平戸

■20180814(火曜日:曇)

 

s_20180814

 

 

■今朝は走りました。昨夜から今朝にかけて、急に涼しくなりました。一日で夏から秋に季節が移り変わったのかと思えるほどです。5時に起きて準備をして、走り始めたのが5時半頃。暑さも峠を超えたためか、昨夜熟睡できたためなのか、あるいは右太ももの痛みが軽減したためなのかは分かりませんが、今朝は今までとは違って気持ちよく走ることができました。

 

 

やはり痛みが無いというのは有り難いことです。全く違和感がない、という訳にはいかないのですが、明らかにこれまでとは違います。休養が取れて、炎症が収まってきたのでしょうか。6.16km を走り、総計51.81km、残り17日で 48.19km まで来ました。

 

 

■先週の夏休みで九州へ出かけ、台風と台風の合間に楽しい時を過ごすことができました。今また台風15号が九州に近づきつつあるようです。大雨の恐れがあると警報が出ています。本当に幸運でした。暑くてバテましたが、大雨に遭うことを思えばなんでもありません。

 

 

最後に泊まったのが平戸でした。Wikipediaによれば、

 

 

平戸市(ひらどし)は、長崎県北西部の平戸島とその周辺を行政区域とする市で長崎県と九州本土の市としては最西端に位置する都市。旧平戸藩松浦氏の城下町で、鎖国前は中国やポルトガル、オランダなどとの国際貿易港だった。

1641年(寛永18年)- オランダ商館が長崎の出島へ移転、平戸での南蛮貿易が終焉を迎える。

 

 

と、あります。つまりは出島に窓口が集約される以前は、国際貿易で繁栄を謳歌した、ということです。

 

 

誰もが、そしてどの地域も歴史の中で生きるしかありません。平戸も例外でありませんでした。しかし貿易で繁栄した地域というのは、開かれた、そして異文化を取り入れるという点で、独特の佇まいを見せます。そこが魅力なのです。町並みも古い佇まいを残しており、のんびりと歩くには、とても魅力的な街に思えます。

 

 

ただし車で通るだけですと、道幅は狭いし、近代的とは言えない、その町並みは不便といえば不便です。しかし近代的な町並みなどは、掃いて捨てるほどあります。税金を投入して近代化しても、少しも魅力的でないのは、各地を訪れれば歴然としています。古いものこそが新しいのです。

 

 

広告

街の歴史

■20180813(月曜日:曇)

 

s_20180813

大分県玖珠町の様子です。福岡から由布岳への道の、ちょうど2/3 を過ぎた辺りです。

 

■夏休みも終わり、今日からは日常が再開です。昨日は雷が激しく鳴り響き、恐ろしいほどでした。5時半にSunと家を出て、ザブーンでゆっくりとお風呂に入り、旅の疲れを取りました。そして、そのまま一杯やって旅の思い出を語り合いました。

本当に楽しい旅でした。いささか厳しい日程の場面もありましたが、知らない街をドライブするのは楽しいものですし、知らなかった街の歴史を知ることは、さらに楽しいものです。

 

 

アジアとともに

■20180812(日曜日:曇)

 

s_20180812

カトリック平戸ザビエル記念教会です。

 

■今朝は走りました。いつものコースを 6.14km 走り、これでようやく月100キロ走の計画に追いつきました。合計39.65km となり、残り19日で 60.34km となりました。

 

先週はSunと二人で夏休み。九州旅行を楽しみました。レンターカーを使っての結構目いっぱいの移動旅行です。計算すると毎日220キロ超を走ったことになります。借りた車はホンダのフィットでした。リッター当たりの平均走行距離が25キロの旅でした。ですので、最初に満タンの状態でスタートして、最後に車を返却するまで給油する必要がありませんでした。ハイブリッド車は違います。

 

 

■昨夜は富士山静岡空港から帰宅したのが、21時半頃。窓を開け放って荷物を整理したら、さすがに疲れて、それからお風呂に出かける元気はありませんでした。今夜のお楽しみです。

 

旅行中も暑苦しい夜でした。ホテルですと冷房を入れないと寝付けないのですが、高千穂で泊まった民宿「暖心(のごころ)」では、寝る時には冷房をかけていたのですが、夜中に目が覚めて、思い切って窓を開け放して冷房を切りました。

 

女将さんの話では、このあたりでは夜は冷房を入れることは殆ど無いようですが、今年は例外とのことでした。ただ冷房を入れて寝ることで家族三人が全員風邪を引いたそうです。山の中ですから、昼間どれほど暑くても、夜は冷えるのです。私が泊まった部屋は、東と南に窓がある構造なのです、風が抜けずに窓を開けるだけでは寝付けないだろう、と心配して冷房をかけたのですが、杞憂でした。十分涼しく、明け方には寒いほどに冷え込みました。

 

昨夜は我が家に帰って、いつもの部屋で寝たのですが、冷房など必要ありませんでした。いや扇風機すら必要なく、熟睡できました。我が家が一番快適です。単なる慣れなのでしょうけれど。

 

 

 

九州の旅

■20180808( 水曜日)

 

s_20180808

鶴見岳から見た別府湾です。

 

■ 今日から夏休みを取って、すんと二人で九州旅行に出かけます。 昨年は北海道の積丹半島へ行きましたが今年は九州旅行にしました。

 

台風13号が接近しており、今夜から関東地方は大荒れのようです。ところが7時16分の時点では全くそのような 様子は無く、 風もほとんどないうえ、爽やかな青空で、とても台風が近づいているとは思えません。

 

■朝の5時に起きて準備をし、富士山静岡空港へ向かいました。7時35分発福岡空港行きのFDA便です。家からは愛鷹スマートインターまで10分、そして東名高速道路を経由して、1時間30分で十分カウンターまでたどり着けます。手続きをして、搭乗を待つばかり。天気も、今のところ台風の影響はありません。

 

 

福岡空港に到着し、レンタカー会社に連絡し迎えを待ちました。どの車種があたるか当日にならないと分かりません。ハイブリッド車を希望しておきました。濃い灰色のホンダフィットでした。

 

今日は、由布岳経由で別府温泉に宿泊です。

 

 

立秋

■20180807(火曜日:晴れ)

 

s_20180807

昨年出かけた積丹半島の様子です。

 

■昨日に続いて今朝も走りました。明日からSunと二人で夏休み。ということで、走ることができるかどうか分かりません。昨年は旅の途中で一度走りました。今回は分かりませんので、できるだけ貯金をしておかないと、あとが大変になります。ということで、今朝も 6.14km を積み重ねて、総計 29.31km、残り24日で 70.68km となりました。

■昨夜は8時過ぎでしたか、ものすごく大きな雷鳴が轟き、大変驚きました。近くに落雷したのでしょう。連日の猛暑ですが、台風13号の接近で大気が不安定になってきています。

9日に夏休みに出かける友人の飛行機が無事に出発できるかどうか。夏休みは中止だ、と奥さんに提案したそうですが、拒否されたようです。

 

(●^o^●)

 

■今朝は、さすがに昨日までの暑さとは異なり、走っていても、涼しさすら覚える風でした。そうです、今日は立秋でした。もう今日からは、残暑お見舞いなのです。

Takuが勤める法律事務所の先生から、昨日暑中お見舞いを頂きました。滑り込みセーフです。

 

(●^o^●)

 

 

フロンティア

■20180806(月曜日:曇)

 

s_20180806

 

 

■今朝は走りました。10キロを走ろうかどうか迷ったのですが、走り出したら、とても10キロは無理だと諦めました。何しろ蒸し暑いので、それだけで前に進む力が半減です。夜も熟睡できないし、条件的にプラスになる材料は、何もありません。それでも、とにかくゆっくり走ろう、とだけ心がけて 6.135km を走りきりました。キロ7分12秒ですから、恥ずかしくて人には言えない速度ですが、それが私の実力ですから、致し方ありません。

右太ももの違和感も、昨夜は湿布を貼って寝たお陰か、少しは楽な気もします。普段は全く気にならないのですが、走る段になると、つまりは踏ん張ると力が入りにくいのです。腱鞘炎でしょうか。湿布と痛み止めで様子を見るしかなさそうです。

■今週は水曜日の朝から夏休みで、Sunと二人で九州旅行です。昨年は北海道旅行で、今年は九州旅行。二人で珍道中ですから、どこでも良いのです。富士山静岡空港から出かけて帰ってくる、というただそれだけなのですが、それが楽しいのです。

私も間もなく誕生日を迎えると65歳になります。あと10年は、今のペースで仕事も活動も続けたい、と思っていますが、それには体が言うことを聞いてくれないとできません。元気だからこその二人での旅行です。二人とも元気でないと、何事も前に進みません。

■さて昨日は日曜日でしたが、家でのんびりと静養しました。そして読書に徹しました。

 

「産業革命以前」の未来へ ビジネスモデルの大転換が始まる ( NHK 出版新書)”(野口 悠紀雄 著)

 

を、読み終えました。産業革命からの社会のあり方を一変させる大変革の時代が来ている、というのです。わかり易い例を上げれば、

 

アップルのiPhoneは確かに製品のアイディアである。しかし、アップルはそれにとどまらず、生産の方式を垂直統合から水平分業に変え、それを世界的なものにまで発展させた。このように、ビジネスモデルを新しいものに変えたことに注意が必要である。

 

アメリカ経済を引っ張っている企業、それは GAFA と略称されることがある、グーグル、アップル、フェイスブック、そしてアマゾンなどがいかにこうした変革を引き起こしているか、分かりやすく解説されています。そして、こう語っています。

 

フロンティアは、与えられるものでなく、積極的に作り出すものだ。

 

まさに上記の会社は、それを地で行っているのです。残念ながら日本では、そうした動きが鈍いのです。その原因として高等教育制度の遅れが指摘されています。

情報通信技術の進歩で個人の力が、とてつもなく大きくなりました。つまりは個人が成し遂げられる成果の大きさが、以前とは比較にならないのです。しかし、それには個人個人が想像力を発揮しなければなりません。ただ司令されるとおりに動いているだけでは、新しいものは何も生まれない、ということです。

その一方で中国が猛烈なスピードで、この世界を変えようとしている、という指摘もあります。これからの日本に何が必要で、何を変えなければいけないのか。大切なのは個人個人が変わるのだ、という勇気を持って歩むことです。

 

 

分水嶺

■20180805(日曜日:曇)

 

s_20180805

 

 

■昨日は地元の故郷祭り。19時半から花火が上がりました。やっぱり夏は花火です。昔は二日間花火を上げていました。今では、それだけの資金を集めるのも、人手をかけるのも難しくなり、何年か前からは一日だけになりました。

ちょうど暑さのピークなのか、花火を観終わって家に帰ると、エアコン無しではいられなかった、という思い出ばかりが蘇りますが、今年は、極端な暑さが続いていたためか、それほど感じませんでした。

Sunと二人で地元の温泉に入り、一杯やって良い気分になって、施設の屋上から花火を観て、最後は続きを観ながら、ぶらぶら帰宅しました。Takuの結婚式も終わり、一段落付いての夏祭りです。今年の夏は、歴史的な暑さとともに、忘れることはないでしょう。

 

s_2018hanabi01

 

 

■東京医大の女性受験生への差別的な扱いについて、憲法学者の若尾典子教授が東京新聞に語られています。

 

■憲法上の問題は

『法の下の平等で性別などによる差別を否定した憲法14条に違反している疑いが強い。不正操作は『妊娠や出産を機に職場を離れる女性が多く、系列病院の医師不足を回避する目的』と行動されている。事実なら明らかに女性差別だ。受験では大学の裁量権は認められるが、テストの点数を操作するのはその範疇を超えている 。

■差別された受験生にとって不利益は大きい

職業選択の自由を規定する憲法22条にも違反している疑いがある。医者になるには医大や医学部を卒業し、国家試験に合格しなければならない。大学に入れなければその機会を奪われる。間接的に見えるかもしれないが、女性の労働権も侵害しているのでは 。

■東京医科大特有の問題なのか

私も20年前に女子学生に、受験の面接で男性教授から『結婚や出産で医者を辞めないか』と聞かれた、と相談された。昔からあった問題が表面化していなかっただけで、本当に根が深い問題だ。医学教育の在り方が問われている。

 

 

なぜ法曹の世界から、はっきりと憲法違反だ、という声が上がらないのか、不思議です。たぶんアメリカなら、ただでは済まないでしょう。女性のみなさんも、アメリカなら黙っていないはずです。

結局は弱者にしわ寄せが来て、泣き寝入り、という事の繰り返しが、今の日本の現状です。そんな社会が長続きするのでしょうか。社会全体で負担を分担して、問題を解決しようとしない限り、一歩も前に進むことはできません。新自由主義の名のもとに、結局は強者の私利私欲ばかりが優遇されていくような社会が、継続可能であるはずがありません。

本当にいま、日本は分水嶺に来ていると私は感じています。