こどもの日

■20190214(木曜日:曇)

 

s_20190214

昨年ハノイで見かけた光景です。夕暮れ前に、ジョギングをしていて遭遇しました。

 

■今朝は走らずにゆっくり休みました。とはいえ、目覚まし時計は5時45分に合わせてありました。色々処理しなければならない事が残っていたのですが、朝走ってしまうと仕事を始めるまでに時間が取れないのです。今朝は、これまでに残っていた新聞の切り抜きを、スキャンして保存しました。

 

今日は午前中で仕事は終わるのですが、検診を受けるために、午後から静岡医療センターに行かなければなりません。先月インフルエンザにかかった際に、肺炎が心配でしたので、CTを撮ってもらったのですが、冠動脈に石灰化がみられると指摘されました。その事を知り合いの心臓外科の先生にお話したところ、冠動脈に狭窄がないかを、念の為に精密検査した方が良いと言って、手配をしてくれました。頂いた紹介状を持って、午後から受診する予定です。しかも今夜はロータリークラブのテーブル会がありますので、本当に忙しい一日になりそうです。

 

さて、先日の新聞に言葉の解説が掲載されていました。「こども」の表記をどうするかという問題です。新聞には「子ども・子供・こども」など、いくつかの表記が使われています。現在、こどもは単数でも複数でも用いられますけれども、本来「ども」は複数を表す接尾語のようです。以前は「子等・子共」と表記していたようですが、その後「供」の字が当てられるようになりました。ただ「供」には、従者、隷属の意味があり、将来ある大切な「こども」の表記には差別的で、ふさわしくないということで、「子ども」が使われるようになったようです。現在では新聞や公用文書などに、よく使われています。

 

しかし、差別的という点では、「子」にも問題があるようです。以前「子」は主に男の子を指しました。息子と娘のことを「子女」ということなどにも表れています。これらのことから現在では、「国民の祝日に関する法律」では、「こどもの日」と平仮名になっています。なかなかに難しい問題のようです。

 

 

広告

ゴマ信用

■20190213(水曜日:曇)

 

s_20190213

ハノイ市内のホテル前に展示されていたクラシックカーです。

 

■今朝は走りました。昨夜は目覚ましを5時45分に合わせていたのですが、今朝はちょうどキリよく5時少し前に目が覚めました。ここでもう一度寝込んでしまうと、起き出すのがとても辛くなりますので、そのまま起き出して走る準備を始めました。今日はビニールゴミの日ですので、玄関においてある袋を持って、所定の公園前の場所まで行って、袋を置いてから、いつもの準備運動する場所に向かいました。結局今日は1時間8分走り走行距離は9.763キロ、総計が50.82キロ、残り15日で49.17kmまで来ました。

 

昨日は夜の10時から、クローズアップ現代プラスを観ていたのですが、途中で切り上げて床に入りました。番組では中国における、ゴマ信用の普及ぶりと、その影響力を報じていました。日本では想像もできないほどの力を、持ちつつあるようです。広大な中国本土において、いわば共通の度量衡とでもいうべき存在になってきています。ひょっとすると、それは秦の始皇帝が共通の度量衡をつくりあげて以来の、社会的基準になるのかもしれません。学歴や門閥を超えて、人を判断する際の基準になっています。950点満点で採点されている、その数字は、日々の行動を基準に採点されています。巨大なIT企業である、アリババが人工知能を駆使して、数字をはじき出しているわけです。

 

 

キャッシュレス時代

■20190212(火曜日:晴れ)

 

s_20190212

ベトナムの首都ハノイには、フランス統治時代に建てられた西洋建築が多数存在しますよね。その中でも、パリのオペラ座「ガルニエ」を模して造られたとされる市民劇場NHÀ HÁT LỚN HÀ NỘI(オペラハウス)は、馬蹄形の客席を持つ本格的なオペラ劇場で、現在でも連日公演が行われてます、とあります。

 

■今朝は起き出して走るつもりでしたが、いささか疲れてしまったようで、そのまま休みました。日曜日には静岡で講習会があり、月曜日にはいつもの楽しい仲間でゴルフを久しぶりにしました。大の仲良し、大村さん、久松さん、植松さんの4人組です。それぞれ皆さんが、お忙しい方ばかりですので、なかなか都合をつけるのは容易ではありません。特に久松さんは次年度から大役が回ってきたようで、そのために、まさに東奔西走の毎日を送っています。役というのは回ってきたら受けて、そして自分にできる限り精一杯務める、その繰り返しが人生なのでしょうね。

 

昨日のゴルフは相変わらずでした。いいショットと悪いショットは入り乱れて、良いショットも決して続きませんでした。OBを続けて出してしまったり、ミスショットを連発したり、本当に情けない限りですが、それが今の実力です。致し方ありません。

 

■テレビを見ていると、ニュースなどでは、「キャッシュレス時代」というのがキーワードになっています。突然何か押し寄せてきたかのごとく、キャッシュレスのオンパレードです。2018年の日本の国際観光客到着数、訪日外客数は3,100万人余りと推計されていますが、日本政府は2020年までにはこの日本の国際観光客到着数を4000万人、そして2030年までには6000万人とする目標を発表しています。日本に来てみて困ることは色々あるのでしょうが、まずはお金の問題です。つまり日本では日本円しか使えません。例えばベトナムなどでは、ベトナム・ドンでも、あるいは米ドルでも買い物をすることができます。中国ではスマホによる、QRコード決済が広く行き渡り、多くの人が現金を持ち歩ことが、ほとんどないそうです。そういう生活に慣れた人が日本に来て、紙幣や硬貨を持ち歩かなければならないのは、とても不便だと思います。

 

また昨日のニュースで報道されていましたけれども、この紙幣や硬貨を社会として維持管理するための経費というのは、バカになりません。実際に紙幣や硬貨を発行する費用、あるいは ATM などの機械を維持管理する費用、そしてそれぞれのお店で毎日営業が終わった後に、現金のチェックが必要になりますが、人件費も含めて、その経費がまたバカにならないのです。推計によれば、合計1兆円以上の経費がかかっているとのことです。

 

もし、QRコード決済などの方法でお金のやり取りが済むようになれば、こうした維持管理費が要らなくなる訳です。これは社会全体としても、決して無視できない額なのです。またそうした決済方法によって得られた情報によって、新しいサービスが生まれてくる可能性が十分ありますし、実際中国ではそうしたサービスが開発され、毎日のように更新されているのです。現在、日本はこうした決済方法に関して、百花繚乱の様相を呈していますが、いずれ落ち着くところへ落ち着いて、誰もが気にすることなく、当たり前に使えるサービスになっていくでしょう。

 

米朝首脳会談

■20190211(月曜日:曇)

 

s_20190211

ハノイの中心街です。ホアンキエム湖のすぐそばです。

 

■昨日は午前中、静岡で講習会の講師をし、そののち家に帰りました。帰ってきてから昼食をとり、ブログを更新して一休みしました。迷ったのですが、4時過ぎから走ることにしました。曇り空で風も冷たかったのですが、走っておかないと後が大変になりそうですので思い切って走りました。6.09kmを走り、今月は総計41.06kmとなり、残り17日で58.93kmが残っています。月100キロの目標に対して、予定通りというところでしょうか。それにしても、体の重いことには参りました。前に進もうと思うのですが、足がなかなか前に行かないのです。とにかく1歩1歩と思いながら膝を上げ、足を前に出すことだけを考えて走り終えました。今月も、なんとしても目標を達成しなければなりません。

 

■新聞によれば、トランプ大統領がTwitter上で2回目の米朝首脳会談をハノイで行うことを発表しました。事前の予想ではダナンで開催されるのではないかと言われていましたが、どうも金正恩書記の希望で、ハノイになったようです。トランプ大統領に対しては、マスコミはとても批判的です。アメリカ社会を分断し、争い事が耐えない状況を作り出していると、批判を繰り返しています。しかし、私はトランプ大統領を、むしろ好意的な眼差しで見ています。何よりトランプ大統領になってから、戦争が起きないどころか、収束する方向へ向かっています。シリアがその典型です。アメリカ社会の分断は確かにその通りです。しかしそれは何もトランプ大統領が、もたらしたものではないのです。

 

アメリカのテレビドラマ、ロー&オーダーを見ていると、21世紀に入る前からアメリカでは、不法移民の流入によって、様々な厳しい問題が起きていたことが、うかがわれます。1000万人を超える不法移民がアメリカに流入し、職に就いているわけですから、アメリカ一般市民の雇用が奪われているのは間違いありません。不法移民は発覚を恐れて、弱い立場に置かれるために、弱みを握られ、考えられないような低賃金で働かされているのです。つまり、不法移民の流入によって、低賃金へ低賃金へと向かってしまうのです。

 

移民の人権を守ろうとするのはリベラルな立場から当然なのでしょうけれども、結果として一番利益を得ているのは、雇用主である資本家ということになります。リベラルと言われる人達が、一面とても胡散臭いのは、こうした現実があるからです。それに対して、いわゆる貧しい白人達が立ち上がり投票所に向かった結果が、トランプ大統領の誕生だったのです。日本にあてはめて考えてみれば、派遣労働者の皆さんが揃って投票所に出向き、投票の結果、自民党政権が倒れるようなものです。グローバリズムに対する反旗を翻しているのです。マスコミがそのことに対して、あまり真摯に取り上げてるようには、私には思えません。それが、とても不思議です。

 

発見

■20190210(日曜日:曇)

 

s_20190210

サホロスキー場から見た十勝平野です。最高の眺めです。

 

■今日は9時半から静岡で、眼科コメディカル研修会が行われました。この研修会の担当幹事が東部眼科医会会長と決まっていますので、自動的に私が開会の挨拶とコ・メディカルの皆さんに対して、一般的な心構えなどの話をしなければなりません。眼科コ・メディカルとは、眼科クリニックにおいて、眼科医以外の医療を支える皆さんのことです。病院というのは、医師がいなければ何も始まりませんが、しかし医師だけで運営できるものでは、もちろんありません。

受付から始まり会計まで、病院というのは様々な過程を経て診療がなされます。どの過程が間違っていても、全体がおかしくなってしまいますので、どれが軽くて、どれが重いということはないのです。病院の印象というのは、医師の応対はもちろんですけれども、現実的には受付などのスタッフの印象が、とても大きいのです。どんなに小さなクリニックであれ、働くスタッフが調和を持って働けるかどうかは、時間と忍耐と意思の疎通が欠かせない、時間のかかる作業なのです。

今日は1時間以上に渡って、その点を力説しました。79名の参加者に対して、皆さんにはとても大きな力があるのです、病院の印象というのは皆さんの力で決まるのです、と何度もお話ししました。

今回は初めて、Googleスライドを用いてお話ししました。何が良かったかといって、皆さんにはスクリーン上のスライドしか見えないのですが、私のパソコンの上には、小さなスライドの映像の横に、画面の半分ほどを占めて原稿が映し出される点でした。

静岡の会場で、WiFiが使えるとは知りませんでした。したがって昨日の夜から、WiFiのない環境で使える訓練をしていました。つまりスマートフォンのテザリング機能を使う方法です。私のスマートフォンは、LINEモバイルの通信を使った、SIMフリータイプのHUAWEIのP10 light ですが、テザリング機能が使えるかどうか心配だったのです。結果として全く問題なく使うことができました。途中で切り替えると、挙動がおかしくなる可能性もあるので、そのままテザリングで切り抜けました。

三十分前に会場に入り、とにもかくにも、まずパソコンのセットアップに取り掛かりました。パソコンと言っても、私はiPadを用いてプレゼンを行っています。ウインドウズ・パソコンは当てにならないからです。iPadから、Googleドライブを呼び出し、その中に保存された、Googleスライドを再生するわけです。プロジェクターとのコネクターは、D-subであることを前もって確認しておきました。このコネクターの形式は、とにかく大切な点です。現在はHDMIタイプが主流になりつつありますが、会場によっては古いタイプのD-sub 型のものもあるのです。形状が異なっていると、当然のことながら、接続ができませんので、プレゼンができないという状態になります。そうしたことでプレゼンができずに、困り果てた講演者を、私は何度か見たことがあります。講演慣れしている先生方は、両方が使えるようにコネクターを2種類持って来られますけれども、私も念のために、いつも2種類持って出かけています。

現在使用しているiPadは、結婚記念30周年を記念して購入したものですので、もうかなり古いタイプのものです。購入したのが、2012年だったはずです。つまりは処理速度が、最新式の物に比べれば、かなりのんびりした性能なのです。それでも、さすがはiPadです。今でも充分、私が行う程度のプレゼンであれば、問題なく行うことができます。

それにしても、改めて便利なことに感激しました。つまりは、スクリーン上に写っているスライド画面と、自分のiPadに映っている、小さなスライド映像プラス講演原稿の画面です。スライド原稿を印刷する必要もありません。しかもその時にスクリーンに写っているスライドの原稿が、自分のパソコン画面に出てきますので、原稿とスライドがずれてはいないか、と心配する必要がないのです。これは演者にとっては、とてもありがたく、安心できることなのです。

そんなことは当たり前だ、とパワーポイントを使い慣れしている方には、言われそうですが、知らなかった私には、その安心感、ありがたさに感激した、今日の講演でした。

 

積雪

■20190209(土曜日:曇)

 

s_20190209

あと10分ほどで富士山静岡空港です。いったん駿河湾に出てから着陸のコースに入ります。

 

■今朝も走りました。昨日の朝も走ったのですが、その時に痛めた、というか痛み出した右のふくらはぎは、昨夜お風呂に入ってから湿布を貼って休んだのですが、今朝起きた時はまだ違和感がありました。5時45分に目覚ましを合わせて、起きるつもりだったのですが、ちょうど1時間前に目が覚めてしまいました。そのまま起き出して走る準備をした方が、スムーズだったのかもしれませんが、もう一度布団の中に入って、1時間後のめざましまで休むことにしました。こうした場合、目覚ましで起きることはなかなか難しいことになります。睡眠のリズムが2時間から3時間のようですから、1時間では、やはり短すぎます。

 

ということで、今朝は準備をして走り出したのが6時15分頃でした。玄関を出て薄暗いとは言っても、ペンライトが必要なほどではありませんでした。結局6.04kmを走り、総計34.97km残り19日で65.02kmに達しました。心配した右脚のふくらはぎの痛みも、20分ほど走ってる間に筋肉も温まってきたのでしょうか、違和感も和らいで、走り終わる頃には、あまり気にならなくなりました。筋肉というよりも、腱鞘炎だったのでしょうか。

 

■今朝の天気予報では、北関東では8センチの積雪とのこと。静岡では、今のところ降りそうにないのですが、はたしてどうでしょうか。高崎は大丈夫でしょうか。Takuは寒いのには、あまり強くないようですから。

(●^o^●)

 

焼きいも

■20190208(金曜日:晴れ)

 

s_20190208

ゲレンデの途中にある白樺の木です。滑っていても、これがわかりやすい目標になります。

 

今朝は走りました。昨夜はこの冬いちばんの冷え込みではないかという予報でしたので、可能な限り暖かな格好をして寝床に入りました。一番厚い掛け布団に、さらにその上に薄い毛布をかけて、これでもかというほど用心をしました。ところが意外なことに、冷え込みはそれほどでもありませんでした。いつもの通り夜中に1度目が覚めたのですが、その後幸いにもしっかりと寝ることができました。5時45分に目覚ましをセットし、その1時間ほど前に一旦目が覚めましたが、もう一度寝入っても無事に定刻通り起きることができました。

 

まず水道が凍ってないかどうかを確認しました。昨日の予報では、ひょっとすると水道が凍るのではないかと心配したのですが、幸い凍ることはありませんでした。これでこの冬は今のところ1度も水道管は凍結していません。今日は結局6.07kmを走り、通算28.93km残り20日で71.06kmとなりました。今日はキロ6分29秒で走り切ることができましたので、ペースとしては悪くありません。右のふくらはぎの痛みが出現したのですが、なんとか最後まで走りきることができました。走っている時の姿勢、特に自分のお尻を後頭部の上の方から、クレーンか何かで吊り上げているようなイメージで走ると、前傾姿勢の上に足が自然と前に出るように走ることができるのです。

 

この発見は、自分にとっては大きな進歩でした。このイメージで走ると、とても自然に足が前にスムーズに出るのです。つまりは、走っていてもギクシャクした感じがありません。あとは、それを持続できるだけの心肺機能と筋力をつけることが課題です。

 

■先日の東京新聞には、とても面白い記事が掲載されていました。題して、「茨城焼きいも 都内ほくほく」です。茨城県というと民間調査会社の都道府県別魅力度ランキングで6年連続最下位となってしまいましたが、さつまいもをはじめ、多くの野菜、果物を生産する農業王国なのです。都道府県別の農業産出額は4967億円で、北海道、鹿児島県に次ぐ全国3位。さつまいもに限って言えば、作付け面積と収穫量は、本場鹿児島に続き、堂々の全国第2位だそうです。特に、干しいもは全国シェアの9割以上を誇っています。干しいもの全国シェアが9割とは知りませんでした。食物繊維いっぱいで美味しい干しいもは、素晴らしいおやつだと私は思うのですが、なかなか口に入りません。

 

この記事を読むと、この焼きいも移動車で調理し、都内のビジネス街で移動販売をしています。面白いのはスマートフォンのアプリを作って、今どこにその移動販売車があるかを、皆さんに知らせていることなのです。この販売会社のオリジナルブランド、「紅天使(べにてんし)」を焼き芋にしています。強い甘みとねっとりした食感が特徴で、冷めてもスイートポテトのように美味しく食べられるそうです。

 

なぜ焼きいもの話をするかというと、先日ネットで調べて焼きいも製造機を購入したからです。友人が家庭菜園で作ったさつまいもを分けてくれたのですが、せっかくですから、焼きいもにして食べてみようと思い立ち、焼きいも製造機を購入したのです。その機械を使って焼きいもを作ってみると、思っていた以上に、おいしいことに驚きました。さっそく知り合いの方にも、おすそ分けをしたほどです。

 

先日は九州の都城市に、ふるさと納税をしたのですが、地域特産の、さつまいもを返礼品として送ってくれるそうなのです。今その到着を待っています。届いたら、さっそく焼きいもを作って食べようと思っています。