代半ば頃の生まれ)が「若者」ではなくなる時代を迎えた、と書き出されています。この世代の特徴といえば、氷河期世代、あるいはロストジェネレーションなどと呼ばれ、学卒時の最初の就職が深刻な経済不況と重なり、日本的企業採用システムである、新卒一括採用の機会を逃し、正規雇用に参入するのが難しかったのです。結果として、非正規雇用率が高く、結婚し子供を持つ割合が低く、家を離れず親元に留まり続けるものが多くなったのです。 この世代の受難は、2000年代の官主導的な雇用規制緩和や、若年雇用を抑制することで中高年の雇用を守った企業の採用行動など、人為的に押し付けられたものなのです。

 

この世代を代表する作家の雨宮処凛さんは、「社会の実験台にされ、見捨てられた」。 妊娠に適した年齢を過ぎて「子供を残せなかった」という意味で、「自分たちは『絶滅危惧種』」とすら書いています。貴戸さんは、こうも書かれています。

 

私たちは「いい学校→いい会社というレールに乗れば安定」とする「昭和」的価値観を刻印されたまま、レール自体が半壊する実態に直面した。時代は「レールにとらわれるな」と「平成」的価値観を称揚し、独創性を発揮して市場競争を勝ち抜くことを要請した。しかしそれが可能だったのは条件に恵まれた一握りだった。「敗者」とされた人は自己責任論を内面化し、心を病んだ。不安定な雇用のもとで、働く権利を主張する運動家ユニオン、支援活動を生み出したのもこの世代だ。社会は世代の声に耳を傾けてほしい。それは「団塊ジュニアおひとりさまの老後」を豊かに構想すると同時に、次の世代の生きづらさを減じるヒントとなるはずだ。

 

今わたくしたちは、これからの自分たちの社会を、どう作り上げていくかを、真剣に 考える必要があるのです。他者を貶めて悦に入っている場合ではないのです。

 

 

写真展

■20190413(土曜日:晴れ)

 

s_20190413

富山市内を流れる神通川にかかる、神通大橋です。この先に、富山大学があります。

 

■今朝は走りました。昨日は雨も降り、気温も下がり一日冷え冷えした天気でしたが、今朝は快晴の朝でした。4時半に目が覚めましたが、5時に目覚ましが鳴るまで一眠りしようと思いましたが、そううまくはいきませんでした。でも5時に起きだして準備をし予定通り走り始めることができました。今朝は8.21 km を走り、今月の通算距離は47.48 km、 残り17日で52.51 km となりました。今日は午後から静岡で会合があり、仕事が終わった後一休みしたら出かけなければいけません。Sunも友人達と京都へ出かけました。新富士駅で、新幹線に乗るようです。朝の7時過ぎには家を出ました。

 

昨夜は、はればれベトナム支援隊の月に1度の定例会でした。6月にサンウェルぬまづで開催予定の、「2018ベトナム支援の旅 写真展」の準備です。 70枚から80枚の写真を準備し、会場を訪れる方に見てもらう予定です。一人でも多くの方に活動を知ってもらうことは、活動それ自体と同じぐらい重要です。ベトナム戦争の時に散布された枯葉剤の影響で、今も後遺症に苦しむ人たちがいるということすら、知っている人はとても少ないのが現状です。ベトナムでも若い人たちへの情報提供は、ほとんどされていないようです。アメリカとの関係を優先しているためなのでしょうか。人のことは言えません。原爆を落とされた日本ですら、同じような忖度がまかり通っているからです。本当に、しょうもない国です。

 

 

雪解け

■20190412(金曜日:雨)

 

s_20190412

北陸新幹線、かがやき号です。

 

■今朝はゆっくりと休みました。6時に目覚ましをかけて起きだし、 Sun が用意してくれてあった生ゴミを持って公園まで出かけました。玄関から歩いて30秒です。黒い雲が空を覆っているものも、雨は降っていませんでした。 雨が降り出し、今7時33分ですが雨が降り続いています。どうやら今日は一日雨のようです。

 

昨日は昼休みに久しぶりにロータリークラブの例会がありました。 御殿場に住んでおられる会員の方とお話ししてみると、一昨日の冷え込みで御殿場では雪が降ったようです。4月に入っていますのでタイヤは通常のものに交換してしまい、季節外れの雪に大変困った、と言われていました。Nonちゃんは交換をしていなかったようなので、それはそれで大正解でしたが、もうそろそろ替えた方が良さそうに思います。

 

もう30年以上前になりますが、私が富山で住んでいた頃には、まだスパイクタイヤを使用していた時代でした。確か3月15日が交換の日だったように記憶しています。 タイヤを交換し、ようやく春がやってくるのかな、と実感できる嬉しい日でした。 雪国では文字通り、目に見えて季節の変化が実感できます。一面真っ白だった視界の中に、次第に緑が現れ、そして色とりどりの花が咲いていくのです。雪との戦いは決して綺麗事だけではすみませんが、 今となってみると、とても良い思い出です。

 

 

れいわ新選組

■20190411(木曜日:晴れ)

 

s_20190411

富山の桜です。

 

■今朝は走りました。しかし昨夜は冷え込みました。薄い毛布を掛け布団の上にかけて寝たのですが、暑いと感じることは一度もありませんでした。午前2時過ぎに1度目が覚めましたが、その後再度眠りにつき、5時の目覚ましで起きだしました。今朝は8.20 km を走り今月の通算距離が39.26 km、 残り19日で60.73 km となりました。なんとか月100 kmの目標に向かって、予定距離を超えることができました。

 

昨日は終日冷たい雨が降り続き、静岡市でも山間部では、そして御殿場では雪が降りました。私は見ることはできなかったのですが、テレビでは前橋市の降雪の様子を報道していたようです。Takuも大変だったのではないでしょうか。私のように自宅で仕事をしている人間には、大した影響はないのですが、外回りをしなければならない仕事では、交通機関の混雑に巻き込まれて移動が大変です。事故も避けられません。

 

また自衛隊の戦闘機が墜落したというニュースも流れ、今朝の時点でも墜落した飛行機は見つかっていないようです。そして何より操縦士の方が行方不明なのが心配です。緊急脱出装置も使用できないほどの緊急事態だったのでしょうか。操縦士のご家族は本当に心配だと思います。無事に見つかってくれることを祈るばかりです。

 

■さて自由党の山本太郎参議院議員が離党し新党を立ち上げるようです。党名は「れいわ新撰組」となっています。党の公約は以下のページでご覧になれます。

 

れいわ新選組公約

 

この公約を見て荒唐無稽だと否定するのは簡単です。でも私はぜひ実現して欲しいと願っています。細い内容まで、私は理解しているわけではないのですが、推測するに、世界で一番暮らしやすいと言われている北欧諸国の政策というのは、彼が目指している方向に近いのではないでしょうか。 大切なのは、みんなが少しずつ我慢をすることです。可能な限り多くの人が、少なくとも衣食住に関しては、 不安を感じることなく毎日を送れる社会こそが、政治の目指すべき着陸点ではないでしょうか。

 

自由放任に任せれば神の手が全てを塩梅よくまとめてくれると考えるのは、 残念ながら現実的ではありません。 「強欲資本主義などない。資本主義はそもそも強欲なのだ」という言葉を聞く時、資本主義という仕組みの中でしか生きられない現在、自由放任などという選択肢はあり得ないと思います。格差が拡大すれば、そこには必ず暴力が生まれます。そんな社会が住みやすいはずがないのです。山本太郎議員には、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。 私も彼の党に献金するつもりです。

 

そもそも私は小沢一郎さんの応援団です。何年前でしょうか、沼津にも来られて、日吉 雄太(ひよし ゆうた)衆議院議員の応援をされました。自由党沼津支部の開設です。小沢さんには、まさに毀誉褒貶が飛び交います。小沢さんがいればこそ、日本は左右の奈落に落ちずに済んでいる、と私は信じています。あの敗戦の苦しみを二度と日本国民に味合わせてはならない、という思いが小沢さんの政治活動の原点ではないか、と私は推測しています。

 

そして政権を取らなければ国民を守ることができない、という信念を持っています。そのとおりです。政権を取ろうとしない政治家など、まさにネズミを取らない猫のようなものです。立憲民主党の幹部たちが、結局は安倍政権を支えてしまっている現実を、変えなければなりません。現政権を右から支えているのが維新の会であり、左から支えているのが立憲民主党ということになります。そして格差が拡大し、少子化が止まりません。

 

山本太郎さんには、小沢さんから学び、ぜひとも日本の現状を変える活動を続けてもらいたいと願っています。さきほど献金をしました。彼なら、信頼できますし、行動してくれると信じています。このままでは日本は、多くの国民にとって本当に不幸な国になってしまいます。今が最後のチャンスです。

 

 

亡命者

■20190410(水曜日:雨)

 

s_20190410

富山県護国神社近くで撮りました。

 

 

■今朝はゆっくりと休みました。昨日の夜の天気予報では、 西から低気圧が近づき雨が降る上に、北の低気圧のために冷たい空気が入り込むために、関東地方でも平野部で雪が降る可能性があるとのことです。日中の最高気温が、札幌よりも東京の方が低いとも予想されています。さすがに今日は皆さん外出を控えるのではないでしょうか。昨夜は掛け布団の上から薄手の毛布をかけて休みました。今朝は5時38分に目が覚めて起きだし、ビニールゴミを持って雨の中を、所定の公園前まで傘をさして行きました。まだ、それほど強い雨ではありませんでした。

 

■さて今朝の東京新聞「この道」欄では、歌手の加藤登紀子さんが、「あなたに捧げる歌」と題して第2回目を書かれています。今日の題名は「ハルビンの詩」です。ご両親が昭和10( 1935)年、新婚生活を始めたハルビンを、昨年12月に旅行をされました。当時のご両親の様子を綴られていますが、最後にこう書かれています。

 

父や母が一緒に暮らしたロシア人の多くは、ロシア革命の時に亡命した貴族や思想弾圧を受けた文化人、ユダヤ人など、国籍を持たない移住者たちだった。守ってくれる国がなくても、伝統や食習慣を守り、音楽の絶えない彼らの生き方に、母はたくさんのことを教えられた。敗戦ですべてをなくした戦後の荒波を毅然と生きぬくことができたのは、彼らを見ていたからだと、母は言っていた。

 

私などのように日本に生まれて日本で育った人間には、亡命者の生活など想像もできません。多くの日本人にとっても同様でしょう。しかし考えてみれば、1945年8月を境にして日本人は、いわば庶民全員が亡命者のような状態に突き落とされたのではないでしょうか。何しろそれまで信じてきた一切のものが、一気に崩れ落ちてしまったわけですから。 道徳も、そして国自体も。そう考えると加藤さんのお母さんが言われていたことに、とても納得できるのです。

 

 

デフレ要因

■20190409(火曜日:晴れ)

 

s_20190409

夕日に映える富山城と、城址公園の桜です。

 

■今朝は走りました。昨夜は11時前に寝たのですが、12時を過ぎて寒さのために目が覚めてしまいました。驚いて薄い毛布を掛け布団の上から、さらに1枚掛けたほどでした。 大した冷え込みでもないのかもしれませんが、一旦暖かい気温に慣れてしまうと、こうした冷え込みが大変辛く感じます。ということで今朝は7.17 km を走り、今月の通算走行距離は31.06 km。残り21日で68.93 km となりました。明日は雨の上、真冬並みの冷え込みとの天気予報ですので、朝は走ることができないようです。気長に機会をみて走るしかありません。

 

■さて今朝の東京新聞3面には、働き方改革の死角ーー「低賃金正社員 デフレ要因に」と題して記事が掲載されています。

 

正社員であっても昇給制度もなく、非正規とさほど変わらない低賃金に喘ぐ人が増えている。「正社員なら将来が安心」という時代は過去のものになりつつある、とあります。正社員でも昇給制度がない業種はどんどん広がっています。長時間働いても給料はわずかの場合があり、「時給換算で非正規のアルバイトの方が高いケースも多い」ともあります。

 

結局、正社員、非正規社員のどちらにしても、ギリギリの生活をしている人が多いために、国内で消費が増えず経済がデフレ脱却できない要因になっている、と指摘されているのです。「新・日本の階級社会」を著した早大の橋本健二教授も「低賃金正社員が次世代に引き継がれる傾向もうかがえる」として「階級の固定化」に警鐘を鳴らしています。

 

要は、労働者に支払われる割合が減っているわけです。経費が減りますので、企業としての利益は当然増えることになり、一見企業の業績は好調のように思われます。しかし社会全体を考えれば、消費が減りジリ貧の状態に陥ります。とても子育てまで手が回らないわけです。当然少子化となります。どこかで負の循環を断ち切らなければなりません。どのような社会とすべきなのか。 強欲さばかりが闊歩するような社会は、必ず破綻するのです。我々は今、重大な岐路に立たされているのです。